sizukiyama.cocolog-nifty.com > 穂高への挑戦(中編)

3145

4:30 涸沢の夜明け 北穂方面、涸沢小屋の明かりが


3147

常念~蝶ヶ岳の稜線


3149

4:45 涸沢の夜明け その2


3181

北穂沢を上ります


3184

ニッコウキスゲの群生


3191

雪渓沿いのガレ場を上る


3195

雪渓に入ります


3196

かなり上ってきましたね~


3215

お花畑の中を上りますが


3241

足元はかなり歩き難そうです


3275

先ずは岩登りの小手調べ


3285

まだまだ余裕ですね


3291

足元の岩はしっかりしています


3306

この先に岩場が待っています


3344

南稜に取り付く岩場に差掛かる


3347

クサリ場が待ち構えています


3349

交互通行です


3352

上で待ってくれていた女性です


3353

クサリ場を抜けると


3358

ハシゴの連ちゃんです


3361

ハシゴの特訓はしませんでしたが


3362

常念岳~蝶ヶ岳


3364

北穂からの下山組と出会います


3366

若い女性が達者です


3379

南稜の上り


3382

南稜の上り


3390

南稜の上り


3408

南稜の上り


3424

南稜の上り


3425

テント場がかなり下方に


3434

南稜の上り


3460

南稜の上り


3504

南稜の上り


3508

何か覗き込んでいます


3522

クロユリでした


3531

南稜の上り


3535

南稜の上り


3539

南稜の上り


3541

青空がきれいです


3542

南稜の上り


3544

踏み跡を外さないように


3564

前穂~奥穂の吊尾根


3566

奥穂、涸沢岳


3572

正面は北穂南峰


3584

南峰の裾へ


3588

標識が、右が北穂


3591

8:50 奥穂との分岐


3594

いったん松濤のコルへ下って


3596

雪渓を上る


3598

雪渓を上り切って


3614

岩場をもう少し上ると


3618

北穂直前、眺める方向には笠ヶ岳


3621

9:00 北穂到着!


3627

2度目の北穂、やはり ここが一番


3631

槍ヶ岳をバックに


3639

奥穂、ジャンダルムも


3644

9:35 奥穂に向けて


31731

5:20 北穂に向けて


316668

前穂~吊尾根~奥穂~白出のコル~涸沢岳


352326

大天井、常念。蝶


36383624

槍ヶ岳


36383633

笠ヶ岳


35673557621

一枚に繋ぐと