群れて飛び続ける ウスバキトンボ

01aaaimg_7053sc2ts

02bbaaaimg_7301sct22s

03bbaaimg_7271sct221s

04bbabaimg_7288ts

05bcaimg_7300ts

06bcimg_7293scs

07eaaaimg_7203s

08ebaimg_7127s

 

10ebkimg_7139s

11ebmaimg_7170s

12ecaimg_7090s

13ecimg_7112s

トンボ科ウスバキトンボ、別名精霊蜻蛉です。いま田圃や公園などで群れをつくって ず~と飛び続けているのはこのウスバキトンボです。南西諸島で羽化し、海を渡って4~11月にかけて北上、その途中で世代を繋ぐ産卵羽化がおこなわれ、3世代にわたり種を繋いで 北の果てで命尽きるそうです

体長50mmほどの中型トンボ、紋入りの透明な翅がきれいですね。飛び続けてなかなか止まってくれませんので、静止画像をとるにはタイミングが必要です

| | | コメント (4)

大変紛らわしいですが オオアオイトトンボ(♀)ですかね

01aaaaimg_4253sts

02aaaimg_4274scts

03abimg_4244scts

04adaimg_4310sts

05adimg_4326sts

06aeimg_4377s

07aeimg_4418s

08afimg_4293scs

09baimg_4214skts

10baimg_4218scts

11bbimg_4274sct2s

12bcimg_4253ss

アオイトトンボ科アオトンボ属のオオアオイトトンボ、アオイトトンボ、コバネアオイトトンボ 3兄弟は大変よく似ていて、成長過程や♂♀がらみもあって  にわかトンボファンにとっては困難至極です

アオイトトンボ属は、緑色の金属的な光沢をした、イトトンボ科の仲間より少し大きくて、翅を開いて止まる という特徴を持った仲間です

さて3姉妹の識別の一番のポイントは、翅胸側面の緑色部分(画像では黒く見えている)の翅側先端が鍵型に下方に伸びて 第2側縫線に届くか届かないかです(これが分かり難いのですがね)、オオアオイトトンボは2mmほどの幅をもって下方に伸びて第2側縫線に届いています、アオイトトンボは線ほどの幅で届いています、コバネアオイトトンバは全く届いていません(鍵型になっていない)。あと粉を吹くとか、産卵管がどうとかあるようですがね。オオアオイトトンボはアオオトトンボより少し大きいですが、両者を並べて比較しないとわかりませんね

私的には オオアオイトトンボの複眼はグリーン系、アオオトトンボはブルー系、でも成長過程で変わるのかな?

ため池から少し離れた樹林の日陰に1~2匹、画像はおそらく同一個体、全長40~50mm、アオイトトンボは35~45mm

| | | コメント (2)

ひらひらと舞う蜻蛉 チョウトンボ

01aaimg_2599cs

02acimg_2583tcs

03bbaaimg_2697s

04ccimg_2757ts

05ceimg_2657s

06daimg_2170cs

07daimg_2633s

08ddimg_2136ts タイワンウチワトンボとは相性がいいようですね

トンボ科チョウトンボ、普通のトンボとはちょっと雰囲気が違います、一つには蝶のように ひらひらと舞っていることが多いです、これが名前の由来にもなっていますがね、また前翅に比べて 後翅の幅がかなり広くなっています、そして金属的な光沢をもつ紫系の翅の色です、この翅は光線の当たり方によって虹のように変化してとてもきれいです

| | | コメント (2)

トンボも熱中症対策

01img_2403ts

02img_2470s

03img_2476s あ~あ疲れた

トンボの熱中症対策、尻尾を太陽に向けて逆立ちして 身体に当たる日差しの面積を減らすのだとか、この姿勢オベリクスというそうです

このトンボはタイワンウチワヤンマですが、ほとんどのトンボが逆立ちをします

| | | コメント (4)

急流の側で ミルンヤンマに

Aaimg_0910tcs

01img_0909s

02img_0916s

ヤンマ科ミルンヤンマ、体長70~75mm、ヤンマの仲間では小中型の方です、日本特産種でですが  明治時代日本で活躍した英国の地質学者ミルンに敬意を表して名前に冠されています。そういえば リスアカネの リスも外国の学者さんの名前ですね

画像の個体は羽化直後の様子、未だ飛び立つことが出来ません、成熟すると大きな複眼の色が淡い緑色に変わり、また胸部背中の模様も少し変わった雰囲気に見えてきます

山地の渓流際で見かけましたが、幼虫はこの急流の中で 石などにしがみついて 餌を捕獲しながら 2~3年過ごすそうです

急流と言えば、ムカシトンボもかってこの近くで見たことがありますが、幼虫は同じような環境に育つのですね。またニホンカワトンボが近くのこの急流に潜って産卵しているのを見たこともあります

 

| | | コメント (2)

全身真っ赤な ショウジョウトンボ

01aaaaimg_9341ts 02abaaimg_9401ts 03abcaacimg_9512s 04bbaimg_9329t2s  06bbcimg_9548s 07img_6830tss

トンボ科ショウジョウトンボ、♂さんは全身が真っ赤になります、でも赤とんぼの仲間(アカネ属)ではありません。赤とんぼの仲間アキアカネなども真っ赤になりますが、全身とはいきません、また赤くなるのは秋に入ってからですが、ショウジョウトンボは8月にはすでに真っ赤です、翅の付け根にオレンジ色の模様が入っています。これは♂さんの話で、♀さんの身体は赤くはならず薄茶色をしています

名前の由来の、猩猩は架空の動物で能で演じられる時は真っ赤な衣装を着けて踊るので、赤の代名詞になっています

| | | コメント (4)

撮り易い蜻蛉 ウチワヤンマ

01aaaaimg_6768ts 02aaabimg_6782s 03aaacimg_6761s 04aaadimg_6791s 05aabimg_6821t2s 06abcimg_6800t2s 07acdimg_6992ts

サナエトンボ科ウチワヤンマ、名前にヤンマが付きますがヤンマ科の仲間ではありません。腹部の先の方(第8節)にある 半円状の突起を 団扇に見立てての命名、その団扇の中央部分に黒色に囲われた黄色の斑点があります、全長8cmほど

池の枯れ枝などに止まっていることが多く、ライバルが現れるとスクランブル発進して縄張り内に入れないように追っ払うが、それが済むとまたもとの位置に戻ってきます、ヤンマの仲間のように長く飛び続けることはないようです

よく似た仲間にタイワンウチワヤンマがいますが、こちらのウチワ部には黄色い斑点がありません。このエリアでも一緒に飛んでいます

| | | コメント (2)

撮り易い蜻蛉 モノサシトンボ

01ccaaimg_6172s 02cdimg_6383s 03cdimg_6112s 04ddaimg_6259s 06ddimg_6350s 07bbimg_6213s 07dcaimg_6308s 08dcimg_6316ts

モノサシトンボ科モノサシトンボ、全長5cmほど、身体に物差しのように 目盛りが入っています、水色ぽいのが♂さん、薄茶色ぽいのが♀さんです

池から少し離れた草叢や 林の縁で普通に見ることが出来、葉などに止まっていることが多く、飛び立ってもすぐ近くに止まるので、撮影向きのトンボちゃんです、上手く撮れるかどうかは別ですけれどね

  

| | | コメント (2)

◆ハグロトンボ

Bbaimg_6645

Bbbimg_6648_1

Bbbimg_6679

Bbbimg_6680

Bbbimg_6681

Bbcimg_6666

Bbdaimg_0607

Bbdbimg_0605

Bbimg_9050

Bcimg_8926th

Dbcimg_8980メタリックな腹部の色が光線によって、空色系~緑色系に変化して見えます

カワトンボ科ハグロトンボ、翅を閉じている状態で見ると 均翅亜科の部類だということがよく分かりますね
少し日陰の湿度の高いところでよく見かけます、我が家の周辺にも数年棲み着いている 1~2頭がいます
人に敏感な種で、3mまで近づくと必ずヒラヒラと少し先に逃げる、この繰り返しです、ヒメヒカゲ(蝶)と同じ、追いかけては駄目です、

| | | トラックバック (0)

◆ウチワヤンマ、ショウジョウトンボ

溜池の周辺には、前出のチョウトンボを初め、ウチワヤンマ、ショウジョウトンボが飛び交っています、今年はチョウトンボは初めて姿を見せましたが、ギンヤンマは何故か姿を見せていません

Abbimg_0790t_2

Abbimg_0808t

Abbimg_9397t2

Babaimg_7626tht

Babbimg_7929ht2名前にヤンマと入っていますが、サナエトンボ科のウチワヤンマです、お腹に団扇様の突起を付けてのネーミングです
ここでは南方系のタイワンウチワヤンマ(上の3画像)と混在しているようです

Bbbimg_7798th

Bbbimg_7899t

Bbcimg_7557t

Bcaimg_7947tht

Bccimg_7968tht_2トンボ科ショウジョウトンボ、縁紋も含めて全身真っ赤になります。でも分類はショウジョウトンボ属、いわゆる赤とんぼ’(アカネ属)の仲間ではありません

| | | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

その他 アカザ科 キノコ スノーハイキング デジブック トンボ科アカネ属 マチン科 ミツバウツギ科 七種山 七種山縦走 介護関係 八丈岩山 小鳥の鳴き声 山の写真 山歩き 山登り 心と体 昆虫 明神山 果実、種子 樹木 氷ノ山 ブン回し 片山 的場山 結婚式 自然の驚異 花・アカネ科 花・アカバナ科 花・アケビ科 花・アジサイ科 花・アブラア科 花・アブラナ科 花・アヤメ科 花・イチヤクソウ科 花・イネ科 花・イラクサ科 花・イワウメ科 花・イワタバコ科 花・ウコギ科 花・ウマノスズクサ科 花・ウリ科 花・オトギリソウ科 花・オミナエシ科 花・オモダカ科 花・カタバミ科 花・ガガイモ科 花・キキョウ科 花・キク科 花・キツネノマゴ科 花・キョウチクトウ科 花・キンバイザサ科 花・キンポウゲ科 花・クマツヅラ科 花・ケシ科 花・コキンバイザサ科 花・ゴマノハグサ科 花・サクラソウ科 花・サトイモ科 花・ザクロソウ科 花・シソ科 花・シナノキ科 花・ジンチョウゲ科 花・スイカズラ科 花・スイレン科 花・スミレ科 花・セリ科 花・センリョウ科 花・タデ科 花・タヌキモ科 花・ツツジ科 花・ツヅラフジ科 花・ツバキ科 花・ツユクサ科 花・ツリフネソウ科 花・トウダイグサ科 花・トチカガミ科 花・ナス科 花・ナデシコ科 花・ハイノキ科 花・ハエドクソウ 花・ハエドクソウ科 花・ハマウツボ科 花・バラ科 花・ヒガンバナ科 花・ヒメハギ科 花・ヒルガオ科 花・ビャクダン科 花・フウロソウ科 花・ベンケイソウ科 花・ボタン科 花・マチン科 花・マツブサ科 花・マツムシソウ科 花・マメ科 花・ミカン科 花・ミズアオイ科 花・ミソハギ科 花・ミツガシワ科 花・ムラサキ科 花・メギ科 花・モウセンゴケ科 花・モクセイ科 花・ヤマノイモ科 花・ユキノシタ科 花・ユリ科 花・ラン科 花・リンドウ科 花・レンブクソウ科 花・上高地~穂高 7/末 花・大山の花 花・樹木 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 虫こぶ 蜻蛉 蜻蛉・アカネ属 蜻蛉・イトトンボ科 蝶・アゲハチョウ科 蝶・シジミチョウ科 蝶・シロチョウ科 蝶・ジャノメチョウ亜科 蝶・セセリチョウ科 蝶・タテハチョウ亜科 蝶・テングチョウ亜科 蝶・マダラチョウ亜科 裏明神 趣味 野鳥 雪彦山 高山植物