« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

雪彦山

Img_4712

Img_4619 Img_4760 Img_4779

Img_4558 Img_4693 Img_4784

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈岩山、明神山

岩煙草の花を求めて道無き道を行くも

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

毛無山

眺望最高感激、ここはなんと寒いくらい

Img_4343

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

雪彦山

イワタバコはどうかな、いまから山ヒルに注意してクサリ場を下ります(ココログ投稿)

Img_3968 Img_3982

岩煙草ってもうお仕舞いなのかなーここしか咲いていなかった、右は山紫陽花なのかなーこちらはまだこれから

Img_3893_1  Img_4004

上りと帰りの雪彦、山ヒルは雨に流されたみたい

Img_3960 Img_3992

虹が滝の上と下の滝

Img_3944 Img_3953

鎖場と地蔵岳

Img_3907 Img_39201_1

糊空木と岸壁に咲く小鬼百合 (完)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

加西市愛宕山

何処が頂上か判りにくい(モブログ一報)

Img_3854 Img_38271_2

「アッ!少し動いた!」 「アホカ、足元がズレタだけや」

先日八丈岩山で、Kさんに教えてもらい早速出かけてみました。県道23号線を東に進み、福崎町から西脇市(間違いです、加西市です)に入ると直ぐに大池が右手に見える、その直ぐ先の点滅信号を左に入って1km少し行くと、高峰神社に行き当たる。案内板のあるそこを拠点に、薬師堂、遍路の小道、歴史の森愛宕山、河上神社、ゆるぎ岩、奥池と整備された道をいろいろと歩いた。分岐にしっかりした標識が設置されていて判りやすいが、頂上の案内が無く知らぬ間に一旦通り過してしまった。

Img_3728 Img_3790_2 Img_3785

Img_3798 薬師堂の姫檜扇水仙、奥池土手に小鬼百合が群生、金水引の花、判りやすい道標(完)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

伊吹山

花が最高

Img_3689_1 Img_3707 

Img_3576 Img_3524_1 Img_3586

梅雨の合間の雲マ-クとあって大人気の伊吹山、大半が女性ハイカーです、夕菅は上りの早朝は未だ半開きでしたが帰りにはみな閉じていました、伊吹風露、伊吹麝香草、伊吹虎ノ尾です、また花のアルバムを作成します、ぜひ覘いてみて下さい(完)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

八丈岩山、地獄の鎌尾根~七種薬師

北アルプス憂さ晴らし

Img_3289 Img_3291

長野県民が災害で苦しんでいる最中、北アルプスで遊んでいるいる訳にはいきません、そこで恒例のアドおはようハイキングの後、4名連れ立って

Img_33331

地獄の鎌尾根入りしてきました、色気なしなのでアルバムに閉じました、興味ある方は覘いてみて下さい(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴嘴山

Img_3204 Img_3262 Img_32801

揖保川の流れは落着いていた、鬼百合が花開いていた

Img_3227 Img_3248 Img_3267

今回(7月)は非常に残念ながら、状況を踏まえて北アルプス行き中止、しかしごはんつくりも含めて訓練は怠らない(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

動きが取れぬ

Img_3181 Img_3194 Img_3178

今日の林田川、揖保川、我が家の蜂の巣(完)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

姫路市花田小川県住の火事

今日標記の火事のニュースを当3階の住人から聞いた、火事は5階で発生したが、当3階への放水の影響も大変だったらしい。

こちらにも影響あり、準備万端の北アルプス行きやむなく計画変更(完)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

八丈岩山

Img_3160 Img_3164 Img_31651

今日は土曜日恒例のアドスポーツおはようハイキング、ベテラン組はこの岩を乗り越えて頂上へ出ます、頂上からの姫路城は背景に埋もれ気味でいまひとつパッとしません(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園嶽

Img_3132 Img_3114

馬立登山口から祇園嶽へ、久しぶりに16kgを背負ってよろけています、通常の2倍2時間掛かりました

Img_3126 Img_3153

午前中はカンカン照り、午後は一時雷雨、梅雨明けかな?

Img_3098 Img_31071

登山口はいい香り、団扇持参の山登りです(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

7/13的場山

Img_3082

10:40頃の頂上、林道Gと両見坂Gの木曜組、それに毎日Gが合流して賑わっています。毎日Gの豪傑女性二人は、今日4回目と3回目の頂上だって、私達はこの暑い中1回でダウンなのに

Img_3059 Img_3062 Img_3080 Img_3090

両見坂Cは花が寂しいのでキノコです(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

7/12明神山

Img_3019Img_2993  Img_2988

この日の明神山は一時雨、頂上はもの好き二人のみ、とにかく暑かった、ふもとの谷沿いの薮萓草(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

7/11中臣山

Img_3083_1 Img_2973_2  Img_2979_1

揖保川左岸に位置する中臣山を的場山から望む、二つのピークがあるが右のピークの麓には世紀770年創建とある中臣印達神社があり石碑に「粒丘は中臣山の古称にしていわれは播磨国風土記にあり」とある、民家を挟んだ左のピークの整備された頂上台地に三等三角点点名「中臣山」61.3mがある、いずれにせよワースト登山であった(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴嘴山

ココログはダメ

Img_2946 Img_2819

麓の揖保川を渡る姫新線、頂上付近から片山越に家島群島男鹿島を望む

Img_29101 Img_2884 Img_2870 Img_2831

今日は20日からの北アルプスに向けて、テントを担いでの岩登りの練習と、頂上でのテントの居心地の確認です

Img_2734 Img_2764 Img_2744 Img_2935

麓にあった瘡の王、鬼百合、藪枯らし、紫爪草です(完)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

7/9雪彦山

Img_2713

復路の映像です、往路はガスで見えませんでした

Img_2536 Img_2571 Img_2584 Img_2623

今日はアルプス行きの訓練も兼ねての登攀、一時は合羽着用もした重馬場、おまけに出合から虹ケ滝まで沢沿いを上ります、スリップとそれ以上に怖い山ヒル監視に緊張の連続です

Img_2627 Img_2644 Img_2645 Img_2646

山ヒル監視は足元だけではダメです、帽子の上にも、しつこいやつは帽子の中まで潜り込んでいます、しかしいくら監視駆除していても風呂に入って全身確認するまでは安心してはダメです(内緒の話ですが風呂まで2匹持ち込んでいました)、今日の体験からの教訓です

Img_2647 Img_2651 Img_2652 Img_2653

画像が多すぎますが彼女達の奮闘振りが捨て切れなくて

Img_2654 Img_2656 Img_2657 Img_2663

緊張したあとのビールが最高、常連さん、好ましい小4男児、それと若手のグループの目だった頂上でした、皆無事下山

Img_2549 Img_2580 Img_2633 Img_2709

鬼瑠璃、岩煙草の開花は8月か、糊空木、猿梨を教わりました(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

7/8八丈岩山

Img_2399 Img_2404

土曜朝はアドおはようハイキング、頂上で北アルプス行きに備えての幕営講習です、なお青春切符は分割購入出来ません、Aさん姫路駅改札で合流しましょうか

Img_2450 Img_2512 Img_2523 Img_2530

Img_2440 Img_2442 Img_2482 Img_2500

その後所用で行った蒲田三丁目の苫編山裾沿いの道路を探索、桔梗、女郎花、アガパンサス、半夏生などが盛りでした(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

7/7明神山

Img_23922393 Img_2327

今日の麓と頂上の様子、尾川さんには頭が下がります

Img_22951 Img_23031 Img_2320_1

花弁が5枚で黄色、雄しべの葯が赤色の似たもの同士

Img_2336_1  Img_2361 一薬草に、右はツツジ科のアクシバだって(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

7/6的場山、明神山

Img_2193_1 定例の木曜登山は久しぶりのフルメンバー、しかし暑い時節は遠出はせずに的場山往復のみ、チョット物足りない

Img_2196_1 土蜂が足長蜘蛛を捕らえ巣へ搬送中

Img_22331 という訳で昼から明神山へ、待望の蘭が花開いていました

Img_2268691 Img_2252 麓と頂上の様子です(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

7/5片山

Img_2136 午前中所用で姫路に、帰りに 県立こどもの館付近に泰山木の花が、遠くから見るなら開花済の方が花

Img_2175 Img_21832_1 Img_21871

午後遅くからチョコット片山へ、左は令法(リョウブ)の花(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山県立森林公園

Img_2010

岡山県立森林公園は、旧奥津町(現鏡野町)で合流する吉井川の支流羽出川を北へ遡った鳥取県境に位置する標高840~1100mにあり、ブナ、ミズナラなどの落葉広葉樹やネマガリダケの群生する森林である。遊歩道が入組んでいて、総周遊21kmとあり公園事務所でガイドマップを貰いコースを選定して楽しみたい

Img_1942 Img_2024_1 Img_20641 Img_2092

園内には渓流あり、滝あり、また今日はあいにくだったが晴れた日には大山・日本海も眺望できる千軒平など楽しめる

Img_20511 Img_2030 Img_1979 Img_1970

花もいろいろ楽しめます、山紫陽花もたくさん有りました(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

茶臼山~宝珠山

赤穂市坂越港岸の大避神社から妙見寺へ、そこからは眺望のよい西外回りの石仏コースを採り(直登のコースもあるが)、最初の電波塔のあるピークが茶臼山とある。そこから尾根筋を東に、途中で一旦北に折れ火事で禿げている三等三角点高代280.3mに寄り道して、相生発電所北辺りから小島水道設備の横に下りて車道を帰る。尾根筋は眺めが良く、山桃・灯台躑躅・扉の植林された整備された道が続く、ただ陽射しの強い日は避けたほうがよい。

Img_1783 Img_1776_1

今時分、捩花があちこちで見られる

Img_1798 Img_1815 Img_1851 Img_1852

赤穂発電所と赤穂港方面、坂越湾西部、坂越湾東部、相生発電所と相生湾と播磨灘の変化が楽しめる

Img_1754_1 Img_1854 Img_1744

Img_1859_1 Img_1862_1 Img_1883

姫緋扇、山桃はもう味わえます、南天の花です(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

木もれびの森

Img_1666 Img_1619 Img_1647

姫路市打越緑台の最奥に打越木もれびの森がある、周遊約3kmの整備されたコースのほぼ中央の標高284mに展望台もある、コースの途中から伊勢山(写真右)の西尾根コースに取り付くことが出来る

Img_1642_2  Img_16781_2

捩花が咲いていました(よく見るとやはり蘭の花の形なのかなー)、ピークは過ぎた合歓木の花(完)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈岩山

Img_160512

アドスポーツおはようハイキング、今日は雨模様、参加メンバーも10名ほどと少なめ、頂上で降り出し早々に下山、

7/20からのイベントも大分煮詰まってきました、現役組も年休とってリフレッシュ、山から帰ると見る目が変わり、ユニークなアイデア生まれます

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »