sizukiyama.cocolog-nifty.com > 後立山縦走その2<唐松岳へ向けて・前編09_08_04>

10350001

4:55 出発前のワンショットはハクサンイチゲに・・・
工程、コースなどの概要は下記URLを
http://sizukiyama.cocolog-nifty.com/yamaiki/2009/08/84-be91.html


10420001

丸山の向うに杓子岳、その右奥に白馬鑓の頂上が


10430001

5:00 出発、丸山には既にご来光組が登っています


10440001

剱岳が見えてみますね~


10450001

立山~剱岳 5:05


10460001

剱岳の北方には毛勝三山 5:05


10500001

丸山への上り、頂上は既にご来光です


10550001

ここでは白馬岳の肩からです 5:10


10570001

丸山頂上は 5:12でした


10600001

杓子、白馬鑓の定番シーンは丸山から


10680001

雲海の下は大雪渓か


10730001

他グループとも前後して杓子岳へ向かう


10870001

稜線に咲くイブキジャコウソウ


10910001

こちらはイワギキョウにムカゴトラノオ


11040001

この谷の雪も大雪渓に合流するのだろうか


11060001

露に濡れるハクサンフウロ


11080001

雪渓をバックに咲くクルマユリ、テガタチドリ、・・・


11090001

花びらに毛が生えているのでチシマギキョウか


11140001

ここから一旦最低鞍部に下りて杓子を登る


11180001

最低鞍部から杓子岳を見上げる 5:40


11200001

あれを登るのか、ヨシッ


11260001

杓子岳への登り


11280001

天狗菱越しに雲海を望む


11330001

朝露に濡れるイワツメクサ


11420001

青空の下の杓子岳への登り 5:58


11480001

正面の白馬鑓にガズがかかっています


11520001

今回は杓子岳中腹をトラバース 6:03


11530001

白馬岳を振り返る


11690001

コマクサで~す


11740001

杓子岳頂上組が稜線を下りてきています


11760001

白馬鑓へ向けて


11810001

白馬鑓へ向けて


11880001

白馬鑓へ向けて


11940001

ウサギギク、対生する葉をウサギの耳に見立てて


12030001

目の前に立ちはだかる白馬鑓 6:37


12070001

200mほどの登りです、気合を入れ直してかかりましょう


12120001

テガタチドリの群生です


12130001

こちらはミヤマグワガタでしたかね


12150001

こちらは杓子沢への雪渓かな


12160001

白馬鑓への登り


12180001

こちらはシコタンソウです


12410001

リズムが揃っているようですね


12510001

ミヤマオダマキ


12530001

杓子岳を振り返る、奥は白馬岳


12540001

白馬岳~丸山の稜線、左奥は旭岳か


12750001

ミネウスユキソウでしたかね


12770001

こちらはアズマギク?


12910001

ここは小鑓、白馬鑓の肩かな 7:15


12920001

後方の白馬岳にガスがかかってきました


12980001

ヨツバシオガマ


12990001

小鑓から白馬鑓への稜線


13040001

ガスの中 少しうなだれている?


13110001

アレッ


13130001

白馬鑓への最後の登り


13150001

アレッ


13190001

白馬鑓ヶ岳 2903m 7:34


13250001

白馬鑓からの下り、この辺りは石ころだらけの山です


13280001

合流


13340001

石ころだらけですが ガスの中なかなかいい雰囲気でした


134410001

コマクサ、ガレ場で結構目に付きました


13500001

鑓温泉分岐です 8:03


13530001

振り返ると石ころだらけだった白馬鑓は白く見えています


13560001

天狗ノ頭に向けて


13600001

天狗ノ頭に向けて


13640001

剱岳を右手に眺めながら


13710001

天狗の頭に向けて


13720001

前方からの画像になっていますね~


13740001

天狗の頭に向けて 8:21


13800001

天狗の頭に向けて、この辺りはなだらかですね


13850001

ここで少し東方向に振ります、標識には天狗山荘とあります 8:27


04100001

こちらはYさん画像を借用したものです


13950001

ウルップソウですね、この辺りでは未だ花も何とか持っています


14100001

天狗山荘が見えてきました 8:37


14140001

白っぽく見える白馬鑓を振り返る


14190001

短い雪渓を渡って天狗山荘です


14220001

雪解け水の天狗池です、長さ100mほどですかね


14240001

天狗山荘前で一息 8:50


14260001

踏み越えてきた白馬鑓です


14300001

天狗山荘を出発して


14330001

天狗の頭に向かいます 9:05


04380001

(Yさん画像です) 白馬鑓と左手は山荘直ぐ北の2800ピークです


14450001

天狗の頭に向けて


14480001

天狗の頭に向けて


14540001

ここは未だ天狗の頭ではないようですね~


14550001

左手奥が不帰ノ嶮ですかね~


14570001

こんどこそ天狗の頭のようですね


14660001

天狗の頭 2812m 到着です 9:30


04450001

剱岳が見えていますね~、少し分かり難いですが左手に黒部ダムも見えています(Yさん画像です)


14740001

肉眼で黒部ダムの放水が見えると言ってましたよ


14770001

後方は白馬鑓、尖っているのは白馬岳か?


04600001

若手3名さん (Yさん画像です)


14920001

不帰ノ嶮に向けて、前方は鹿島槍(南峰)か?


14950001

しつこく剱岳で~す


14970001

少しの間ガスが晴れて五竜岳が、奥は鹿島槍のようですね


14990001

不帰ノ嶮に向けて


15070001

不帰ノ嶮に向けて


15110001

シャクナゲが姿を現し出しました


152310001

不帰ノ嶮い向けて


15240001

不帰ノ嶮に向けて


15260001

後方の天狗の頭方面、ここ後立山稜線の特徴は長野県側は切立った岸壁、富山県側は緩やかな斜面になっていることです


15340001

不帰ノ嶮に向けて


15390001

不帰ノ嶮に向けて


15440001

不帰ノ嶮に入る前に、300mを一気に下る天狗の大下りがあります。
ここから後編に入りますが、天狗の大下りから不帰キレットを経て、いよいよ不帰ノ嶮です。前方からのY画像も含めて編集するつもりですので、楽しみにしばらくお待ち下さい(盆明けになるでしょう)