« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

ムラサキシジミ

01caimg_4034ss シジミチョウ科ムラサキシジミ、登山道を歩いているとムラサキシジミガ飛んできて、目の前のコウヤボウキの葉に止まりました。 木漏れ日が差してくると、日が効率よく当たるように 止まっている向きを調整しながら翅を開いてくれます。日が陰ると翅を閉じてしまいます。秋口の蝶はよく翅を開いてくれるようです

02baaimg_4072s

03bcaaimg_4024s

04bdimg_4177ts

05aaaimg_4153s

翅裏は地味ですが、翅を開くと鮮やかな紫色を見せてくれるので、それを待ってみたくなります。花で吸密する姿はほとんど見かけないそうですが、山中では何を食べているのでしょうかね。前翅長20mmほど、成虫で越冬するそうです。幼虫の食草はブナ科常緑樹スタジイやアラカシ、ここでは落葉樹のコナラ、クヌギも食べているかもしれません

| | コメント (2)

セトウチホトトギス

01aaaimg_7161tsユリ科セトウチホトトギス、花被片の下部に黄色の斑紋があり、花柱や花糸には紫色の斑紋があるのはセトウチホトトギス、似た仲間にヤマホトトギス、ヤマジノホトトギスなどがあります。変わった花ですがオシベは6本、3裂した花柱の先端は2裂しています

02aabimg_7254tstcs

03aacimg_6858s

04aadimg_7029s

05aaeimg_7013s

06abaimg_6905s

07bbaaaimg_6746s

08bhimg_7125ts

09bdimg_6998s

10bfaimg_7113s

11ddimg_7045ts

| | コメント (6)

オケラ

01bbaimg_4208sctas

02bdaaimg_4413s

03bfaaimg_4237sct3s

04bfaaimg_4458ts

05bfcimg_4360s

06bgimg_4495s

 

08cbimg_4516s

09ccimg_4344s

キク科オケラ、花を包んでいる苞葉と葉っぱのトゲトゲ、何から身を守っているのでしょうかね。でもこのトゲトゲの葉っぱ 、春先の若葉はトトキ(ツリガネニンジン)と並んでとても美味しい食材のようですよ。根茎も薬用食用として、また八坂神社の年末年始の 「をけら詣り」に使われるなど、色々と有用のようです。                     虫の方のオケラは長い事見かけたことがありませんが、まだいるのですかね

| | コメント (4)

カリガネソウ

01bbaaimg_2186t3s

02bbabimg_1875s

03bbacimg_2124s

04bbccaimg_1809tas

05bbccimg_2227sct2s

06bbcdaimg_2075sts

07bbcdimg_2215t3s

08bbdaimg_2055s

09bbdbaimg_2104s

 

11bcimg_1567as

12cbimg_1361scs

13ccaaimg_1989s

14ccaimg_2259s

クマツヅラ科科カリガネソウ(雁金草)、雁に見立てての命名とのことです、別名で帆掛草。きれいに湾曲した オシベとメシベ花柱がとても印象的です、花弁は5枚 オシベメシベを除いた花の大きさは 1cmほどで 、背丈はここでは60cmほどです。

半日陰の少し湿っぽい所に咲いています、葉や茎に触れると変わった匂いを発します。少し登った山中の斜面に咲いていますが 園芸品のこぼれ出たものかもしれません  📷 9月中旬

| | コメント (4)

ムスジイトトンボ ♂&♀

イトトンボ科クロイトトンボ属ムスジイトトンボ ♂&♀さんです

01aaaimg_5555s

02aabimg_6351s

03abcimg_4935s

04adeaimg_6316s

05adeimg_6286s

06adkaimg_6302s

07aeeaaimg_5698s

08aeebimg_5583sct3s ♂さん♀さん共に、胸部肩縫線にある両サイドの条(♂は黒色、♀は褐色)に筋は入っていません、♂さんの眼後紋は小さめで、後頭線は入っていません

-09afaimg_5025scts

10afbimg_5025sct3sこちらの♂さんの肩縫線の黒条に わずかに筋がはいっています、セスジイトトンボ♂さん 似ていて紛らわしいです 。この番の♀さんは明らかにムスジイトトンボです、セスジの♀さん は肩縫線の褐色の条に明らかに筋が入っていますので

 

 

| | コメント (0)

ムスジイトトンボ(♀)

01bbaaimg_6634as

02bbimg_6471scts

03bbimg_6537sts

04abbaimg_6559s

05abbbimg_6516a2s

06abcaimg_6537s

07abcimg_6498s

08abeimg_6400s

09abimg_6542s

10bbimg_6542scts

11ccimg_6516sct3s

イトトンボ科クロイトトンボ属ムスジイトトンボ(♀)さんです、前出のきれいな水色をした♂さんに比べると 地味な色合いをしています

♂さんの場合 同じクロイトトンボ属の仲間セスジイトトンボとよく似ていて紛らわしいですが、♀さんの場合は分り易いようです、胸部の 肩縫線部にある黒条に筋が入るか入らないかで識別しますが、ムスジには筋は入りませんが セスジにははっきりと筋が入っているのが分かります。そしてムスジの眼後紋は小さめで、後頭線はありません

 

| | コメント (2)

ムスジイトトンボ(♂)

01bbacimg_6888s

02bcimg_5959sts

03bbimg_6876ts

04abbbimg_6897s

05abimg_5959s

06acaimg_5984s

07acimg_6861s

08adimg_5693s

09acimg_6865s

10ccaimg_6856st3s

イトトンボ科クロイトトンボ属ムスジイトトンボ(♂)さんです、前出の同じ仲間 セスジイトトンボとよく似ていて紛らわしいです

繰り返しになりますが 識別ポイントは、翅胸の肩縫線にある 黒い条の中に筋が入るかどうか、またその入り方にあります、ムスジには筋が入りません、入ってもわずかです、セスジは真ん中に一本の筋が入ります、これらは拡大画像でも分かり難く、とうてい目視では素人には確認できません。もう一つのポイントは、眼後紋の形とそれをつなぐ後頭線の有無です。ムスジは眼後紋が小さめで、後頭線はありません。セスジは眼後紋が大きめの三角形で 後頭線が入っています(わずかとか、大きめとか小さめとか、後頭線の入っていないセスジもいて、まあ素人には曖昧なものです。画像を並べて比較すれば分かりやすいでしょうが、機会があればまた・・・)

ムスジは六筋、セスジは背筋、背筋はまあ理解できますが、六筋はよく分かりません、無筋の方がよさそうな気もしますがね

| | コメント (0)

セスジイトトンボ(♂)

101bbaaaimg_0274sts

102bbaabimg_0318sts

103bbaadimg_0324st2

104abaimg_0283s

105abaimg_0303s

106abimg_0324st2s

107acimg_0321st2s

108bbaacimg_0261ststs

 

110bbimg_0328sts

111ccimg_0285st3s

イトトンボ科クロイトトンボ属セスジイトトンボ、前出の♀さんに続いて こちらは(♂)さん、体長30mmほどと小型のトンボです、♀さんはきれいな黄緑系の色をしていましたが、こちら ♂さんはきれいな水色をしていますね

同じクロイトトンボ属のムスジイトトンボとよく似ていて紛らわしいですが、このセスジイトトンボの特徴は 翅胸部の肩縫線上の黒条に、腹部地色と同じような黄色系の色をした細い筋が入っています。でもこの筋は 拡大した画像でもちょっと分かり難く 目視ではとうてい確認できません。この筋が名前の由来の背筋なのです。ムスジイトトンボにはこの筋が入っていないか、わずかにはいっています。もう一つの特徴は三角形をした眼後紋です、そしてそれをつなぐ後頭線があります(画像の個体は 後頭線が確認できませんが 後頭線の無い個体もいるようです)。ムスジの眼後紋は小さめの線状で、後頭線はありません

現物の飛んでいる姿は、両端3mmほどを水色に染めた 長さ30mmほどの両切りの爪楊枝風の細い棒が 直線的にスーと移動したり ホバリングしたりで その様子は 何か不思議な雰囲気でとても印象的です

| | コメント (0)

セスジイトトンボ(♀)

01bbaimg_0371sts

02bbbimg_0681s

03abcimg_0379s

04aaaimg_0493sts

05aabimg_0642s

07aabimg_0402s

08img_0669sc

09bbimg_0432sts

10bcimg_0671sts

11ccimg_0448st2s

イトトンボ科クロイトトンボ属セスジイトトンボ(♀)さんです、体長は30mmほどの小型トンボです。クロイトトンボ属の同じ仲間の、ムスジイトトンボとよく似ていて紛らわしいです。

このセスジイトトンボは、翅胸の肩縫線にある黒条の真ん中に胸色と同色の筋が入り(名前セスジ・背筋の由来) 黒条が2本あるようにも見えます。そして眼後紋は金色で少し大きめの三角形、それをつなぐ後頭線があります(ムスジの眼後紋は線形で後頭線はありません

この♀さんは黄緑っぽい色をしたタイプです、♂さんは鮮やかな水色(空色)をしています。♂さんと同色タイプの♀さんもいるのかな

 

| | コメント (2)

まあ分り易い アオモンイトトンボ(♂)

01aaaaimg_0743s

02aaaimg_0755ts

03accimg_0844s

04bbaimg_0755st2s

05bbbimg_0822ts

06bbcimg_0803t2s

07bdaimg_0852sts

08bcimg_0776ts

09ccimg_0844t2s

10ccimg_0755st3s

イトトンボ科アオモンイトトンボ(♂)、腹部第8節の全周と第9節の下半分ほどが鮮やかな青紋(水色)になっています、眼後紋は丸くて水色、後頭線はありません。胸部は少し緑色がかっていますかね、横顔を拡大してみるとかなり毛深いですね。 体長は30mmほどで すごく細いので、私など目の悪いものには 👀を凝らしても気づかないことが多いです

アジアイトトンボとよく似ているようですが、アジアの方は第9節の全周が青紋となっています。♂さんに関しては、クロイトトンボの仲間のように同定に苦労することはなさそうです。名前がよく似た アオイトトンボがいますが、こちらはアオイトトンボ科です、緑色の金属光沢が特徴です

♀さんの未熟個体はきれいなオレンジ色をしています、成熟個体は褐色系の異色型と雄と同色の同色型があるようです

すぐ横に、セスジイトトンボの♀さんがいましたが、お互いに関心は示しません

 

 

| | コメント (0)

変わった花を咲かせる ミズトンボ

01aabaimg_9538s

02aabimg_9447s

03aaaimg_9268s

08cbkaimg_9533s

09ceimg_9178s

 

05bcbaimg_9505ts

06bcdimg_9516s

07bdbaimg_9389s

11img_9351s

ラン科ミズトンボ、個性的な花ですね、十字の形をした唇弁、目のように見える蕊柱部、その横に側花弁と上に背萼片、そして大きく両耳を広げたような側萼片、後ろに伸びる距は先を丸めて蜜をためています、トンボには見えませんがね

水がじわじわと流れるような、日当りのよう斜面に咲いていました。絶滅危惧種です、今年も元気に花を咲かせていました

| | コメント (2)

台風一過の明神山

01img_8558s 出発は7時、今日は少し早めです

02img_8568s Aコースからの頂上

03img_8589s 西方面の尾根には青空が

04img_8594s でも南方面は かなり霞んでいます

05img_8602s 五合目からの頂上

06img_86218605s 07img_86338572s 08img_8634s 台風の落とし物たち

09img_86498657s 頂上10時着です、休憩しながら、探しながら、遊びながら登ったので 標準タイムの倍かかっています、でも一番乗りです

10img_8650s 北方面

11img_8654s 東方面

12img_8678s そして南方面です

13img_86798639s

14img_8706s 

15img_8787s Cコースから東方面 七種山を望む

16img_87248851s これはクヌギかな

17img_87278743s これはコナラ

18img_87298831s コナラの抜け殻

19img_8865s頂上を振り返る

20img_88809009s 駐車場着12時、予定通りです

尾根の登りは風もなく 汗びっしょり、でも稜線に出ると涼風に吹かれて 命拾いです。目的の花に出会えず残念でしたが、きれいな青空に、そして秋の気配の一端にふれて 癒されました。台風明けの9/8のことでした

 

| | コメント (4)

胸に粉をふく クロイトトンボ

01aaimg_8450s

02abaimg_8431s

03acaimg_8140s

04acimg_8483s

05afimg_8158s

06dbbaaimg_8463ts

07dbbbimg_8146ts

08dbbimg_8153ts

09ddaimg_8458t2s

イトトンボ科クロイトトンボ属クロイトトンボです、クロイトトンボ属の仲間の、クロイトトンボ、ムスジイトトンボ、セスジイトトンボ、オオイトトンボ 4兄弟は非常によく似ていて、眼後紋の形、後頭線の有無、肩縫線部の黒条の様子などの 識別ポイントの確認に苦労します

でも 翅胸部側面に白っぽい粉をふくのは、この4兄弟の中でクロイトトンボだけなので、識別は簡単です(トリミング画像で確認できました)。しかし粉をふく前の未成熟個体の識別は大変です、因みに 眼後紋は三角形でそれをつなぐ後頭線はありません。前回投稿時は本当にクロイトトンボなのか自信がありませんでしたが、今回ではっきりしました

体長30mmほど、水生直物の育つ池で、アサザので葉などに止まっていました

 

 

| | コメント (2)

群れて飛び続ける ウスバキトンボ

01aaaimg_7053sc2ts

02bbaaaimg_7301sct22s

03bbaaimg_7271sct221s

04bbabaimg_7288ts

05bcaimg_7300ts

06bcimg_7293scs

07eaaaimg_7203s

08ebaimg_7127s

 

10ebkimg_7139s

11ebmaimg_7170s

12ecaimg_7090s

13ecimg_7112s

トンボ科ウスバキトンボ、別名精霊蜻蛉です。いま田圃や公園などで群れをつくって ず~と飛び続けているのはこのウスバキトンボです。南西諸島で羽化し、海を渡って4~11月にかけて北上、その途中で世代を繋ぐ産卵羽化がおこなわれ、3世代にわたり種を繋いで 北の果てで命尽きるそうです

体長50mmほどの中型トンボ、紋入りの透明な翅がきれいですね。飛び続けてなかなか止まってくれませんので、静止画像をとるにはタイミングが必要です

| | コメント (4)

ひと花開いた ツリガネニンジン

01aaimg_7892scts

02abaimg_7876st2s

03adimg_8282s

04adimg_8302s

05caaaimg_7924scts

06eeimg_8231s

キキョウ科ツリガネニンジン、この色合いと 釣り鐘状の形をした花がいいですね~。秋の花という雰囲気もあります。ここでは咲き始め これから楽しめそうです。

| | コメント (4)

名前も花も個性的 ナンバンギセル

07cdimg_6814ts_20200906075601

01aabcbimg_6719s_20200906075701

 

02acimg_6231s

03bbimg_6283s

04bdimg_6126ts

05ccaimg_6182s

06ccimg_6181s

07cdimg_6826ts

ハマウツボ科ナンバンギセル、名前も花の形も個性的で面白いですね。古くは万葉集にも歌われている歴史のある花のようです。ススキを宿主にする寄生植物です

 

| | コメント (4)

これは分り易い セスジイトトンボ(♀)

01aaimg_3992ts

02aaimg_4000s

03abimg_3953ts

04bbimg_3998s

05bcimg_3992st2s

06bdimg_3953st2s

イトトンボ科クロイトトンボ属セスジイトトンボ ♀さんです。クロイトトンボ属の仲間 ムスジイトトンボ、セスジイトトンボ、オオイトトンボ、クロイトトンボはお互いによく似ていて、成長過程による変化、♂♀がらみもあって 同定が困難な場合が多いです。

でもこの成長過程のセスジイトトンボの♀さんは分かりやすいです。肩縫線(胸の肩の部分)の黒条の真ん中に明らかに(名前の由来にもなっている) 筋が入っているのが分かります、黒条が2本あるようにも見えています。これが♂さんになるとわずかに筋が入っている感じで、ムスジイトトンボなどとの区別がややこしくなります。🍙状の眼後紋とそれをつなぐ後頭条があるのは、♂さんも同じですね(各画像はトリミングしたものです)

体長は30mm程度、日当りの良いため池の土手で一匹見かけました。♀さんは緑色っぽいですが、♂さんは水色っぽいです。

| | コメント (2)

これ以上寄れない クロイトトンボ(♂)

01img_5555scts

02img_5605sctscs

03img_5617sct2scs

イトトンボ科クロイトトンボ属は、腹部の第8、9節の全体が水色をしている共通点があり、均翅亜目の他のアオイトトンボ科、モノサシトンボ科、イトトンボ科、カワトンボ科のトンボと見分けが出来ます。

でもクロイトトンボ属の仲間 クロイトトンボ、ムスジイトトンボ(前出)、セスジイトトンボ、オオイトトンボは よく似ていて、同定するには眼後紋、後頭条、肩縫線の黒条の様子など細かい識別点の観察が必要になります

なのでもっと近寄って、いろいろな角度から識別ポイントを📷で撮って拡大して確認したいのですが、池の中に止まっているの、これ以上近寄れません(画像はトリミングしてあります)

でも幸いなことに、この♂さん成熟個体で、翅胸の側面下側に粉を吹いて(そのように見える) そこが水色っぽくなっています、これはクロイトトンボだけの特徴のようです。未成熟の個体また♀さんの識別は大変難しいようです。♀さんは水色型と緑色型がいるようです

全長30mmほどの超小型で(前出のオオアオイトトンボに比べるとかなり小さく感じます)、成熟すると アサザやコウホネなどの水生植物の育つ池などの水面すれすれを黒っぽい姿で飛んでいますが、よぼど目を凝らさないと 私の目には見えないことが多いです、勿論止まっている個体を見つけるなど至難の技です

いずれにしろ、イトトンボの同定は難しく、上記記述も自信がなくなってきました

 

| | コメント (0)

大変紛らわしいですが オオアオイトトンボ(♀)ですかね

01aaaaimg_4253sts

02aaaimg_4274scts

03abimg_4244scts

04adaimg_4310sts

05adimg_4326sts

06aeimg_4377s

07aeimg_4418s

08afimg_4293scs

09baimg_4214skts

10baimg_4218scts

11bbimg_4274sct2s

12bcimg_4253ss

アオイトトンボ科アオトンボ属のオオアオイトトンボ、アオイトトンボ、コバネアオイトトンボ 3兄弟は大変よく似ていて、成長過程や♂♀がらみもあって  にわかトンボファンにとっては困難至極です

アオイトトンボ属は、緑色の金属的な光沢をした、イトトンボ科の仲間より少し大きくて、翅を開いて止まる という特徴を持った仲間です

さて3姉妹の識別の一番のポイントは、翅胸側面の緑色部分(画像では黒く見えている)の翅側先端が鍵型に下方に伸びて 第2側縫線に届くか届かないかです(これが分かり難いのですがね)、オオアオイトトンボは2mmほどの幅をもって下方に伸びて第2側縫線に届いています、アオイトトンボは線ほどの幅で届いています、コバネアオイトトンバは全く届いていません(鍵型になっていない)。あと粉を吹くとか、産卵管がどうとかあるようですがね。オオアオイトトンボはアオオトトンボより少し大きいですが、両者を並べて比較しないとわかりませんね

私的には オオアオイトトンボの複眼はグリーン系、アオオトトンボはブルー系、でも成長過程で変わるのかな?

ため池から少し離れた樹林の日陰に1~2匹、画像はおそらく同一個体、全長40~50mm、アオイトトンボは35~45mm

| | コメント (2)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »