◆果実を水玉に見立てての ミズタマソウ

15681img_0001

Bd1548img_0001

Cc16181img_0001

Ec1539img_0001

Ee1557img_0001

アカバナ科ミズタマソウ、背丈50cmほど、花の大きさは6~7mm、2裂した花弁が2枚、雄しべが2本で、なかなか可愛い花です。湿気の多いところに育っていますが、最近は見る機会が減ってきています。いわゆる 引っ付き虫 の果実を水玉に見立てての命名です。 camera 8/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆白い棍棒状の雌しべが目立つ アカバナ科アカバナ

1148h1img_0001

B11151img_0001

E13942img_0001

背丈は30cmほど、花の大きさは1cmほど、湿地に咲いています。名前の由来は花が赤いからではなく、紅葉した葉が赤くなるからのようです。花の下の棒状の部分は茎ではなく、雌しべの子房の部分で そのまま果実になります

同じアカバナ科のアカバナユウゲショウは何所にでも繁殖してよく見かけますが、このアカバナを見かける機会は少ないようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ミズタマソウ part2 水玉に見えるかこの果実

09922img_0001_2

細い毛の生えた果実を水玉に見立てての命名です

萼片2、2裂した花弁2、雄しべ2、雌しべ1、目立たない単純な花ですが そこがまたこの花の見どころです

続きを読む "◆ミズタマソウ part2 水玉に見えるかこの果実"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆丸い柱頭がアクセントの アカバナ

5594img_0001 秋に葉が紅葉するので赤花と名付けられたようです。山野の湿地に咲く 1cm足らずの花は薄紫色のなかなかいい色をしています、背丈は30cmほどでしたか

続きを読む "◆丸い柱頭がアクセントの アカバナ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆白馬葱平に咲く シロウマアカバナ(白馬赤花)

05120001

050510001

062210001

白馬葱平に咲いていましたのでシロウマアカバナとしましたが、花の状態では全く同じで果実にならないと区別できないミヤマアカバナかも知れません。前出のアカバナに比べると花弁が白っぽく、紫色のラインが目立ちます。花の大きさは同じくらいですが、背丈は15cmほどとかなり小柄です。camera 8/3

この花は昨年の涸沢でも見かけました、萎みかけだったので同定できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆山野の湿地に咲くという アカバナ(赤花)

68480001

山野の湿地で普通に見られ、休耕田でも見られるというアカバナですが、私は今回初めてお目にかかりました。アカバナユウゲショウには頻繁に出合っていますが。

A685510001 Ab68510001

他の植物に寄りかかるようにして背丈を50cm以上に伸ばしていました、花の大きさは1cm弱、4枚の花弁の先端に小さな切れ込みが入っています。赤く色を変える葉も特徴のようです、既に赤くなっているものも見られました。

68570001

もっと先のことですが、細長い果実が割れて綿毛を飛ばす姿も良さそうですよ

C68620001

C72250001

朝10時前に開いていた花も、下山時の3時過ぎには花を閉じていました。camera 8/28

down こちらは春先からいまだに咲き続けているアカバナユウゲショウです。camera 8/26

55010001

実は先日白馬の葱平で白っぽい4弁の花を camera していました。名前が分からずいいろいろ調べていたのですが、シロウマアカバナ(ミヤマアカバナ)だと判明しました。また投稿しますが、今比べて見るとアカバナとよく似ています、でもシロウマアカバナは白っぽい花弁で紫色のラインが入っていますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆ミズタマソウ

83762 8383 8331 8394 84081 ミズタマソウ(水玉草)、そのヒゲヒゲの果実を水玉に見立てての命名でしょう。萼片2、花弁2、雄しべ2 と変わった花ですね、花の大きさは 5mmほどですか、対生した葉の付け根の節部が赤色をしています。渓流沿いの少し薄暗いところに咲いています、地味な花なので目立ちません。よく似た仲間にウシタキソウというのがあるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミズタマソウ<アカバナ科>

25351 25171 25091 24981 5mm程度の小さい花なのですが、よく見ると可愛い花でしょう。萼片2、花弁2、雄しべ2?、雌しべ1、何か分かりにくいな~。果実はひっつき虫。小さな橋の上から目に付き、アレッと思い渓流に下りてみました。背丈は1mくらいあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白花・赤花・黄花

A96051 A96081 A1691

皆よく似ていますねー、何れもアカバナ科マツヨイグサ属です。しかし皆昼間咲いているんですよ。上から白花赤花夕化粧?(7/1)、赤花夕化粧(7/1)、小待宵草(6/1) 何れも明神山ふもと

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 | アカザ科 | キノコ | スノーハイキング | デジブック | マチン科 | 七種山 | 七種山縦走 | 八丈岩山 | 小鳥の鳴き声 | | 山の写真 | 山歩き | 山登り | 心と体 | 昆虫 | 明神山 | 果実、種子 | 樹木 | 氷ノ山 ブン回し | 片山 | 的場山 | 結婚式 | 自然の驚異 | | 花・アカネ科 | 花・アカバナ科 | 花・アケビ科 | 花・アブラア科 | 花・アブラナ科 | 花・アヤメ科 | 花・イチヤクソウ科 | 花・イネ科 | 花・イラクサ科 | 花・イワウメ科 | 花・イワタバコ科 | 花・ウコギ科 | 花・ウマノスズクサ科 | 花・ウリ科 | 花・オトギリソウ科 | 花・オミナエシ科 | 花・オモダカ科 | 花・カタバミ科 | 花・ガガイモ科 | 花・キキョウ科 | 花・キク科 | 花・キツネノマゴ科 | 花・キョウチクトウ科 | 花・キンバイザサ科 | 花・キンポウゲ科 | 花・クマツヅラ科 | 花・ケシ科 | 花・コキンバイザサ科 | 花・ゴマノハグサ科 | 花・サクラソウ科 | 花・サトイモ科 | 花・ザクロソウ科 | 花・シソ科 | 花・シナノキ科 | 花・ジンチョウゲ科 | 花・スイカズラ科 | 花・スイレン科 | 花・スミレ科 | 花・セリ科 | 花・センリョウ科 | 花・タデ科 | 花・タヌキモ科 | 花・ツツジ科 | 花・ツヅラフジ科 | 花・ツリフネソウ科 | 花・トウダイグサ科 | 花・トチカガミ科 | 花・ナス科 | 花・ナデシコ科 | 花・ハイノキ科 | 花・ハエドクソウ | 花・ハエドクソウ科 | 花・ハマウツボ科 | 花・バラ科 | 花・ヒガンバナ科 | 花・ヒメハギ科 | 花・ビャクダン科 | 花・フウロソウ科 | 花・ベンケイソウ科 | 花・ボタン科 | 花・マチン科 | 花・マツブサ科 | 花・マツムシソウ科 | 花・マメ科 | 花・ミカン科 | 花・ミズアオイ科 | 花・ミソハギ科 | 花・ミツガシワ科 | 花・ムラサキ科 | 花・メギ科 | 花・モウセンゴケ科 | 花・モクセイ科 | 花・ヤマノイモ科 | 花・ユキノシタ科 | 花・ユリ科 | 花・ラン科 | 花・リンドウ科 | 花・レンブクソウ科 | 花・上高地~穂高 7/末 | 花・大山の花 | 花・樹木 | 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 | | 蜻蛉 | 蜻蛉・アカネ属 | | 蝶・アゲハチョウ科 | 蝶・シジミチョウ科 | 蝶・シロチョウ科 | 蝶・ジャノメチョウ亜科 | 蝶・セセリチョウ科 | 蝶・タテハチョウ亜科 | 蝶・テングチョウ亜科 | 蝶・マダラチョウ亜科 | 裏明神 | 趣味 | 野鳥 | 雪彦山 | 高山植物