◆テングチョウ

Img_0710

Img_0696t

Img_0749ht

テングチョウ、春先には沢山姿を見せていましたが、5月に入ってあまり見かけなくなりました。暑さに弱いようで夏には一旦姿を消し、秋にまた姿を見せることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆テングチョウ part 2

愛嬌顔のテングチョウ、翅の模様も鮮やかで ついカメラを向けてしまいます

0301img_0001 枯れ枝にカムフラージュ

29721img_0001 前翅裏面にはオレンジ紋が

65571img_0001 後翅も光線によってオレンジ紋が透けて見えます

0675img_0001 翅表の鮮やかなオレンジ紋です

おまけです

4283img_0001

4319img_0001 目でも入れたい雰囲気です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆テングチョウ、その高い鼻の容姿から

64571img_0001 蝶の中では変わった顔立ち、その尖った鼻(実際はパルピと呼ばれる下唇髭)の形から天狗蝶です

64843img_0001

65121img_0001

65202img_0001 上手いこと頭上に止まってくれ翅が透けてきれいでしたが、慌ててしまい上手く撮れませんでした。集団発生したのでしょうかね、地面では数頭がかたまって日向ぼっこをしていました。  6/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆天狗の風貌か テングチョウ

蝶の中ではちょっと変わった風貌の持ち主、鼻を尖らせた顔付きに愛嬌があり(実際は鼻ではないそうですが)、そして翅の形と褐色地に鮮やかなオレンジ紋の翅表にも個性があり、私の好きな蝶のひとつ、ついを向けたくなってしまいます

Teng8917img_0001

Teng89521img_0001

Teng79751img_0001

Teng56601img_0001

Teng56461img_0001

Teng28971img_0001

前翅長2~3cm、この蝶も舞うという雰囲気は無く高速直線飛行の部類です。少し前の画像でして、この蝶8月は夏眠中のようです

続きを読む "◆天狗の風貌か テングチョウ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆山裾で姿を見せ始めた アサギマダラ

39313img_0001 1000kmをも越える 旅 をする固体も確認にされていて その行動に謎の多いアサギマダラ、涼しくなって一週間ほど前から地元西播磨の山裾でも上空をふわふわと優雅に舞う姿を見せ始めていました。 のチャンスはないものかと気にしていましたが、今日10/17やっと静止状態のものに出合えました これは♂さんです、後翅裏腹側先端に性標が見えています。今度はヒヨドリバナ、セイタカアワダチソウ等で吸蜜中のところに出合いたいものです

41672img_0001

こちらはテングチョウ、この蝶も暑い夏は姿を隠しているようですが、 秋の気配になって 久しぶりに姿を見かけました

41861img_0001

4158img_0001

ムラサキシジミ、陽射しに誘われてか 久しぶりに翅表を見せてくれました、でも木の葉の影が邪魔です

続きを読む "◆山裾で姿を見せ始めた アサギマダラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆姿を現し始めた テングチョウ

94470001 945010001

94520001 93980001

なんだか愛嬌のあるテングチョウです、ヒラヒラと舞うことはなく素早く高く飛び立ってしまいます。春先に姿を見せて、夏の間は見かることがなく、秋になってまた姿を見せるようになりますが、孵化するのは6~7月の年一回、暑い夏はお休みで 秋になって活動を開始、成虫で越冬して春先にまた飛びだすようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆12月の蝶たち・その2

56591img_0001 5723img_0001 58511img_0001 58971img_0001 12/12 広峰山、この日も暖かい一日でした。今の時期 蝶も少し寝ぼけ気味かな。

キタテハにテングチョウです。テングチョウは暫し飛び回った後 テイカカズラの葉の中にもぐりこんで動かなくなりました、もしかすると越冬態勢かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆小春日和の蝶たち(2)-テングチョウ亜科、マダラチョウ亜科

Koharuteng892711_04 Koharuteng985811_06 Koharuteng859511_02 テングチョウです、この変わった容姿?と翅模様、特に日光に透けた時の翅裏が なかなかgoodです。テングチョウは日本では一種のみ、タテハチョウ科の亜科の一つとして分類されています(テングチョウ科の分類は昔のことのようです)、成虫越冬組です。

Koharuasa721410_27 Koharuasa72181310_27

こちらはお馴染みのアサギマダラ、10/27の です、この蝶一体どこで越冬するのやら。こちらはタテハチョウ科マダラチョウ亜科です、マダラチョウ科に分類しているケースも見かけますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆テングチョウ(天狗蝶)、クロコノマチョウ(黒木間蝶)、再び三度

夏場なかなか姿を見せなかったテングチョウ、クロコノマチョウですが、秋口になってよく目にするようになりました。

Tengu365610_16 Tengu364610_16 Tengu370910_16 Tengu401910_17 こちらテングチョウ、久し振りに翅表も見せてくれました。尖った顔と、日光に透ける黄色の紋がいいですね~

こちらクロコノマチョウ、やはり翅表は見せてくれません。飛んでいって止まったと思しきところに近寄ってみても、枯葉もどきでなかなか見付かりません。

Kurokonoma390110_16 Kurokonoma130310_08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆テングチョウ(天狗蝶)Part2、変わった面構え

Tengu355306_23 Tengu69481 一度、二度と 目にした時は変わった頭の格好をしているな~、正体不明、蛾?しかし触覚の形は蝶、では珍種??

Tengu7879 以後時々見かけるのだが とにかく敏感で人の気配を感じると直ぐに高く舞い上がってしまい、微塵も翅表を見せない。

Tengu5391_2 Tengu5395_2 他の蝶の同定のためNET図鑑を繰っていると、なんと特徴のある頭部が載っているではありませんか。そのうち実物蝶さんも翅模様を垣間見せてくれました。

↓ これは再掲画像、横から眺めて一体何蝶?と悩んでいた その前に、既に翅表を収めて同定済の一件でした。しかし上から眺めると頭部の特徴が目立ちませんねえ。

テングチョウ亜科、頭部の形から天狗ですか、前翅長3cmほどありましたかね。

Tengu153903_17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 アカザ科 キノコ スノーハイキング デジブック マチン科 七種山 七種山縦走 介護関係 八丈岩山 小鳥の鳴き声 山の写真 山歩き 山登り 心と体 昆虫 明神山 果実、種子 樹木 氷ノ山 ブン回し 片山 的場山 結婚式 自然の驚異 花・アカネ科 花・アカバナ科 花・アケビ科 花・アブラア科 花・アブラナ科 花・アヤメ科 花・イチヤクソウ科 花・イネ科 花・イラクサ科 花・イワウメ科 花・イワタバコ科 花・ウコギ科 花・ウマノスズクサ科 花・ウリ科 花・オトギリソウ科 花・オミナエシ科 花・オモダカ科 花・カタバミ科 花・ガガイモ科 花・キキョウ科 花・キク科 花・キツネノマゴ科 花・キョウチクトウ科 花・キンバイザサ科 花・キンポウゲ科 花・クマツヅラ科 花・ケシ科 花・コキンバイザサ科 花・ゴマノハグサ科 花・サクラソウ科 花・サトイモ科 花・ザクロソウ科 花・シソ科 花・シナノキ科 花・ジンチョウゲ科 花・スイカズラ科 花・スイレン科 花・スミレ科 花・セリ科 花・センリョウ科 花・タデ科 花・タヌキモ科 花・ツツジ科 花・ツヅラフジ科 花・ツリフネソウ科 花・トウダイグサ科 花・トチカガミ科 花・ナス科 花・ナデシコ科 花・ハイノキ科 花・ハエドクソウ 花・ハエドクソウ科 花・ハマウツボ科 花・バラ科 花・ヒガンバナ科 花・ヒメハギ科 花・ヒルガオ科 花・ビャクダン科 花・フウロソウ科 花・ベンケイソウ科 花・ボタン科 花・マチン科 花・マツブサ科 花・マツムシソウ科 花・マメ科 花・ミカン科 花・ミズアオイ科 花・ミソハギ科 花・ミツガシワ科 花・ムラサキ科 花・メギ科 花・モウセンゴケ科 花・モクセイ科 花・ヤマノイモ科 花・ユキノシタ科 花・ユリ科 花・ラン科 花・リンドウ科 花・レンブクソウ科 花・上高地~穂高 7/末 花・大山の花 花・樹木 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 蜻蛉 蜻蛉・アカネ属 蝶・アゲハチョウ科 蝶・シジミチョウ科 蝶・シロチョウ科 蝶・ジャノメチョウ亜科 蝶・セセリチョウ科 蝶・タテハチョウ亜科 蝶・テングチョウ亜科 蝶・マダラチョウ亜科 裏明神 趣味 野鳥 雪彦山 高山植物