« クサボタン<キンポウゲ科センニンソウ属> | トップページ | ミヤマダイモンジソウ<ユキノシタ科> »

西穂~奥穂縦走 (その3)

取り急ぎ抜粋画像をアップします。もう少し周囲の風景なども含めた画像をプラスし、説明文を付加したアルバムを作成したいと思っていますので、完成時は是非また見て下さい。

7894 西穂高岳へ到着、ここで引き返す人もかなりあるそうですが

7939 西穂高岳を振り返っています、初っ端から厳しい下りです

7970 3点支持で慎重に下ります

8059 間ノ岳2907mへの上り、この日も晴天に恵まれました

8092 間ノ岳を経て、間天のコルへの下りです

8149 間天のコルから天狗ノ頭に向けて逆層スラブを上ります

8180 天狗ノ頭への上り

8238 天狗ノ頭を経て天狗のコルへの最後の下り、クサリが2本連なっていますが足場の確認がしづらい難所です

8317 畳岩尾根ノ頭への上り

8416 コブ尾根ノ頭への上り、緊張の連続で喉が渇いてたまりません

8457 ジャンダルムへ向かいます、ここへの上り下りは特に落石に注意が必要です

8516 ジャンダルムからコブ尾根ノ頭を振り返る、後続の二人が見えています

8532 ロバの耳へ、先行の二人が斜面を上っています、左奥は目指す奥穂高岳です

8599 ロバの耳を下りると今度は馬の背の肩部への上りです。前後して縦走した単独行さんです

8604 ジャンダルムとロバの耳を振り返る、ロバの耳(左)ピークには人影が

8623 垂直な岸壁に人がはり付いています、分かりますかね~

8629 ロバの耳からの下降ルートです、我々も通過してきたということです

8617 最後の難関 馬の背を窺う、先行組が上っています(手前のピークが馬の背、奥は奥穂高岳)

8651 馬の背を上る

8695 すると奥穂高岳目前です

876_2 男性7名4Gが前後しての縦走でした。65歳で山登りを始めてられて、現在72歳で私よりも達者に縦走された方が一緒でした。

好条件に恵まれて、おかげさまでなんとか無事縦走することが出来ました。体力、技能は別にして、リーダー、気候、時間的余裕、体調が重要なポイントになりますね。

|

« クサボタン<キンポウゲ科センニンソウ属> | トップページ | ミヤマダイモンジソウ<ユキノシタ科> »

コメント

絶句!!の一言です。

投稿: 足手まといのシュガー | 2007年9月26日 (水) 23時24分

指月山さん
おはようございます^^
お天気の日で良かったですね
風雨に飛ばされてしまいそう・・・
命綱もなくて・・・。
本当に凄い◎◎◎
登ったら降りなくてはならないから(*-*)"ネ。。。

投稿: 笑顔のたんぽぽ | 2007年9月27日 (木) 07時36分

シュガーさん、おはようさん
まあ いいとこ取りの画像ばかりですからね。もう少し画像を増やしてアルバムにしますからまた見てください。

投稿: 指月山 | 2007年9月27日 (木) 07時54分

笑顔のたんぽぽさん、おはようさん
単独行の女性とすれ違いましたよ。また中程まで前後した親子連れのお母さんは私と同じくらいの年代でしたよ。
しかし緊張の連続ですので、倍 疲れますね。
それではね~

投稿: 指月山 | 2007年9月27日 (木) 08時00分

指月山さん、こんにちは。
西穂から奥穂までずーと晴天でよかったですね。私がY師匠と歩いたときは前半は快晴だったのですがジャンダルムではガスの中でした。

アルバムの完成が楽しみです。
では。

投稿: モーニング | 2007年9月27日 (木) 08時38分

モーニングさん、こんにちは
先を越されていましたが、やっと縦走がかないましたよ。夏場はどうしても昼ごろからガスがかかりますね、私達が昨年縦走した3日間もそんな感じでしたね。その点秋口はいろいろと条件がいいようです。
それではまた土曜日に

投稿: 指月山 | 2007年9月27日 (木) 08時59分

指月山さん 今日は~
写真見ているだけで 緊張します。絶壁の山は恐怖感募ります。 自分が登った山の時は~と思い出しただけでも・・・ホント喉渇きます。言葉もありません。 うん だけですね~。女性もいたんだ~。
 苗場山で高齢の5人組み ぴったり付いて離れる事もなく 登って行く姿に他の登山者驚き 感心してました。

投稿: やまちゃん | 2007年9月27日 (木) 10時59分

やまちゃん、今晩は
グループが隊列を組んで規則正しく上って行く様は絵になりますね。
今回の縦走は天候が大きな要素になりますので、結局出発を予定より2週間3回延しました。
それではまたね

投稿: 指月山 | 2007年9月27日 (木) 18時08分

おはようございます。
NO2~3の写真を見せていただきました。
すごい所の上り下りにはびっくりです。
なかなか私には歩けそうにもありませね~
どきどきしながら見せていただきました。
アルバム楽しみにしています。

投稿: 山ちゃん | 2007年9月28日 (金) 08時26分

山ちゃん、今晩は
人が登っているのや、画像を見ると、エッ!と思いますが、実際に歩いてみるとそれほどでもないようですね。
しかし山歩きにはいろいろな楽しみ方がありますからね。
それではまた

投稿: 指月山 | 2007年9月28日 (金) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西穂~奥穂縦走 (その3):

» 穂高連峰縦走(9月17日〜20日) [taketomoのブログ]
  8月の下旬、登山ガイドAさん、Kさん、家内の私4人で西穂高山荘に宿泊し西穂高岳から奥穂高岳への縦走する計画だった。ですが、これが雨のため、断念。 今度は天気の良い日を見て、再度挑戦することとした。夢の実現... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 18時43分

« クサボタン<キンポウゲ科センニンソウ属> | トップページ | ミヤマダイモンジソウ<ユキノシタ科> »