◆子蜘蛛が母蜘蛛の乳を吸っているかのよう ジョロウグモの交尾

まあグロテスクなジョロウグモのことですから、不向きな方は画像をクリックしないで下さいね

46950001_8 Ab47230001_9 Abc47180001_4

抜殻からみて脱皮を終えたところと思えるメスがいて、そのメスの様子を窺うようにして、オスがメスの足先をくぐって腹の下に潜り込んでいきます

Bc47000001_2 Bc47210001 Bd47260001

そしてオスは口先の交換器である触肢で、メスの腹部辺りの生殖口を一生懸命攻めています(いかにも子供クモが母親の乳を吸っているような雰囲気です)。30秒ほど攻めると、一端メスの足先から抜け出して、10秒ほど息を入れて再びメスの腹の元に潜り込んで攻撃を始めます。その攻めたり一息入れたりの行為を繰り返し行っていました。

秋になるとメスはオスの3倍くらいの大きさになり、メスは自分でつくった巣の中央にでんと構え、その巣の端っこの方に1~3匹のオスが居候しています。オスは交尾を狙っているわけですが、うかつに接近するとメスに捕餌されてしまいます、それでメスが脱皮した時とか、餌を食べている時の捕餌されないタイミングを狙って交尾を迫るそうです。 尚このクモは卵で越冬、春に孵化、秋に成熟し、産卵後は死ぬという一年の命のようです。

      

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 アカザ科 キノコ スノーハイキング デジブック トンボ科アカネ属 マチン科 七種山 七種山縦走 介護関係 八丈岩山 小鳥の鳴き声 山の写真 山歩き 山登り 心と体 昆虫 明神山 果実、種子 樹木 氷ノ山 ブン回し 片山 的場山 結婚式 自然の驚異 花・アカネ科 花・アカバナ科 花・アケビ科 花・アジサイ科 花・アブラア科 花・アブラナ科 花・アヤメ科 花・イチヤクソウ科 花・イネ科 花・イラクサ科 花・イワウメ科 花・イワタバコ科 花・ウコギ科 花・ウマノスズクサ科 花・ウリ科 花・オトギリソウ科 花・オミナエシ科 花・オモダカ科 花・カタバミ科 花・ガガイモ科 花・キキョウ科 花・キク科 花・キツネノマゴ科 花・キョウチクトウ科 花・キンバイザサ科 花・キンポウゲ科 花・クマツヅラ科 花・ケシ科 花・コキンバイザサ科 花・ゴマノハグサ科 花・サクラソウ科 花・サトイモ科 花・ザクロソウ科 花・シソ科 花・シナノキ科 花・ジンチョウゲ科 花・スイカズラ科 花・スイレン科 花・スミレ科 花・セリ科 花・センリョウ科 花・タデ科 花・タヌキモ科 花・ツツジ科 花・ツヅラフジ科 花・ツリフネソウ科 花・トウダイグサ科 花・トチカガミ科 花・ナス科 花・ナデシコ科 花・ハイノキ科 花・ハエドクソウ 花・ハエドクソウ科 花・ハマウツボ科 花・バラ科 花・ヒガンバナ科 花・ヒメハギ科 花・ヒルガオ科 花・ビャクダン科 花・フウロソウ科 花・ベンケイソウ科 花・ボタン科 花・マチン科 花・マツブサ科 花・マツムシソウ科 花・マメ科 花・ミカン科 花・ミズアオイ科 花・ミソハギ科 花・ミツガシワ科 花・ムラサキ科 花・メギ科 花・モウセンゴケ科 花・モクセイ科 花・ヤマノイモ科 花・ユキノシタ科 花・ユリ科 花・ラン科 花・リンドウ科 花・レンブクソウ科 花・上高地~穂高 7/末 花・大山の花 花・樹木 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 虫こぶ 蜻蛉 蜻蛉・アカネ属 蜻蛉・イトトンボ科 蝶・アゲハチョウ科 蝶・シジミチョウ科 蝶・シロチョウ科 蝶・ジャノメチョウ亜科 蝶・セセリチョウ科 蝶・タテハチョウ亜科 蝶・テングチョウ亜科 蝶・マダラチョウ亜科 裏明神 趣味 野鳥 雪彦山 高山植物