sizukiyama.cocolog-nifty.com > 後立山縦走その3<牛首~遠見尾根を下りる 09_08_05>

19950001

5:00 唐松頂上山荘裏からのご来光を眺めながら


20040001

遠見尾根下山に向けて出発です


20050001

ハクサンフウロが朝日に輝いていました


20100001

本日の取っ掛かりは後立山難所の一つ牛首です


20250001

5:10 目も覚めやらぬ内に岩稜クサリ場にかかります


20320001

岩を抱くようにして横ばいで通過していきます


20420001

見え隠れしていた五竜岳が全貌を現します


20440001

長野側は雲海の中です


20650001

ここでも長野側は絶壁、富山側はなだらかな稜線風景です


20730001

富山側斜面を巻いたクサリ場です


20770001

右手には剱岳を見ながらの縦走です


20920001

富士山が見えたとかいっていましたが


20990001

正面は五竜岳


21110001

ここでは稜線上を行きます


21150001

花が上向きに咲いているのはイワギキョウだったかな


21200001

次の岩峰を乗り越えます


21320001

またまた正面に五竜岳のショット


21460001

6:07 出発して1時間と少しです


21470001

人影に日が当たったり当たらなかったり


21660001

五竜をバックに撮影中のようです


21710001

こんな感じです


21750001

こちらは立山三山~剱岳


21870001

この辺りはなだらかな気持ちの良い稜線歩きです


21930001

この辺り少し雰囲気が変わります


22130001

カーブを描いたなだらかな稜線です


22100001

ここも部分的に富山側を巻いています


22140001

いい雰囲気の登山道です


22300001

長野側のガスが少し乗り越えてきています


22310001

前方はガスの中です


22320001

一息入れて待ってくれています


22380001

長野側の絶壁です


22520001

カライトソウですか


22770001

6:56 出発してまだ2時間ほどです


22800001

稜線は延々と続いているようです


22970001

五竜にも少しガスが


23220001

7:11 一息入れます、このグループは特に朝・昼飯というものを摂らずに行動食でまかないます


23280001

青空がきれいです、午後から雨って本当?


23370001

標識があるようですが ここは何処なのかな


23390001

7:20 特に表示はありませんが 大黒岳?


23400001

まだまだのようですね


23470001

皆さん振り返っていますが


23610001

唐松岳と通過してきた稜線が見えています


234900011

緩斜面の上りが続きます


23530001

緩やかな斜面でも登りは応えます


23590001

7:33 上りが続きます


23620001

前に五竜


24050001

大分離されてしまったようですね


24090001

先行の他グループが斜面を登っています


24110001

手前が我がグループです


24250001

この斜面を回り込むと


24330001

8:12 遠見尾根分岐です


24360001

五竜山荘~五竜岳への稜線が、残念ながらここで道を分けます


24380001

遠見尾根へと入っていきます


24480001

五竜岳よ また今度ね~


24450001

遠見尾根は長くてうんざりしたとのことでしたが


24590001

花はいろいろ咲いているし、蝶も見られて時間を忘れました


24740001

コバイケイソウです


24960001

クルマユリにハクサンフウロです


25550001

少しこんなところありましたが


26240001

ダケカンバが姿を現します


26670001

ライチョウさん親子にも合えました


28550001

西遠見を 9:48通過して、ここ中遠見が11:06です


28990001

麓の市街がかすかに見えています


29000001

小遠見下の稜線です


29050001

11:37 小遠見着、「ここからの眺望はまさに360°の大展望です」とあります、鹿島槍の眺めも評判のようですが 本日はちょっとね・・・


29250001

ベニヒカゲです


29470001

12:02 遠見尾根に入って4時間ほどですか


30080001

12:30 地蔵の頭


30360001

お疲れさんでした


30470001

12:54 アルプス平駅


30510001

麓のエスカルプラザへ「白馬五竜テレキャビン(ロープウェイ)」で一気に下りて
車回収、温泉、昼食を済ませ、帰姫路は24時を回ってしまいました