ナミアゲハ

01abimg_5720sca

02abimg_5760s

03acimg_5764s

04adaimg_5727s

05bbimg_5779s

06img_7872t4s

アゲハチョウ科アゲハチョウ、科を代表するアゲハチョウですが ちょっと紛らわしいので ナミアゲハと呼ばれています、並ではちょっと可哀そうな気もしますがね。ママコノシリヌグイに吸密に訪れています

| | | コメント (4)

◆キアゲハなど

Aimg_4001t

続きを読む "◆キアゲハなど"

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆一目瞭然 モンキアゲハ

Aaimg_9585ht黒系のアゲハチョウには、クロアゲハ、カラスアゲハ、ジャコウアゲハ等々がおり、見るアングルによっては同定が紛らわしいですが、このモンキアゲハは翅表の白紋がはっきりしているので、飛んでいる時でもモンキアゲハと直ぐに分かります

続きを読む "◆一目瞭然 モンキアゲハ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆蝶々たち

Aaaaimg_1571th

Aaaaimg_1565th

Aaabimg_1684

Aaabimg_6165

Aaacimg_7789th

Aaacimg_7804th

Aaaimg_1836thtc

Aaaimg_1850t2

Aaaimg_4618

Aaaimg_4630
・枯ススキの上でポーズを取ってくれるお馴染みツマグロヒョウモン
・保護色アベマキの木肌がお好みのサトキマダラヒカゲ
・ジャコウアゲハ、この辺りにお好みのオオバウマノスズクサでもあるのか 飛び去ることはありません
・二頭で辺りを飛び回っているのもジャコウアゲハかな?
・イヌザンショウに興味を示し産卵の真似事はカラスアゲハ?、卵はありませんでしたが

続きを読む "◆蝶々たち"

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆アゲハチョウの代表格なれどナミアゲハとは

Aaaimg_9592tht

続きを読む "◆アゲハチョウの代表格なれどナミアゲハとは"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆里山を飛ぶアゲハの主 モンキアゲハ

Aaimg_0515h

続きを読む "◆里山を飛ぶアゲハの主 モンキアゲハ"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆アゲハの中ではシャッターチャンスの多い キアゲハ

Abimg_5730

続きを読む "◆アゲハの中ではシャッターチャンスの多い キアゲハ"

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆明神山で蝶と遊ぶ・9/2

6942img_0001 少し涼しさを感じて 久しぶりに明神山へ、でも山中での登りは風もなく酷暑でした

6678img_0001先ずは 山裾で出合ったアオバセセリ、活動時間帯でないのか 葉の裏にじっと止まっています。人の気配を感じて飛び立っても、まるで蛾のようにすぐ近くの葉の裏に止まります。前翅長3cm弱、幼虫の食草はアワブキ、そういえば同じアワブキを食草とするスミナガシを最近明神山で目にしませんね~

7130img_0001 頂上13:00、夏空です、登山者一人のみ、すぐに下山にかかられました。昼食後あと誰も登ってこないので、数匹で縄張り争いをしているナミアゲハ、キアゲハ、ツマグロヒョウモンと暫し遊んでいました

Aa73201img_0001

Aa73481img_0001

Ab71971img_0001

Ab72161img_0001

Abb77591img_0001

Ac73732img_0001

Ac72541img_0001

Ac73771img_0001

Ac73881img_0001

As73701img_0001 アゲハチョウ科アゲハチョウです、紛らわしいのでナミアゲハと呼ばれることもあります。アゲハチョウの中ではどちらかといえば地味な目立たない蝶ですが、よく見るときれいな精巧な模様を持っています  
これはキアゲハ でした、今の時期ナミアゲハと色合いがよく似ていますが、前翅表の付け根の頭側の模様(三角形部分)が、ベタ模様はキアゲハ、縞模様は ナミアゲハ(アゲハチョウ) です

Ta72841img_0001

Ta77981img_0001

Ta8002img_0001

Taa77532img_0001

Tbb72731img_0001

Tc72401img_0001

Tcc72511img_0001

Td8060img_0001 ツマグロヒョウモンです、ベニバナボロギクで吸蜜しています。ここでは♂ばかり、♀さんは同じ種と思えないような模様をしています

8102img_0001

8143img_0001

8147img_0001 下山途中雷さんと雨に見舞われました、最近特有の雨の境目を見ることが出来る降り方のようです

82001img_0001

8221img_0001 ダイミョウセセリです、必ずといっていいほど翅を開いて止まります、食草はヤマノイモ。関西型なので後翅表に白帯が入っていますが、関東型はこの白帯がないとのことです

82461img_0001 最後にヤマトシジミです
写真に撮れませんでしたが黄色の蝶や黒いアゲハも見かけました

この日は雨上がりで、干上がっていたヤマヒルが活気づき、一度に数匹が足元に忍び寄ってくるところもありましたが 「ヒルまず進め」 のお陰で被害に遭わずにすみました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆アゲハチョウ3態

7月の撮り溜め画像も含まれています

Cc6917himg_0001_2

Db68241himg_0001

Db68271himg_0001

Db68311h2img_0001

A6858himg_0001 アオスジアゲハです、アゲハチョウの仲間には黒っぽい色をしたものが多いですが、このアオスジアゲハの鮮やかな薄青色はとても目を引きます。前翅長4cmほどでアゲハチョウの仲間では小型の部類です。アオスジアゲハと同属にミカドアゲハがいますが、地域限定種のようで 簡単に出会うことは出来ないようです

67631img_0001

6766himg_0001

アゲハチョウ=ナミアゲハです。種名がアゲハチョウですが、アゲハチョウ科の総称にとられる可能性があるので、ナミアゲハとも呼ばれています。オニユリで吸蜜中、7月下旬のことです

7579img_0001

33171himg_0001 モンキアゲハです。後翅の白紋を見せてくれると種名がはっきりします。この白い紋はやがて黄色になってくるそうです

19261img_0001

17411img_0001

39871img_0001 これはカラスアゲハでしょうか。ミヤマカラスアゲハとよく似ていて、どちらも翅表はきれいな金属光沢を放つので 見分けに困ります。でも翅表裏の白帯の入り方に少し差があり、そこでなんとか見分けることが出来るようです。なお3枚目の画像は上2枚とは別固体です

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆ミヤマカラス、集団で吸水中

Aaa67641img_0001

Aaa6746img_0001

Aac67831img_0001

Aac67401img_0001

A65903img_0001

A66171img_0001

Abc65907img_0001 黒いアゲハチョウにはクロアゲハ、モンキアゲハ、ジャコウアゲハなどがいて、見分けが難しいことがあります、特にカラスアゲハとミヤマカラスはよく似ていて紛らわしいです。上の画像の右手前の2頭のように後翅裏面に弧状の白帯が入っているのはミヤマカラスで間違いないようです、でもミヤマカラスの中にも この弧状白帯がない固体がいるのでややこしいです。

B66251img_0001

C67131img_0001 蝶の吸水行動は、以前にも一度投稿したことがありますが、口吻で水を吸いながら 同時にお尻から数秒おきに吸った水を排出しています。アゲハチョウなどはかなりの水を吸水・排出していますが、その目的は水に含まれるミネラルを吸収しているとも、身体を冷やしているとも言われています。

C66141img_0001

C6677img_0001 蝶の中で一番きれいに輝くという人もいる その青色系の金属光沢は 光線の状態によって色合いが変わって見えます。

Cc6788img_0001 ミヤマカラスに交じってナガサキアゲハも と思ったのですが、どうも尾状突起の取れたクロアゲハのようですね、他にカラスアゲハも交じって吸水しているかもしれません。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 アカザ科 キノコ スノーハイキング デジブック トンボ科アカネ属 マチン科 ミツバウツギ科 七種山 七種山縦走 介護関係 八丈岩山 小鳥の鳴き声 山の写真 山歩き 山登り 心と体 昆虫 明神山 果実、種子 樹木 氷ノ山 ブン回し 片山 的場山 結婚式 自然の驚異 花・アカネ科 花・アカバナ科 花・アケビ科 花・アジサイ科 花・アブラア科 花・アブラナ科 花・アヤメ科 花・イチヤクソウ科 花・イネ科 花・イラクサ科 花・イワウメ科 花・イワタバコ科 花・ウコギ科 花・ウマノスズクサ科 花・ウリ科 花・オトギリソウ科 花・オミナエシ科 花・オモダカ科 花・カタバミ科 花・ガガイモ科 花・キキョウ科 花・キク科 花・キツネノマゴ科 花・キョウチクトウ科 花・キンバイザサ科 花・キンポウゲ科 花・クマツヅラ科 花・ケシ科 花・コキンバイザサ科 花・ゴマノハグサ科 花・サクラソウ科 花・サトイモ科 花・ザクロソウ科 花・シソ科 花・シナノキ科 花・ジンチョウゲ科 花・スイカズラ科 花・スイレン科 花・スミレ科 花・セリ科 花・センリョウ科 花・タデ科 花・タヌキモ科 花・ツツジ科 花・ツヅラフジ科 花・ツバキ科 花・ツユクサ科 花・ツリフネソウ科 花・トウダイグサ科 花・トチカガミ科 花・ナス科 花・ナデシコ科 花・ハイノキ科 花・ハエドクソウ 花・ハエドクソウ科 花・ハマウツボ科 花・バラ科 花・ヒガンバナ科 花・ヒメハギ科 花・ヒルガオ科 花・ビャクダン科 花・フウロソウ科 花・ベンケイソウ科 花・ボタン科 花・マチン科 花・マツブサ科 花・マツムシソウ科 花・マメ科 花・ミカン科 花・ミズアオイ科 花・ミソハギ科 花・ミツガシワ科 花・ムラサキ科 花・メギ科 花・モウセンゴケ科 花・モクセイ科 花・ヤマノイモ科 花・ユキノシタ科 花・ユリ科 花・ラン科 花・リンドウ科 花・レンブクソウ科 花・上高地~穂高 7/末 花・大山の花 花・樹木 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 虫こぶ 蜻蛉 蜻蛉・アカネ属 蜻蛉・イトトンボ科 蝶・アゲハチョウ科 蝶・シジミチョウ科 蝶・シロチョウ科 蝶・ジャノメチョウ亜科 蝶・セセリチョウ科 蝶・タテハチョウ亜科 蝶・テングチョウ亜科 蝶・マダラチョウ亜科 裏明神 趣味 野鳥 雪彦山 高山植物