◆我が背丈をも越す シシウドなり

E4011hcimg_0001

A3659img_0001

A3681img_0001

Ae3617img_0001

Aa3653img_0001

Bb3634img_0001

Cd3995himg_0001 セリ科シシウド(猪独活)、背丈2mにもなるのっぽさんです、花茎を出して花を咲かせるまで数年、そして実を付けると枯死してしまうとのことです。根を陰干して煎じると鎮痛剤、生薬の独活(ドッカツ)です。名前にウドとありますが 山菜として知られているウドはウコギ科の別物です

34441img_0001

3429img_0001 こちらキク科オタカラコウ、ここでは小型ですが、背丈を1mほどに長く伸ばすものがあります

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆シシウドや 青空に映ゆ 花火かな

Ee22483img_0001

大型で人の背丈ほどもあるシシウド、山野で最大級の草本は 青空を背景に入れやすいですね、そしてその複散形花序の一塊の花の大きさは直径25cmほど、5mmほどの小花の集まりですがね

E1097img_0001

Cc1101img_0001

Ab2133img_0001

Ae11051img_0001

Aac2233img_0001

Aaa1858img_0001

Aa2127img_0001

沢山の長い花柄の先に小さい花を付けた姿は線香花火を連想させます

シシウドは猪独活、イノシシもが食べる大型のウドに似た花、この根塊は生薬ドッカツ(独活)として頭痛、神経痛などに薬効があるようです

よく似ているウドは山菜としても知られているウコギ科の植物です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆三島産の柴胡は人気の生薬だったとか で ミシマサイコ

セリ科の仲間は白い花を咲かせるものが殆んどですが、このミシマサイコは黄色の花を咲かせてなかなかいい雰囲気です。解熱鎮痛の薬効がある生薬サイコ(柴胡・根の部分)は、特に三島産が品質優秀だったとか、でミシマサイコ

Ee0302img_0001_2

Cc03081img_0001

Cc0263img_0001

Be0351img_0001

Bd03381img_0001

Bc0461img_0001

Bb0365img_0001

Bc0320img_0001

Bb0266img_0001

Aa05301img_0001

生薬用として乱獲されて山野では絶滅危惧種に、今では生薬用に栽培されているとか。日当たりの良い山野に育ち、背丈は50cmほど、セリ科に多い複散形花序の 5枚の花弁を内側に巻いてえ、その個々の花の大きさは2.5mmほどです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆シラネセンキュウ 白根川芎とはまた変わった名前

Aa78693img_0001

シラネセンキュウとはまた変わった名前ですが、日光の白根山で初めて確認されたのでシラネ、センキュウは中国原産の生薬である川芎に葉の形が似ているから とのことです。川芎は生薬として有効なので日本で栽培もされているようです。

シラネセンキュウはセリ科の仲間で背丈は1mmほど、個々の花の大きさは5mmほど、このものは山中の日当たりの良い道脇の斜面に咲いていました

続きを読む "◆シラネセンキュウ 白根川芎とはまた変わった名前"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ヒカゲミツバの果実と花

85111img_0001

A4306img_0001

渓流沿いの日陰に育つヒカゲミツバ、花は8月中ごろから咲き始めてていましたが、今10月下旬は花も果実も見ることが出来ます。この果実赤くなるのでしょうかね、よく似た感じの果実を付けるトチバニンジンは赤くなりますが、セリ科とウコギ科の違いはどうでしょうか。↓トチバニンジンの果実です

http://sizukiyama.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2010/08/20/9918img_0001.jpg

続きを読む "◆ヒカゲミツバの果実と花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ドクゼリ(毒芹)

57560001

57630001

57660001

背丈は1mを越していて、池の辺がお気に入りのようです。

A57600001

Ab57620001

Ac57590001

全身に毒を持っているそうなので、近づかない方が得策ですね。死に至る可能性のある毒草といえばトリカブトにシキミ、あとドクウツギというのもあるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆複式の散形花序を形成している シシウド(猪独活)?

A62130001

Ab73730001

背丈は1m強、ここでは日の当たらない林道脇で、3~4本に枝分かれした先に散形花序を開いています。

Ac3710001

Ad62190001

Ae621800011

お椀を伏せたような散形花序は、その先でまた散形花序とつくる2重構造になっています。(枝先一箇所から4方に沢山の花柄を出しています、その花柄の先端からもまた沢山の花柄をだし、その各々の先端に花が開いています)

71770001

こちらは背丈が50cmほどで、シシウドとは別の花の雰囲気でしたがどうなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ハナウド(花独活) ってウドの花?

A51600001

B51640001

C51390001

D51430001

このような花の付き方が(茎の先端から個々の花柄を沢山出している)散形花序、ハナウドは個々の散形花序がまた散形になっているので 複散形花序です(何だかややこしい)。散形花序の外周に有る花は(中心部の花より)大きく、さらに(2裂した5枚の花弁のうち)外に位置する(2枚の)花弁が大きく、全体としての体裁を整えているそうです。葉は上手く撮れていませんが、大きい切れ込みを持った小葉からなる複葉です。ハナウドやよく聞くシシウドはセリ科で、ウコギ科のウドとは直接関係はありません、ウド(独活の花は見た記憶がありませんが)に雰囲気が似ていることからの命名のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆セントウソウ

85550001

85490001

85360001

85480001

セリ科の先頭を切って咲くのでセントウソウ??、ここでは今が咲き始めです。一つ一つの花の大きさは数mmと小さくて、上手く camera 出来ません。普通 2回3出複葉、人参のようなセリ葉を付けていて別名オウレンダマシ、ここでは渓流の岩場に咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆日陰者 ハナビゼリ&ヒカゲミツバの果実

9510 9430 9444 9438 ハナビゼリ(上)とヒカゲミツバ(下)の果実です。共にセリ科のこの両者、果実を付けるまではよく似ていて少し戸惑います。同じように日陰に育ち 散形の小さな花を付け、2回3出複葉です、しかしハナビゼリの方が背丈50cmほどの大型です、また中空と思われる茎は触ると脆そうです。

こちらはヒカゲミツバの花です、バナビゼリの花は気になっていましたが結局見ることが出来ませんでした、来年も続いていれば紫系をしているというこの花を見にいってみましょうか。

ハナビゼリはセリ科のシシウド属、シシウド属の果実は翼を付けるようですね。翼といえば こちら↓オトコエシの果実も同じような感じですね。

57341

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 | アカザ科 | キノコ | スノーハイキング | デジブック | マチン科 | 七種山 | 七種山縦走 | 八丈岩山 | 小鳥の鳴き声 | | 山の写真 | 山歩き | 山登り | 心と体 | 昆虫 | 明神山 | 果実、種子 | 樹木 | 氷ノ山 ブン回し | 片山 | 的場山 | 結婚式 | 自然の驚異 | | 花・アカネ科 | 花・アカバナ科 | 花・アケビ科 | 花・アブラア科 | 花・アブラナ科 | 花・アヤメ科 | 花・イチヤクソウ科 | 花・イネ科 | 花・イラクサ科 | 花・イワウメ科 | 花・イワタバコ科 | 花・ウコギ科 | 花・ウマノスズクサ科 | 花・ウリ科 | 花・オトギリソウ科 | 花・オミナエシ科 | 花・オモダカ科 | 花・カタバミ科 | 花・ガガイモ科 | 花・キキョウ科 | 花・キク科 | 花・キツネノマゴ科 | 花・キョウチクトウ科 | 花・キンバイザサ科 | 花・キンポウゲ科 | 花・クマツヅラ科 | 花・ケシ科 | 花・コキンバイザサ科 | 花・ゴマノハグサ科 | 花・サクラソウ科 | 花・サトイモ科 | 花・ザクロソウ科 | 花・シソ科 | 花・シナノキ科 | 花・ジンチョウゲ科 | 花・スイカズラ科 | 花・スイレン科 | 花・スミレ科 | 花・セリ科 | 花・センリョウ科 | 花・タデ科 | 花・タヌキモ科 | 花・ツツジ科 | 花・ツヅラフジ科 | 花・ツリフネソウ科 | 花・トウダイグサ科 | 花・トチカガミ科 | 花・ナス科 | 花・ナデシコ科 | 花・ハイノキ科 | 花・ハエドクソウ | 花・ハエドクソウ科 | 花・ハマウツボ科 | 花・バラ科 | 花・ヒガンバナ科 | 花・ヒメハギ科 | 花・ビャクダン科 | 花・フウロソウ科 | 花・ベンケイソウ科 | 花・ボタン科 | 花・マチン科 | 花・マツブサ科 | 花・マツムシソウ科 | 花・マメ科 | 花・ミカン科 | 花・ミズアオイ科 | 花・ミソハギ科 | 花・ミツガシワ科 | 花・ムラサキ科 | 花・メギ科 | 花・モウセンゴケ科 | 花・モクセイ科 | 花・ヤマノイモ科 | 花・ユキノシタ科 | 花・ユリ科 | 花・ラン科 | 花・リンドウ科 | 花・レンブクソウ科 | 花・上高地~穂高 7/末 | 花・大山の花 | 花・樹木 | 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 | | 蜻蛉 | 蜻蛉・アカネ属 | | 蝶・アゲハチョウ科 | 蝶・シジミチョウ科 | 蝶・シロチョウ科 | 蝶・ジャノメチョウ亜科 | 蝶・セセリチョウ科 | 蝶・タテハチョウ亜科 | 蝶・テングチョウ亜科 | 蝶・マダラチョウ亜科 | 裏明神 | 趣味 | 野鳥 | 雪彦山 | 高山植物