スイカズラ

 02daaabimg_0940t2st 03aaimg_2043s 04abimg_2028ts 05aimg_1933st 06aimg_3208ts 07bimg_9539ts 08caimg_1955s 09cimg_2078s    12eimg_2373s  スイカズラ科スイカズラ、半常緑つる性木本(この辺りでは常緑かな)、昔の子供が花の奥の蜜をよく吸っていたから吸葛とか、クマンバチが吸密に訪れていますが奥まで届くのかな

二つ並んで咲く花は 白から黄色へと変化する、で別名がキンギンカ(金銀花)、また常緑故 ニンドウ(忍冬)とも呼ばれる

ここの株は、高さ 3mほど空中を上に伸びて、横の樹の枝に絡まっている(どうやって上の枝に絡みついたのかよく分からない)、幹も 太さ 3  1cmほどの大物である

スイカズラ科といえば、ツクバネウツギ、タニウツギ、ガマズミ、オオカメノキなどがあるが、このちょっと仲間外れのようなスイカズラが科の名前になっているのがよく分からない

| | コメント (2)

◆ツクバネウツギの開花

Img_7715

Img_7710

Img_7708

Img_7729 スイカズラ科ツクバネウツギ、その花の根元にある 4~5枚のガク片が秋に果実を付けてクルクル舞い落ちる様子を羽根衝きの衝羽根に見立てての命名です。コツクバネウツギもありますが、そちらはガク片が2~3枚です。
スイカズラ科の仲間はスイカズラを初めに、ウグイスカグラ、アベリアなど花を2個セットで咲かせるものが多いようです。
4/29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ウグイスカグラ

Img_4331

Img_4313

Abimg_4452

Img_4334t

Img_4423

Img_4361

Img_4499 スイカズラ科ウグイスカグラ、漢字で書けば鶯神楽、洒落た名前が付いています、薄赤色のとてもきれいな果実をつけるのですが、その果実を鶯が啄ばんでいる姿が神楽を踊っているように見えたとかでの命名とか、諸説があります。
葉茎や花に毛が有るか無いかなどで、ヤマウグイスカグラ、ミヤマウグイスカグラがあるようです。   4/4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆変わった名前の由来がはっきりしない オトコヨウゾメ

麓では5月前半の花で今は時期外れですが、奥では5/28に未だ咲いていましたので、昔のものもまとめて載せました。

A92290001

B20210001

C88770001

Cb88700001

Cd88750001

ピンクに染まっている下の3枚は、 5/1 雪彦山ものです。同じ仲間のガマズミに一見雰囲気が似ていますが、細かく見ると花の形、付き方など違いますね。ガマズミは こちらです。

D95270001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆装飾花5枚あれば オオカメノキ(大亀の木)・別名ムシカリ

75590001

761510001

75430001

75180001

オオカメノキの花は麓ではもう散っていますが、標高1400m付近の稜線ではまだ何とか見ることが出来ました(5/23) 。前出のヤブデマリとよく似ていますが、装飾花がほぼ5枚あればこちらのオオカメノキです。その他 花序の付き方、葉の形などが違うようですが、細かくは分かり難いですね。大亀の木は、葉の形を亀の甲羅に見立てての命名とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆花が咲くまで種名が悩ましい ヤブデマリ(藪手毬)

A54720001

A54810001

A551610001

B54980001

B550320001

D54750001

このヤブデマリ少し盛りを過ぎていますが、同じスイカズラ科の仲間オオカメノキと一見よく似ています、それでこの花は一体どっちなのかと悩まされます。しかし装飾花(白い萼片)を見ればはっきりします、このヤブデマリは4枚プラスごく小さいのが1枚見えています、一方オオカメノキは5枚きちんとそろっています。またヤブデマリの花序には柄があり、オオカメノキの花序には柄がないそうです。なお装飾花に囲まれているのはオシベ、メシベを持つ結実する普通花です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆萼片2枚は コツクバネウツギ(小衝羽空木)

Kotukuc12650001

Kotukud32710001

Kotukua96970001

Kotukub970810001_2

Kotukue12670001

コツクバネウツギは萼片が2枚です、花の大きさがツクバネウツギより一回り小さく長さ1cm弱のものもありますが、ツクバネウツギとほぼ同じで1.5cmほどのものもあります。花の色は濃い黄色のものが多いですが、白っぽいものもあります。

こちらがツクバネウツギですが、コツクバネウツギのように小さい花のものは見かけません。色は大体白っぽいですが、中には黄色をしたものもあったように思います。萼片は5枚ですね。

Tukuba97360001

Tukuba97400001

Tuba08060001

前出のコガクウツギはユキノシタ科、このコツクバネウツギはスイカズラ科です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆足袋を履いた足の裏? 愛嬌のスイカズラ(吸い蔓)、別名金銀花

223710001 

22360001

22430001

22400001

22470001

スイカズラは一応 樹木なのですが、茎は太くならず低い木や岩壁などを這うように伸びています。スイカズラ科には、ツクバネウツギ、タニウツギ、ガマズミ、ウグイスカグラ、ニワトコなど割と名の知れた樹木が多いですが、このスイカズラが代表?とはね。別名キンギンカは花の色から直ぐに思い浮かびますが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆タニウツギ(谷空木)

A14000001

B160910001

C15950001

D14460001

E147210001

これはスイカズラ科タニウツギです、他に○○ウツギという花は色々ありますが、枝・茎の中心部が空洞になっているので空木で同じ仲間ではありませんね。もう咲き出している単なるウツギはユキノシタ科です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ツクバネウツギ(衝羽根空木)

A52610001

B523100011

C52460001

D51180001

E51050001

卯の花のウツギはユキノシタ(アジサイ)科ですが、このツクバネウツギはスイカズラ科、花が対で咲きますね。

この5枚の萼に果実を載せた姿が衝羽根です。萼が2枚のものもありそちらはコツクバネウツギです。

F51670001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 アカザ科 キノコ スノーハイキング デジブック トンボ科アカネ属 マチン科 七種山 七種山縦走 介護関係 八丈岩山 小鳥の鳴き声 山の写真 山歩き 山登り 心と体 昆虫 明神山 果実、種子 樹木 氷ノ山 ブン回し 片山 的場山 結婚式 自然の驚異 花・アカネ科 花・アカバナ科 花・アケビ科 花・アジサイ科 花・アブラア科 花・アブラナ科 花・アヤメ科 花・イチヤクソウ科 花・イネ科 花・イラクサ科 花・イワウメ科 花・イワタバコ科 花・ウコギ科 花・ウマノスズクサ科 花・ウリ科 花・オトギリソウ科 花・オミナエシ科 花・オモダカ科 花・カタバミ科 花・ガガイモ科 花・キキョウ科 花・キク科 花・キツネノマゴ科 花・キョウチクトウ科 花・キンバイザサ科 花・キンポウゲ科 花・クマツヅラ科 花・ケシ科 花・コキンバイザサ科 花・ゴマノハグサ科 花・サクラソウ科 花・サトイモ科 花・ザクロソウ科 花・シソ科 花・シナノキ科 花・ジンチョウゲ科 花・スイカズラ科 花・スイレン科 花・スミレ科 花・セリ科 花・センリョウ科 花・タデ科 花・タヌキモ科 花・ツツジ科 花・ツヅラフジ科 花・ツリフネソウ科 花・トウダイグサ科 花・トチカガミ科 花・ナス科 花・ナデシコ科 花・ハイノキ科 花・ハエドクソウ 花・ハエドクソウ科 花・ハマウツボ科 花・バラ科 花・ヒガンバナ科 花・ヒメハギ科 花・ヒルガオ科 花・ビャクダン科 花・フウロソウ科 花・ベンケイソウ科 花・ボタン科 花・マチン科 花・マツブサ科 花・マツムシソウ科 花・マメ科 花・ミカン科 花・ミズアオイ科 花・ミソハギ科 花・ミツガシワ科 花・ムラサキ科 花・メギ科 花・モウセンゴケ科 花・モクセイ科 花・ヤマノイモ科 花・ユキノシタ科 花・ユリ科 花・ラン科 花・リンドウ科 花・レンブクソウ科 花・上高地~穂高 7/末 花・大山の花 花・樹木 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 虫こぶ 蜻蛉 蜻蛉・アカネ属 蜻蛉・イトトンボ科 蝶・アゲハチョウ科 蝶・シジミチョウ科 蝶・シロチョウ科 蝶・ジャノメチョウ亜科 蝶・セセリチョウ科 蝶・タテハチョウ亜科 蝶・テングチョウ亜科 蝶・マダラチョウ亜科 裏明神 趣味 野鳥 雪彦山 高山植物