« ◆希少種 ムラサキ | トップページ | ◆希少種 ヒメユリ »

◆希少種 チトセカズラ

Baaajimg_5951

Baaimg_5953h 花弁が反り返ってまん丸になっています、これだけきれいに反り返っているのは初めて見ました

Aaimg_5708ht2 花弁同士がが絡み合って 腕を組んでいるようです

Abimg_5775h

Abaimg_5889h

-

Bdimg_5928h

Babimg_5879h

Bbimg_5838h

Bcimg_5835ht

Img_6043

Img_6055 マチン科ホウライカズラ属チトセカズラ、つる性常緑の木本です。花の大きさは1cmほど、他の植物を薄く覆うようにして細い枝を伸ばしていますが、巻き蔓はないようです。
チトセカズラは兵庫県と中国地方にのみ育つ地域限定種、沢沿いに育つことが多いですが、この固体は山中尾根筋の鞍部に育っています。 7/10 
同じ仲間にホウライカズラがありますが、よく似ていて花が咲かないと区別しにくい様です、でもマチン科とはあまり聞いたことがありません。

Img_1205

Img_1199

Img_1187 こちらの蕾を沢山付けている株は沢筋に育つもの、7/16 で未だ蕾の状態なので前出のものとは10日ほど花期がずれているようです

Img_4730 チトセカズラといえば、葉に入るきれいな斑紋が知られていますが、そのような葉は見当たりません、花が咲くころになると(成長すると)その斑紋が消えてしまうのですかね、それとも生育環境なのですかね(画像は別の場所で撮った幼木の葉です)

|

« ◆希少種 ムラサキ | トップページ | ◆希少種 ヒメユリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆希少種 チトセカズラ:

« ◆希少種 ムラサキ | トップページ | ◆希少種 ヒメユリ »