ムスジイトトンボ ♂&♀

イトトンボ科クロイトトンボ属ムスジイトトンボ ♂&♀さんです

01aaaimg_5555s

02aabimg_6351s

03abcimg_4935s

04adeaimg_6316s

05adeimg_6286s

06adkaimg_6302s

07aeeaaimg_5698s

08aeebimg_5583sct3s ♂さん♀さん共に、胸部肩縫線にある両サイドの条(♂は黒色、♀は褐色)に筋は入っていません、♂さんの眼後紋は小さめで、後頭線は入っていません

-09afaimg_5025scts

10afbimg_5025sct3sこちらの♂さんの肩縫線の黒条に わずかに筋がはいっています、セスジイトトンボ♂さん 似ていて紛らわしいです 。この番の♀さんは明らかにムスジイトトンボです、セスジの♀さん は肩縫線の褐色の条に明らかに筋が入っていますので

 

 

| | コメント (0)

ムスジイトトンボ(♀)

01bbaaimg_6634as

02bbimg_6471scts

03bbimg_6537sts

04abbaimg_6559s

05abbbimg_6516a2s

06abcaimg_6537s

07abcimg_6498s

08abeimg_6400s

09abimg_6542s

10bbimg_6542scts

11ccimg_6516sct3s

イトトンボ科クロイトトンボ属ムスジイトトンボ(♀)さんです、前出のきれいな水色をした♂さんに比べると 地味な色合いをしています

♂さんの場合 同じクロイトトンボ属の仲間セスジイトトンボとよく似ていて紛らわしいですが、♀さんの場合は分り易いようです、胸部の 肩縫線部にある黒条に筋が入るか入らないかで識別しますが、ムスジには筋は入りませんが セスジにははっきりと筋が入っているのが分かります。そしてムスジの眼後紋は小さめで、後頭線はありません

 

| | コメント (2)

ムスジイトトンボ(♂)

01bbacimg_6888s

02bcimg_5959sts

03bbimg_6876ts

04abbbimg_6897s

05abimg_5959s

06acaimg_5984s

07acimg_6861s

08adimg_5693s

09acimg_6865s

10ccaimg_6856st3s

イトトンボ科クロイトトンボ属ムスジイトトンボ(♂)さんです、前出の同じ仲間 セスジイトトンボとよく似ていて紛らわしいです

繰り返しになりますが 識別ポイントは、翅胸の肩縫線にある 黒い条の中に筋が入るかどうか、またその入り方にあります、ムスジには筋が入りません、入ってもわずかです、セスジは真ん中に一本の筋が入ります、これらは拡大画像でも分かり難く、とうてい目視では素人には確認できません。もう一つのポイントは、眼後紋の形とそれをつなぐ後頭線の有無です。ムスジは眼後紋が小さめで、後頭線はありません。セスジは眼後紋が大きめの三角形で 後頭線が入っています(わずかとか、大きめとか小さめとか、後頭線の入っていないセスジもいて、まあ素人には曖昧なものです。画像を並べて比較すれば分かりやすいでしょうが、機会があればまた・・・)

ムスジは六筋、セスジは背筋、背筋はまあ理解できますが、六筋はよく分かりません、無筋の方がよさそうな気もしますがね

| | コメント (0)

セスジイトトンボ(♂)

101bbaaaimg_0274sts

102bbaabimg_0318sts

103bbaadimg_0324st2

104abaimg_0283s

105abaimg_0303s

106abimg_0324st2s

107acimg_0321st2s

108bbaacimg_0261ststs

 

110bbimg_0328sts

111ccimg_0285st3s

イトトンボ科クロイトトンボ属セスジイトトンボ、前出の♀さんに続いて こちらは(♂)さん、体長30mmほどと小型のトンボです、♀さんはきれいな黄緑系の色をしていましたが、こちら ♂さんはきれいな水色をしていますね

同じクロイトトンボ属のムスジイトトンボとよく似ていて紛らわしいですが、このセスジイトトンボの特徴は 翅胸部の肩縫線上の黒条に、腹部地色と同じような黄色系の色をした細い筋が入っています。でもこの筋は 拡大した画像でもちょっと分かり難く 目視ではとうてい確認できません。この筋が名前の由来の背筋なのです。ムスジイトトンボにはこの筋が入っていないか、わずかにはいっています。もう一つの特徴は三角形をした眼後紋です、そしてそれをつなぐ後頭線があります(画像の個体は 後頭線が確認できませんが 後頭線の無い個体もいるようです)。ムスジの眼後紋は小さめの線状で、後頭線はありません

現物の飛んでいる姿は、両端3mmほどを水色に染めた 長さ30mmほどの両切りの爪楊枝風の細い棒が 直線的にスーと移動したり ホバリングしたりで その様子は 何か不思議な雰囲気でとても印象的です

| | コメント (0)

セスジイトトンボ(♀)

01bbaimg_0371sts

02bbbimg_0681s

03abcimg_0379s

04aaaimg_0493sts

05aabimg_0642s

07aabimg_0402s

08img_0669sc

09bbimg_0432sts

10bcimg_0671sts

11ccimg_0448st2s

イトトンボ科クロイトトンボ属セスジイトトンボ(♀)さんです、体長は30mmほどの小型トンボです。クロイトトンボ属の同じ仲間の、ムスジイトトンボとよく似ていて紛らわしいです。

このセスジイトトンボは、翅胸の肩縫線にある黒条の真ん中に胸色と同色の筋が入り(名前セスジ・背筋の由来) 黒条が2本あるようにも見えます。そして眼後紋は金色で少し大きめの三角形、それをつなぐ後頭線があります(ムスジの眼後紋は線形で後頭線はありません

この♀さんは黄緑っぽい色をしたタイプです、♂さんは鮮やかな水色(空色)をしています。♂さんと同色タイプの♀さんもいるのかな

 

| | コメント (2)

まあ分り易い アオモンイトトンボ(♂)

01aaaaimg_0743s

02aaaimg_0755ts

03accimg_0844s

04bbaimg_0755st2s

05bbbimg_0822ts

06bbcimg_0803t2s

07bdaimg_0852sts

08bcimg_0776ts

09ccimg_0844t2s

10ccimg_0755st3s

イトトンボ科アオモンイトトンボ(♂)、腹部第8節の全周と第9節の下半分ほどが鮮やかな青紋(水色)になっています、眼後紋は丸くて水色、後頭線はありません。胸部は少し緑色がかっていますかね、横顔を拡大してみるとかなり毛深いですね。 体長は30mmほどで すごく細いので、私など目の悪いものには 👀を凝らしても気づかないことが多いです

アジアイトトンボとよく似ているようですが、アジアの方は第9節の全周が青紋となっています。♂さんに関しては、クロイトトンボの仲間のように同定に苦労することはなさそうです。名前がよく似た アオイトトンボがいますが、こちらはアオイトトンボ科です、緑色の金属光沢が特徴です

♀さんの未熟個体はきれいなオレンジ色をしています、成熟個体は褐色系の異色型と雄と同色の同色型があるようです

すぐ横に、セスジイトトンボの♀さんがいましたが、お互いに関心は示しません

 

 

| | コメント (0)

胸に粉をふく クロイトトンボ

01aaimg_8450s

02abaimg_8431s

03acaimg_8140s

04acimg_8483s

05afimg_8158s

06dbbaaimg_8463ts

07dbbbimg_8146ts

08dbbimg_8153ts

09ddaimg_8458t2s

イトトンボ科クロイトトンボ属クロイトトンボです、クロイトトンボ属の仲間の、クロイトトンボ、ムスジイトトンボ、セスジイトトンボ、オオイトトンボ 4兄弟は非常によく似ていて、眼後紋の形、後頭線の有無、肩縫線部の黒条の様子などの 識別ポイントの確認に苦労します

でも 翅胸部側面に白っぽい粉をふくのは、この4兄弟の中でクロイトトンボだけなので、識別は簡単です(トリミング画像で確認できました)。しかし粉をふく前の未成熟個体の識別は大変です、因みに 眼後紋は三角形でそれをつなぐ後頭線はありません。前回投稿時は本当にクロイトトンボなのか自信がありませんでしたが、今回ではっきりしました

体長30mmほど、水生直物の育つ池で、アサザので葉などに止まっていました

 

 

| | コメント (2)

これは分り易い セスジイトトンボ(♀)

01aaimg_3992ts

02aaimg_4000s

03abimg_3953ts

04bbimg_3998s

05bcimg_3992st2s

06bdimg_3953st2s

イトトンボ科クロイトトンボ属セスジイトトンボ ♀さんです。クロイトトンボ属の仲間 ムスジイトトンボ、セスジイトトンボ、オオイトトンボ、クロイトトンボはお互いによく似ていて、成長過程による変化、♂♀がらみもあって 同定が困難な場合が多いです。

でもこの成長過程のセスジイトトンボの♀さんは分かりやすいです。肩縫線(胸の肩の部分)の黒条の真ん中に明らかに(名前の由来にもなっている) 筋が入っているのが分かります、黒条が2本あるようにも見えています。これが♂さんになるとわずかに筋が入っている感じで、ムスジイトトンボなどとの区別がややこしくなります。🍙状の眼後紋とそれをつなぐ後頭条があるのは、♂さんも同じですね(各画像はトリミングしたものです)

体長は30mm程度、日当りの良いため池の土手で一匹見かけました。♀さんは緑色っぽいですが、♂さんは水色っぽいです。

| | コメント (2)

これ以上寄れない クロイトトンボ(♂)

01img_5555scts

02img_5605sctscs

03img_5617sct2scs

イトトンボ科クロイトトンボ属は、腹部の第8、9節の全体が水色をしている共通点があり、均翅亜目の他のアオイトトンボ科、モノサシトンボ科、イトトンボ科、カワトンボ科のトンボと見分けが出来ます。

でもクロイトトンボ属の仲間 クロイトトンボ、ムスジイトトンボ(前出)、セスジイトトンボ、オオイトトンボは よく似ていて、同定するには眼後紋、後頭条、肩縫線の黒条の様子など細かい識別点の観察が必要になります

なのでもっと近寄って、いろいろな角度から識別ポイントを📷で撮って拡大して確認したいのですが、池の中に止まっているの、これ以上近寄れません(画像はトリミングしてあります)

でも幸いなことに、この♂さん成熟個体で、翅胸の側面下側に粉を吹いて(そのように見える) そこが水色っぽくなっています、これはクロイトトンボだけの特徴のようです。未成熟の個体また♀さんの識別は大変難しいようです。♀さんは水色型と緑色型がいるようです

全長30mmほどの超小型で(前出のオオアオイトトンボに比べるとかなり小さく感じます)、成熟すると アサザやコウホネなどの水生植物の育つ池などの水面すれすれを黒っぽい姿で飛んでいますが、よぼど目を凝らさないと 私の目には見えないことが多いです、勿論止まっている個体を見つけるなど至難の技です

いずれにしろ、イトトンボの同定は難しく、上記記述も自信がなくなってきました

 

| | コメント (0)

これも紛らわしいですが ムスジイトトンボ ですかね

01aaimg_3251ts

02aaimg_3305tcs

03abimg_3272s

04cbaimg_3299tc2s

05cbbimg_3272tc2s

06cbcimg_3259tc2s眼後紋が小さな線状で後頭条はない、肩縫線部の黒条にわずかに水色の線が入る(画像では分かりにくい)

イトトンボ科クロトンボ属ムスジイトトンボ、8,9,10節の全体、他の節の境目、そして胸部、複眼の一部などを鮮やかな水色で飾ったきれいなイトトンボです。腹部背面の黒い条が6つに分かれているので六筋糸蜻蛉、全長は20~25mm

クロトンボの仲間の ムスジイトトンボ、セスジイトトンボ、オオイトトンボの3兄弟はよく似ていて識別が紛らわしい、特にムスジイトトンボとセスジイトトンボは、識別のポイントが微妙です、特に♀さんは成長過程にもよりますが、識別不能に近いものもあるようです、同じ種にすればいいような気もしますがね

♂さんに関してですが、ムスジは、セスジ に比べますと、眼後紋が細く小さな三日月状で 後頭条はなし、肩縫線部の黒条の中にわずかに水色条が入る(消えている個体もある)、そして尾部上付属器の形状の違い。まあイトトンボ科、アオイトトンボ科あたりは深入りしない方がよさそうです

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

その他 アカザ科 キノコ スノーハイキング デジブック トンボ科アカネ属 マチン科 七種山 七種山縦走 介護関係 八丈岩山 小鳥の鳴き声 山の写真 山歩き 山登り 心と体 昆虫 明神山 果実、種子 樹木 氷ノ山 ブン回し 片山 的場山 結婚式 自然の驚異 花・アカネ科 花・アカバナ科 花・アケビ科 花・アジサイ科 花・アブラア科 花・アブラナ科 花・アヤメ科 花・イチヤクソウ科 花・イネ科 花・イラクサ科 花・イワウメ科 花・イワタバコ科 花・ウコギ科 花・ウマノスズクサ科 花・ウリ科 花・オトギリソウ科 花・オミナエシ科 花・オモダカ科 花・カタバミ科 花・ガガイモ科 花・キキョウ科 花・キク科 花・キツネノマゴ科 花・キョウチクトウ科 花・キンバイザサ科 花・キンポウゲ科 花・クマツヅラ科 花・ケシ科 花・コキンバイザサ科 花・ゴマノハグサ科 花・サクラソウ科 花・サトイモ科 花・ザクロソウ科 花・シソ科 花・シナノキ科 花・ジンチョウゲ科 花・スイカズラ科 花・スイレン科 花・スミレ科 花・セリ科 花・センリョウ科 花・タデ科 花・タヌキモ科 花・ツツジ科 花・ツヅラフジ科 花・ツユクサ科 花・ツリフネソウ科 花・トウダイグサ科 花・トチカガミ科 花・ナス科 花・ナデシコ科 花・ハイノキ科 花・ハエドクソウ 花・ハエドクソウ科 花・ハマウツボ科 花・バラ科 花・ヒガンバナ科 花・ヒメハギ科 花・ヒルガオ科 花・ビャクダン科 花・フウロソウ科 花・ベンケイソウ科 花・ボタン科 花・マチン科 花・マツブサ科 花・マツムシソウ科 花・マメ科 花・ミカン科 花・ミズアオイ科 花・ミソハギ科 花・ミツガシワ科 花・ムラサキ科 花・メギ科 花・モウセンゴケ科 花・モクセイ科 花・ヤマノイモ科 花・ユキノシタ科 花・ユリ科 花・ラン科 花・リンドウ科 花・レンブクソウ科 花・上高地~穂高 7/末 花・大山の花 花・樹木 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 虫こぶ 蜻蛉 蜻蛉・アカネ属 蜻蛉・イトトンボ科 蝶・アゲハチョウ科 蝶・シジミチョウ科 蝶・シロチョウ科 蝶・ジャノメチョウ亜科 蝶・セセリチョウ科 蝶・タテハチョウ亜科 蝶・テングチョウ亜科 蝶・マダラチョウ亜科 裏明神 趣味 野鳥 雪彦山 高山植物