« ◆タツナミソウ part 2 | トップページ | ◆ピンクの タニギキョウ! »

◆変わったつくりの花を咲かせる ヒメハギ

ヒメハギの花は4月から咲き始め、今の時期はもう終盤ですが、最初地面を這うようにしていた茎が、今は10cmほどに立ち上がり camera 向きになっています

2260img_0001

04941img_0001

0287img_0001

25002img_0001

9419img_0001

雄しべの黄色の葯が見えています

9505img_0001

9471img_0001

でも変わった花のつくりをしています、鳥の羽根のように両側に広がっているのは萼片、そして筒状の部分は花弁で、上方に先端が反り返っている2枚の花弁 下方に先端にヒゲ状の付属体を付けた花弁の計3枚で構成されています。下方の花弁のヒゲ状の部分に昆虫が止まると、その重さで 通常は筒状の花弁の中に収まっている雄しべ雌しべが姿を現わし受粉体制をつくります、とのことです。

|

« ◆タツナミソウ part 2 | トップページ | ◆ピンクの タニギキョウ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130866/54797056

この記事へのトラックバック一覧です: ◆変わったつくりの花を咲かせる ヒメハギ:

« ◆タツナミソウ part 2 | トップページ | ◆ピンクの タニギキョウ! »