ナンキンハゼ

01aaaaimg_1901s

02abaaimg_2404s

03acaimg_2207s

04cbaimg_2144s

05ccaimg_1781s トウダイグサ科の落葉高木 ナンキンハゼ、紅葉もきれいですが、この白い果実の表面の脂肪を含んだ蝋状物質が美味しいのでしょう、野鳥が寄ってきて啄ばんでいる姿をよく見かけます、そして近くに種を落とすのでしょう。このナンキンハゼ、発芽力・繁殖力がかなり強いようで、この山の麓でも、親木を中心にして どんどん株数を増やしています。ナンキンハゼの森が増えてきそうな気がします

| | | コメント (2)

ナンキンハゼ に席巻されそう

01abimg_5911s 02bbaaimg_5931s 03img_5389s  04caimg_8197s 05dimg_6659s 06eimg_8111s 07faimg_7005s 09fbcimg_6940ss 08fbaimg_6640tttss   10fcimg_6985s トウダイグサ科ナンバンハゼ、15~20mの落葉高木、枝もよく分かれ径5mくらいに広がります、独特の色彩をした秋の紅葉と秋~冬の白い種(果皮が割れ落ち種だけが残る)がとてもきれいで、公園に植えられたり、街路樹として使われたりしています

中国原産で、ハゼの木のように蝋がとれるので 南京櫨、今の時期も薄紅色の若葉と 黄色い穂状の花序がきれいです。この花序はほとんどが雄花で根元に0~3個ほどの雌花を付けています。

ここの山の麓に、今年は伐採されていましたが、高さ15mほどの野生の樹があり、冬には多くの 野鳥が蝋に覆われた種を好んで 啄んでいました。この親木から200mほど山手に歩く間に、なんと50本を超える 0.5~3mほどの幼木が育っているではありませんか。鳥が種を運ぶのでしょうか、これらがそのまま育てば、この辺りはナンキンハゼに席巻され、南京櫨の森となってしまいそうです。発芽率が高く 繁殖力の強い木のようですね。紅葉と白い種できれいな森になるでしょうが、他の植生はどうなるものやらですね

| | | コメント (2)

◆開放されて

Aaimg_6724ht3

蕾の中に折り畳むようにして 閉じ込められていた沢山の雄しべが、萼から開放されて 花糸を目一杯伸ばそうとしています

トウダイグサ科ヤマアイ、雄花です
ヤマアイは日本では最も古くから用いられた染料とされていますが、中国からタデ科アイが入ってきてからは、「青は藍より出でて藍より青し」で(蓼)藍染めに取って代わられたようです

湿った登山道脇などで見かける花ですが、地味で目立たないのであまり気にかけられません

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆シナアブラギリ

Aaimg_8088

Abimg_8020t

Adimg_7040

Bbimg_7253t トウダイグサ科シナアブラギリ。別名オオアブラギリ、よく似たアブラギリより花も実も大きいからです。大きな果実から桐油を採るため昔栽培されていたそうです、灯明油、提灯や番傘の防水、塗料などに使われていた油だそうです。
交流先のブログにきれいな花が投稿されていたので、昔見たのを思い出して近くの山に出かけてみました。15mほどの高木なので咲いているのがよく見えませんが、足元には花柄の根元からきれいに外れた、新しい花が沢山落ちています。最初の画像は麓にたまたま若い低木があったので、咲いている状態を捉えることが出来ました。花の大きさは4cmほどでしたかね  5/13

こちらは桐でもゴマノハグサ科で同じ仲間ではありませんCimg_7451

-

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆小判を沢山ぶら下げる? コバンノキ

01481img_0001

01671img_0001

コバンノキ(小判の木)、葉の形からの命名です、狐さんあたりなら本物として使えるかもね。別にコバンソウ(小判草)というのもありましたね

花の大きさは3mmほどで、雄花と雌花を並べて付けています。木の高さ5mほどになり、小さな花なのでとても 出来ません、でもたまたま背丈ほどのものがあり 花を残していてくれていてラッキーでした。

この木、トウダイグサ科なのですが、このトウダイグサ科は草本のコニキシソウやヤマアイから、木本の樹高10mにもなるシナアブラギリまであるという変わりものです

続きを読む "◆小判を沢山ぶら下げる? コバンノキ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆予想外の花を咲かせる シナアブラギリ、別名オオアブラギリ

35740001

A39460001_2

B39610001

B3977_0001

D35890001_2

D36020001_2

E35670001_2

初冬には こんな果実 を落としていましたが、きれいな花を咲かせるのですね。既に小さい青い果実も付けていますので花期は長いようです。始めて見た花でしたが、予備知識があったので直ぐにシナアブラギリと分かりました。高木(落葉)ですが、花がそのままの形で落ちていますので、下を向いて歩いていても見逃しません。

名前がシナアブラ桐ですが、桐とは別物のトウダイグサ科、  キリ はゴマノハグサ科ですね。

48550001

488010001

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆トウダイグサ

58450001 58440001 58460001

これで花開いているのですかね。前出のヤマアイと同じトウダイグサ科、目立たない花ですね。トウダイは灯台で枝振りが昔の燭台(灯明台)に似ていることからの命名とのこと(画像は花の部分だけですが、全体は沢山の花を付けた規則正しい枝振りをしています)。ドウダンツツジのドウダンも灯台ですがこちらは三本の棒を組んだ燭台ですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ヤマアイ(山藍)

Y266310001 Y266510001 Y506510001_1

蓼藍(タデ科・アイ)に対して山藍です。古く青色の染色に利用されていたそうですが、今は「青は藍より出でて藍より青し」で(蓼)藍染めですね

よく見かける花ですが、地味で目立たないのであまり気にかけられません。画像の花は雌しべが無いので雄花です、別に雌花があるそうです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆オオニシキソウ(大錦草)&コニシキソウ、雑草にしては何と立派な名前が

0504 0505 錦を付けるほど立派な花ではなく、どちらかといえば雑草の部類です。数mmの小さな花で裸眼ではどんな花なのか分かりませんが、写真に撮ってみると果実も付いていますね。この果実はもう少しすると赤くなってくるようです。

↓ こちらはコニシキソウ(小錦草)、草引きをする時 茎が千切れて白い乳液が手について嫌になります。

同じ類によく似た ニシキソウとかハイニシキソウがあるようです。

0902 0896

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 アカザ科 キノコ スノーハイキング デジブック トンボ科アカネ属 マチン科 ミツバウツギ科 七種山 七種山縦走 介護関係 八丈岩山 小鳥の鳴き声 山の写真 山歩き 山登り 心と体 昆虫 明神山 果実、種子 樹木 氷ノ山 ブン回し 片山 的場山 結婚式 自然の驚異 花・アカネ科 花・アカバナ科 花・アケビ科 花・アジサイ科 花・アブラア科 花・アブラナ科 花・アヤメ科 花・イチヤクソウ科 花・イネ科 花・イラクサ科 花・イワウメ科 花・イワタバコ科 花・ウコギ科 花・ウマノスズクサ科 花・ウリ科 花・オトギリソウ科 花・オミナエシ科 花・オモダカ科 花・カタバミ科 花・ガガイモ科 花・キキョウ科 花・キク科 花・キツネノマゴ科 花・キョウチクトウ科 花・キンバイザサ科 花・キンポウゲ科 花・クマツヅラ科 花・ケシ科 花・コキンバイザサ科 花・ゴマノハグサ科 花・サクラソウ科 花・サトイモ科 花・ザクロソウ科 花・シソ科 花・シナノキ科 花・ジンチョウゲ科 花・スイカズラ科 花・スイレン科 花・スミレ科 花・セリ科 花・センリョウ科 花・タデ科 花・タヌキモ科 花・ツツジ科 花・ツヅラフジ科 花・ツバキ科 花・ツユクサ科 花・ツリフネソウ科 花・トウダイグサ科 花・トチカガミ科 花・ナス科 花・ナデシコ科 花・ハイノキ科 花・ハエドクソウ 花・ハエドクソウ科 花・ハマウツボ科 花・バラ科 花・ヒガンバナ科 花・ヒメハギ科 花・ヒルガオ科 花・ビャクダン科 花・フウロソウ科 花・ベンケイソウ科 花・ボタン科 花・マチン科 花・マツブサ科 花・マツムシソウ科 花・マメ科 花・ミカン科 花・ミズアオイ科 花・ミソハギ科 花・ミツガシワ科 花・ムラサキ科 花・メギ科 花・モウセンゴケ科 花・モクセイ科 花・ヤマノイモ科 花・ユキノシタ科 花・ユリ科 花・ラン科 花・リンドウ科 花・レンブクソウ科 花・上高地~穂高 7/末 花・大山の花 花・樹木 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 虫こぶ 蜻蛉 蜻蛉・アカネ属 蜻蛉・イトトンボ科 蝶・アゲハチョウ科 蝶・シジミチョウ科 蝶・シロチョウ科 蝶・ジャノメチョウ亜科 蝶・セセリチョウ科 蝶・タテハチョウ亜科 蝶・テングチョウ亜科 蝶・マダラチョウ亜科 裏明神 趣味 野鳥 雪彦山 高山植物