◆サギソウ

ここ 手軽に覗ける湿地でサギソウが咲き始めていました。昨年に比べるとかなり遅い開花です

Baaimg_2507t2

Baimg_2627t

Beimg_2448t

Cbimg_2905

Ccimg_2657これからどんどん開花していき、それほど大きくない ここの湿地一面を白い花で飾ってくれることでしょう

猛暑でバテ気味、コメント欄閉じ、失礼しています

| | トラックバック (0)

◆マヤラン

Aaabbcaimg_8268

Aaaccbimg_8668

Abaimg_8893t

Abbimg_8917t

Abccaimg_8496ht

Acbbaimg_8845t

ラン科マヤラン、六甲山系摩耶山で初めて発見されたことに因んでのネーミングとのこと、花茎は緑っぽい色をしていますが、葉はなく、地下を這う茎が、広葉樹などの根と共生するベニタケ、イボタケなどの菌から、栄養を貰っている菌従属栄養植物だそうです
夏と秋の年2回咲かせるとのこと、一度秋の花を確認してみたいものです
例年花芽を出す場所を離れて、新たに数株花を咲かせていました

| | トラックバック (0)

◆クモラン

Abimg_5195hc

Bbaimg_5504thct

Bcaimg_5312ht2ラン科クモラン、樹木に着生しています。葉はなく 緑色をした根で光合成もおこなっているようです。2mmほどの小さな花のつくりは、ルーベでもないと確認できませんが、背萼片、側萼片、側花弁、そして唇弁からなっている筈です。放射状に数センチ伸びている根の様子をクモに見立ててのネーミングのようです。

| | トラックバック (0)

💛 コクラン

ラン科コクラン、クモキリソウ属特有の変わった花を咲かせます
尾根筋に咲きますが、偶に木漏れ日の入るような薄暗いところ、そして名前の示すように黒っぽい花を咲かすので、気を付けないと目に入りません、でも葉は個性がありますね

Bbcaimg_8472thc

Bbcbimg_8373ht

Bbcimg_8590th

Bcbaimg_4569

Bcbaimg_4773th

Bcbdimg_8872ht3

Dbimg_4164h

Dcimg_8524ht

Ddimg_4812thct

| | トラックバック (0)

💛ウチョウラン

ラン科ウチョウラン、栽培品は、花の色、形、模様、また葉芸などと、どんどん派手に変化を続け、愛好家の目を楽しませてくれているようですが、
山野に自生するものは毎年変化することなく、常に 同じように素朴な花を咲かせてくれます

Aaaimg_6123t2c

Aaaimg_6297c

Aabbcimg_6785

Aabcbimg_6609

Abbabbbimg_6829c

Abbbimg_6822hct

Abcdbcimg_6052ht

Acebdimg_6270ht

Acfcbimg_6672t22

Adcceimg_6753hc

Aeimg_5957t

Cbaimg_6359ht

Dbcimg_6153tht

Ebcaimg_6219tt

Ebcbimg_6813ch

camera 6/26

| | コメント (11) | トラックバック (0)

💛クモキリソウ

ラン科クモキリソウ、このクモキリソウ属の仲間、 ジガバチソウコクラン、スズムシソウなどは、唇弁がお腹に何かを抱えているような感じに見えて  とてもユニークな花ですね

Bbbaimg_5060hc2

Bbbcimg_5760h

Bbcimg_5079th

Bbeimg_5340hct3

Bcbaaimg_5223hc

Bebbimg_5863ht

Bebimg_5019

Cbbaimg_5436ht2

Cbbaimg_5511ht2この花、唇弁を巻き込んおらず変わっていますね

Deaimg_5150t2

Debimg_5088tcここでは背丈は10cmほど、花の大きさは 1cm+ほどでした
一度スズムシソウに出会ってみたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

💛コバノトンボソウ

ラン科コバノトンボソウ、今にも飛び立ちそうなトンボ、いろいろな格好を見せてくれるトンボ、そしてこのスマートさが、私にはお気にのランの花です

Aaabimg_3447s

Aaacimg_4092tht

Aacimg_3486sh

Abacimg_3426

Abbimg_3999t

Bbaaaaimg_3906ht

Bbaaimg_3800

Daaimg_3765h

Dabimg_3633t

Dabimg_3710t

Dacaimg_3945

Dacimg_3435

Daimg_4059ts

Img_1433

Img_1490

Img_1534

Img_1571

Img_3603

背丈は20cmほどですかね、周囲にはモウセンゴケの花がありますが、他にそれほど背の高い植物はありません、なのでそれほど頑張って背丈を伸ばさなくてもいいと思うのですがね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

💛 ヒトツボクロ

ラン科ヒトツボクロ、変わった名前を貰った地味な地生ランです
ここにあると分かっていても、目を凝らさないと気付かないほど地味な花、よくもこんな目立たない花を見つけるものですね、それも登山道もない、人の入りそうもない山の中で…
勿論 私が見つけたわけではありませんがね、そしてこれは うれしい初見のランの花です

Aaabbcimg_2606

Aaabbdimg_2477ht

Aaaccbimg_2092ht

Aaaimg_2814ht

Aacaimg_2764t

Aacbaimg_2969ht

Aacbimg_2303ht2

Aadimg_2045t2かなり近寄っての camera で、画像のトリミングもしていますので、何とかランの花と分かりますが、私の肉眼では花が咲いているとは、ちょっと分かり難いですね
個々の花が不ぞろい気味ですね、背萼片を歪めたり、花柄を捩じっていないものも、でもみな一人前に距を付けていますね

Ccfimg_3282

Ccimg_2690こちらは子房がかなり成長していますね

Ddimg_1910

Ddimg_1961

Ddimg_2021ht

Ddimg_3261

Eeimg_3222

Eeimg_3228背丈は30cmほどありますが、花の大きさは1cmありません。根元に主脈がはっきりして、裏が赤紫色の一枚の葉を付けています
当県下では絶滅危惧Ⅱ類に指定されていますが、気付かれずに見逃されている部分もあるのかもしれませんね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

💛 ムカゴソウ&ネジバナ

ラン科ムカゴソウとネジバナ、どちらも茎の周りに所狭しと沢山の花をつけています

Aaaaaimg_9142hct

Aaaamg_5865

Aaabimg_6225

Aaacimg_7321

Bbbimg_5787

Bbimg_6411

Bcimg_5724hムカゴソウです、背丈は20~40cm、花の長さは8mmほど、頭の部分が萼片、足の部分は3裂した唇弁の両サイド、地味な花なので目に付き難いですね
地下の塊根が零余子に見えるとか

お馴染みネジバナです↓、こちらは規則正しく花をつけていますねCaimg_9952

 

Cbimg_9982

| | コメント (2) | トラックバック (0)

💛ジガバチソウ

ラン科ジガバチソウ、変わった花のつくりが分かり難く、四方八方から撮ってみました。ランの花は、背萼片(1)、側萼片(2)、側花弁(2)、唇弁(1)、ズイ柱からなった線対称の花と決まっていますね

Aaaabcbaimg_6067ht

Aaabbdcaimg_6024ht21

Aaaccbccbimg_5884h2t

Aaaebbbabimg_6032ht唇弁は半透明、側萼片が透けて見えていますね、花の大きさは1.5cmほど

Aaafbbaaimg_5923ht

Aaagcbbaimg_3830ht

Aaagcbbimg_4382ttttht

Aaahdbaaaebcimg_4181hct

Cbaaaimg_3680hct21hこの花少し傷んでいますが、ランニングモードですね

Ebbaimg_3779ht2

Fbaimg_7915ht

Fbbimg_8362ht

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | アカザ科 | キノコ | スノーハイキング | デジブック | マチン科 | 七種山 | 七種山縦走 | 八丈岩山 | 小鳥の鳴き声 | | 山の写真 | 山歩き | 山登り | 心と体 | 昆虫 | 明神山 | 果実、種子 | 樹木 | 氷ノ山 ブン回し | 片山 | 的場山 | 結婚式 | 自然の驚異 | | 花・アカネ科 | 花・アカバナ科 | 花・アケビ科 | 花・アブラア科 | 花・アブラナ科 | 花・アヤメ科 | 花・イチヤクソウ科 | 花・イネ科 | 花・イラクサ科 | 花・イワウメ科 | 花・イワタバコ科 | 花・ウコギ科 | 花・ウマノスズクサ科 | 花・ウリ科 | 花・オトギリソウ科 | 花・オミナエシ科 | 花・オモダカ科 | 花・カタバミ科 | 花・ガガイモ科 | 花・キキョウ科 | 花・キク科 | 花・キツネノマゴ科 | 花・キョウチクトウ科 | 花・キンバイザサ科 | 花・キンポウゲ科 | 花・クマツヅラ科 | 花・ケシ科 | 花・コキンバイザサ科 | 花・ゴマノハグサ科 | 花・サクラソウ科 | 花・サトイモ科 | 花・ザクロソウ科 | 花・シソ科 | 花・シナノキ科 | 花・ジンチョウゲ科 | 花・スイカズラ科 | 花・スイレン科 | 花・スミレ科 | 花・セリ科 | 花・センリョウ科 | 花・タデ科 | 花・タヌキモ科 | 花・ツツジ科 | 花・ツヅラフジ科 | 花・ツリフネソウ科 | 花・トウダイグサ科 | 花・トチカガミ科 | 花・ナス科 | 花・ナデシコ科 | 花・ハイノキ科 | 花・ハエドクソウ | 花・ハエドクソウ科 | 花・ハマウツボ科 | 花・バラ科 | 花・ヒガンバナ科 | 花・ヒメハギ科 | 花・ビャクダン科 | 花・フウロソウ科 | 花・ベンケイソウ科 | 花・ボタン科 | 花・マチン科 | 花・マツブサ科 | 花・マツムシソウ科 | 花・マメ科 | 花・ミカン科 | 花・ミズアオイ科 | 花・ミソハギ科 | 花・ミツガシワ科 | 花・ムラサキ科 | 花・メギ科 | 花・モウセンゴケ科 | 花・モクセイ科 | 花・ヤマノイモ科 | 花・ユキノシタ科 | 花・ユリ科 | 花・ラン科 | 花・リンドウ科 | 花・レンブクソウ科 | 花・上高地~穂高 7/末 | 花・大山の花 | 花・樹木 | 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 | | 蜻蛉 | 蜻蛉・アカネ属 | | 蝶・アゲハチョウ科 | 蝶・シジミチョウ科 | 蝶・シロチョウ科 | 蝶・ジャノメチョウ亜科 | 蝶・セセリチョウ科 | 蝶・タテハチョウ亜科 | 蝶・テングチョウ亜科 | 蝶・マダラチョウ亜科 | 裏明神 | 趣味 | 野鳥 | 雪彦山 | 高山植物