« 雪彦山大天井岳へ | トップページ | 今年は一株のみ オオバノトンボソウ »

右から左から コクラン

01aaaimg_2270tcs 02acaimg_2291ts 03adbbimg_2315ts 04adbimg_2340s 05adcimg_2129s 06bbbimg_2075cts 07bbcimg_2228cts 08cccaimg_2591ts 09cccbimg_2728ts 10ccimg_1991ts 11dcimg_2535s 12ddaimg_2402s 13ddimg_2464ts 14ddimg_2494s 15deaimg_2141s 16deimg_2114cs 17img_5546s 18edimg_1973s 19eeimg_2516s 20img_5926s

ラン科コクラン、山中の雑木の林下の薄暗い所に咲く地味なランです。今年は梅雨の長雨で生育不順のようです

|

« 雪彦山大天井岳へ | トップページ | 今年は一株のみ オオバノトンボソウ »

コメント

 おはようございます。

 そうですかコクラン。
不思議な感じの花ですね。
ランの仲間たちは本当にそれぞれ特徴があって・・♪

 それに葉、どうしても見てしまいます。
夏エビネの葉に似ていますね。
幼葉はホトトギスの葉にも・・・。
※エッ・最後の写真では。
 枯れ葉たちとの比較でも。
そんなに大きな葉ではないのですね?
 ヒロでした。

投稿: ヒロ‥の日々(もんたの一年): | 2020年7月28日 (火) 09時15分

ヒロ‥の日々(もんたの一年)さん、こんばんは~
ランは世界に700属15000種、日本には75属230種があると記されていました
私は自生のもの48種に出会いましたが、ここ数年新しい種に出会ったことがありません、もうほぼ限界のようです
唇弁に個性があり、特異な形のものが多く、一方で生育条件が厳しく、希少種が多く、野の花を探索するものにとっては魅力いっぱいの花ですね
コクランの葉の長さは5~10cmほどですかね、濃い色は昨年のもの、薄い色が今年のものです

投稿: もと | 2020年7月28日 (火) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪彦山大天井岳へ | トップページ | 今年は一株のみ オオバノトンボソウ »