« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

◆ 38番目は ナツエビネ

Cbbimg_1011h

Bbcbaimg_1417ht2

Cbcimg_1032

Bbdimg_1095

Edaaimg_1714h

Ebimg_1833

Ddaimg_1719

ラン科エビネ属ナツエビネ、なかなか趣のある花、やっと出会えることが出来ました
これで山野に自生する野生ランとの出会いは 38番目となりました、まだ初級クラスです
蕾の状態のものもかなりありましたので、まだまだ楽しめそうです camera 7/29

新たな花に出会う機会は幾何級数的に減ってきていますが、
お陰様で今年は、サルメンエビネ、マヤラン、そしてこのナツエビネと 新たに 3種のランに出会うことが出来ました

明日からちょっと2~3日東京へ

続きを読む "◆ 38番目は ナツエビネ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆希少種マヤラン

Bbbimg_5378

Cbaimg_5336花のつくりが分かり難いので 少しトリミングしてみました

ラン科シュンラン属マヤラン、六甲山系の摩耶山で発見されたので摩耶蘭
背丈は10cm強、背・側萼片の長さは2cmほど
白い花被片に薄紅色のラインをアクセントにした花を、雑木林の少し薄暗いところに咲かしていました
コナラ、ブナなどの根と共生するベニタケなどの菌から栄養を貰う 菌従属栄養植物(腐生植物)なので、葉はありません
愛好家から情報を頂いて、37種目の初見のランに出会えて感激しました camera 7/21

続きを読む "◆希少種マヤラン"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆変わった花を咲かせる コクラン

Aaimg_2000

Abaimg_2051

Acaimg_2291

Adimg_1922thcamera 7/11

Bbaaimg_3700htcラン科クモキリソウ属コクラン、薄暗い林床に黒っぽい花を咲かせます camera 7/14
この仲間は変わった形の花を咲かせますね

down 以下似たもの画像のアルバムです

続きを読む "◆変わった花を咲かせる コクラン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆雪彦山

少し前、7/10 梅雨の合間のことですが

Bbimg_0660大天井岳からの明神山

Bcaimg_0774t

Bcimg_0760t円錐状の花序はノリウツギ

Bdimg_0777

Bdimg_0801クサリ場を下りるハイカー、雨上がりで足場が滑る

Bdimg_0811地蔵岳、人の姿が見えています

Cbimg_0888

Cbimg_1017t

Ceimg_1026t

Img_1112tヤマアジサイ、一つの花にピンク色と青色の装飾花を付けています!!

Img_1156

Img_1185

Img_1260

Img_1293少しだけ増水の虹ヶ滝

Img_1400トチバニンジンその後

Img_1691
   down こちらイワガラミは別の山にてですImg_6687

Img_6782

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆お洒落花アクシバ

Bbimg_0584h

Bcimg_0539t

Img_0033tツツジ科スノキ属アクシバ、背丈30cmほどの落葉低木
花弁をカールさせた お洒落な花の大きさは 7mm 長さは15mmほどです  camera 7/10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆咲き始めた サギソウ

Bcimg_6957t

Bdimg_6562t

Beimg_6436

Cbimg_6995毎年訪れる湿地を覗いてみると、サギソウ 2株が先行開花していました
でも初っ端から 三つの花を付けるとは…  camera 7/23

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆コオニユリなど

Bbbaaimg_0100

Bbbaimg_0301

Bbcimg_0144

Bbdaimg_0274

Cbcaimg_0378

Dbimg_0307

Img_0630雪彦山見晴らし台の岩壁に咲くコオニユリ  camera 7/10

Caimg_4666

Cbimg_4633こちらは苫編山麓にさくオニユリ、コオニユリとよく似ていますが、オニユリは 葉の付け根にムカゴをつくります  camera 7/16

Daaimg_4894

Img_4855tこちらはユウスゲ、夕方4時ごろにならないと一日花は開きません camera 7/16

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆最近出会った蝶など

Bbimg_4081_1世代を繋ぐ アオスジアゲハ

Bcimg_4054tキアゲハです、アゲハチョウ(ナミアゲハ)と紛らわしいですが、前翅表の三角形部の模様が、ベタか縞模様かの違いがあります

Bdimg_4060t山でも住宅地でもよく目にするお馴染みツマグロヒョウモン、この個体は♂さん

Beimg_1442t

Beimg_1473tコミスジです

Bfaimg_3193ht

Bfbimg_3189こちらはホシミスジ、前出のコミスジによく似ていますが、後翅裏面の根元に星模様が入っています、よく似た仲間にミスジチョウ、オオミズジもいます

Caaimg_4114キタキチョウ

Cbaimg_4391t

Cbaimg_4405サトキマダラヒカゲです、よく似た仲間にヤマキマダラヒカゲ、キマダラモドキがいます

Cdaaimg_5634ベニシジミ

Ceaimg_8469t2ツバメジジミです、尾錠突起の様子からツバメを連想しての命名

Cebimg_3454オオチャバネセセリかな

Dbimg_4323ハグロトンボ

Ddimg_5110

Ddimg_5159tヤガ科オオトモエ、大きな蛾です

Img_4159

Img_4999tセミ

Kimg_2413ヤブカ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

◆6月の画像を捲って サイハイラン、カキラン

本格的な梅雨で、山歩きを制限されて、やむなく6月の画像を捲って、投稿しそびれたものを…

Bbbimg_3895t

Cbaimg_3892

Img_3862t

Img_4165ラン科サイハイラン
武将が戦いの時に振った采配に見立てられての命名
珍しい種ではありませんが、久しぶりの出会いでした camera 6月中旬、5月下旬から咲いているようですが 

Bbimg_6083

Bbimg_6287

Bcaimg_6251

Cbimg_7758

Img_7596

Img_7648tラン科カキラン
私のよくいく里山の常連さんは、毎年のように、カキランが減った、無くなったと ぼやいています  camera 6月中旬

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆菌従属栄養植物 ツチアケビ

Img_6420t23

Img_6459ラン科ツチアケビ属ツチアケビ、別名でヤアマシャクジョウとも
昔は腐生植物と言われていましたが、調査が進んで腐生物頼りだけではないものもあり、 今は 菌従属性植物が正式な言い方のようです
光合成でエネルギーをつくるのを止めて、他の菌類から栄養をも貰って気楽に生きている植物です、従って葉は不要になっています
ショウキラン、オニノヤガラ、ギンリョソウなども同じ菌従属栄養植物ですね
ツチアケビはナラタケ菌から栄養を得ているそうです

ここでは背丈50cmほど、ちょっと異様な姿をしていますが、秋になって真っ赤なソーセージのような実を沢山ぶら下げた姿は、なお異様、不気味さも感じます  camera 7/3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆打ち上げ花火 

Abcimg_3742t2c

Bbimg_4696ht打ち上げ花火を連想しました

続きを読む "◆打ち上げ花火 "

| | コメント (8) | トラックバック (0)

◆野生種は地味なり ウチョウラン

Abbbimg_4873hc2t

Abcbimg_7035hct

Abcdimg_7051hkt

Abdbimg_7019ht

Acccbimg_4975ht

Accccimg_5008h

Acccdimg_5262ht2ラン科ウチョウラン
この花も毎年、見逃すわけにはいきませんね
派手なものが多い園芸種に比べると、野生種は地味ですが、山野にはお似合いです
同じ仲間の地域変種に、アワチドリ、サツマチドリ、クロカアミランなどがあるようです
camera 6月下旬

down 以下似たもの画像のアルバムです

続きを読む "◆野生種は地味なり ウチョウラン"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆変わった花姿に魅せられて クモキリソウ

Aaabbbimg_3873hkt

Aaabcaaaimg_4156

Aaabcaaimg_0409

Aaabcabimg_0004t2

Aaabcbimg_0475t

Aacccimg_4531htラン科クモキリソウ属クモキリソウ
この仲間の ジガバチソウコクラン ともども、どちらかといえば地味な花ですが、その何とも変わった お腹を突き出したような花姿に魅せられてしまいますね で毎年のお出かけとなってしまいます
ランの花のつくりは、背萼片(1)、側萼片(2)、側花弁(2)、唇弁(1)、蕊柱、そしてものによっては距、と決まっていますね  camera 6月下旬

down 以下似たものアルバムです

続きを読む "◆変わった花姿に魅せられて クモキリソウ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆絶滅の危惧あり ヒメヒカゲ&ウラナミジャノメ

Aabaaaimg_7269h

Aabaimg_6899ht

Aabbaacimg_6567t

Aabbaadimg_6624tジャノメチョウの仲間 ヒメヒカゲです 
この蝶、対人テリトリーをもっており、3mまで近づくと飛び立ってしまい、5mほど先の草むらに止まります、次いでまたゆっくり近づくも 3mにになると、更に5m先に…、マイカメラにはちょっと遠いです、でも食事になるとまた別ですね
通っていた別の湿地では、見かけなくなって 3年ほどたち、どこかで会えないものかと思っていたところ、愛好家から情報が、早々に出かけてみました camera 6月中旬

Aadbbimg_7976t4

Aadccimg_8016t

Aadccimg_8085t

Aadcdimg_8037こちはジャノメチョウの仲間 ウラナミジャノメ、出会ったのは数年ぶりです 
ヒメヒカゲに比べると、少し行動範囲が広いのかな、この個体は湿地を離れて稜線まで上がってきていました camera 6月中旬

down よく似たこちらは ヒメウラナミジャノメ、こちらは何処でも見かけることが出来ます
でも飛んでいる時はウラナミジャノメと区別がつきません、止まっている時でもよく見ないと間違えてしまいますAaebimg_0009ht

Aaecimg_0015t
downヒメヒカゲは個体によって、蛇の目紋の入り方が違いますAamababimg_7110tこちらは前出の個体♀さんですが

down 以下は蛇の目紋の入り方の異なった幾らかの個体のアルバムです

続きを読む "◆絶滅の危惧あり ヒメヒカゲ&ウラナミジャノメ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »