◆ネーミングの意図は? カラスノゴマ

Aaaimg_8815

続きを読む "◆ネーミングの意図は? カラスノゴマ"

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆群れて咲く カラスノゴマは 花隠し

葉の下に隠れるようにして花を咲かせる烏の胡麻、変わった名前をもらっていますが、この花 単独で咲くことはなく、必ず群れをつくって咲いています、そして何故か2年ほどでその群れる場所を移動させるのです。シナノキ科というのも変わっていますね

40541img_0001

A3998img_0001

A4071img_0001

Aa5480img_0001

Aa5320img_0001

Aaa5486img_0001

花のつくりは、外から 萼片×5、花弁×5、仮雄しべ(花粉は出さずに雄しべから花粉を受け取る)×5、雄しべ×10~15、雌しべ×1となっています、その花の大きさは1cm、背丈は15~30cmほどでしたかね。雑草の雰囲気で群れて咲いていますが なかなか見栄えのする花です

B5462img_0001

Ee4089img_0001

Ef5453img_0001

9/19

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆カラスノゴマ 葉の下にうつむき加減に花開く

A3237img_0001

3258img_0001

雌しべを取り巻くように5本ほど長く伸びているのは花粉を出さない仮雄しべ、花粉を出す雄しべは仮雄しべの根元付近に折れ曲がった状態で10本ほど見えています。画像(下)では仮雄しべに花粉が付いていますが この当りいろいろと仕組みがあるようです。

仮雄しべを持っている花にはウメバチソウ、ツユクサなどがあります

カラスノゴマは一年草、多年草のように毎年同じ所で見られるとは限りません、大体2年間ほど同じ所で群生して 後は消えてしまうような気がします

続きを読む "◆カラスノゴマ 葉の下にうつむき加減に花開く"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆烏の胡麻の種

A38240001

Ba38720001

未だ種にはなっていませんが・・・、因みに花と幼い果実の様子です。 毎年のAngle・・・、少しはColorを変えないと

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

◆変わった名前の所以がはっきりしない カラスノゴマ(烏の胡麻)

431010001

A43390001

A46590001

雌しべを抱くように長く伸びている5本は花粉を出さない仮雄しべ、根元の方で上を向いたり花弁を這うようにしている短めの15本が雄しべだそうです

Ab46200001

蕾と開いた花と果実とが見えています、次々と新しい花が開いていくようです。

C46560001

ここ我が裏山麓での開花は少し遅めです、先日天下台山に行ったときは既にみな果実になっていて、今年はもう花は見られないも思っていましたが、間近に咲いていました。あまり聞かないシナノキ科、背丈20cmほど、花の大きさは2cm足らず、葉に隠れるようにして下向きに花を付けるので目立ちません、例年の投稿です。 9/26

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆カラスノゴマ(烏の胡麻)&姫路市街

4444 4499 4467 4424 4385 4386 4427 カラスノゴマの果実です。姫路バイパスと貨物列車が通過する山陽本線。姫路城。姫路市街南部。姫路市海岸線。

因みにこちらがカラスノゴマの花です。あまりメジャーな花ではありませんが、今年は新たに勢力圏を増やしているようです。

Karsu2315

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆カラスノゴマ(烏の胡麻)、カラスの食べるゴマとは何だろう?

4337 44191 4456 4436 この1cmほどの小さな花は、葉の裏に隠れるようにして咲いているので、ちょっと目に付き難いです。画像の花は少し盛りを過ぎている感じですが、花のつくりは 解説によると外側から 萼片5、花弁5、雄しべ10、仮雄しべ5(長い方)、雌しべ1とのことです。もう果実になりかけでいますが、もう少しするとこの果実上方向に姿勢を変えてきます。ところで命名の理由を、色々なサイトで調べてみると 多くが ”種をカラスの食べるゴマに例えて” とありますが、私には いまひとつ意味不明ですですね。またシナノキ科の草花というのも珍しいですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスノゴマ<シナノキ科>

6846 変わった名前の花ですね~、カラスノマゴと間違えているサイトもあるのですよ。花の付き方も変わっていて葉の下に隠れているので、見過ごされることも多いでしょうね。

68521 葉の横から覘いてみると

6864 下からアップにしてみると、なかなか凝った花のようですね

68561 果実も面白そうです。同じ仲間のシナノキは落葉高木ですが、カラスノゴマは一年草とのことです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 アカザ科 キノコ スノーハイキング デジブック トンボ科アカネ属 マチン科 ミツバウツギ科 七種山 七種山縦走 介護関係 八丈岩山 小鳥の鳴き声 山の写真 山歩き 山登り 心と体 昆虫 明神山 果実、種子 樹木 氷ノ山 ブン回し 片山 的場山 結婚式 自然の驚異 花・アカネ科 花・アカバナ科 花・アケビ科 花・アジサイ科 花・アブラア科 花・アブラナ科 花・アヤメ科 花・イチヤクソウ科 花・イネ科 花・イラクサ科 花・イワウメ科 花・イワタバコ科 花・ウコギ科 花・ウマノスズクサ科 花・ウリ科 花・オトギリソウ科 花・オミナエシ科 花・オモダカ科 花・カタバミ科 花・ガガイモ科 花・キキョウ科 花・キク科 花・キツネノマゴ科 花・キョウチクトウ科 花・キンバイザサ科 花・キンポウゲ科 花・クマツヅラ科 花・ケシ科 花・コキンバイザサ科 花・ゴマノハグサ科 花・サクラソウ科 花・サトイモ科 花・ザクロソウ科 花・シソ科 花・シナノキ科 花・ジンチョウゲ科 花・スイカズラ科 花・スイレン科 花・スミレ科 花・セリ科 花・センリョウ科 花・タデ科 花・タヌキモ科 花・ツツジ科 花・ツヅラフジ科 花・ツバキ科 花・ツユクサ科 花・ツリフネソウ科 花・トウダイグサ科 花・トチカガミ科 花・ナス科 花・ナデシコ科 花・ハイノキ科 花・ハエドクソウ 花・ハエドクソウ科 花・ハマウツボ科 花・バラ科 花・ヒガンバナ科 花・ヒメハギ科 花・ヒルガオ科 花・ビャクダン科 花・フウロソウ科 花・ベンケイソウ科 花・ボタン科 花・マチン科 花・マツブサ科 花・マツムシソウ科 花・マメ科 花・ミカン科 花・ミズアオイ科 花・ミソハギ科 花・ミツガシワ科 花・ムラサキ科 花・メギ科 花・モウセンゴケ科 花・モクセイ科 花・ヤマノイモ科 花・ユキノシタ科 花・ユリ科 花・ラン科 花・リンドウ科 花・レンブクソウ科 花・上高地~穂高 7/末 花・大山の花 花・樹木 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 虫こぶ 蜻蛉 蜻蛉・アカネ属 蜻蛉・イトトンボ科 蝶・アゲハチョウ科 蝶・シジミチョウ科 蝶・シロチョウ科 蝶・ジャノメチョウ亜科 蝶・セセリチョウ科 蝶・タテハチョウ亜科 蝶・テングチョウ亜科 蝶・マダラチョウ亜科 裏明神 趣味 野鳥 雪彦山 高山植物