« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

雪彦山 7 

2346

2349 25711

今日の雪彦山三態、①車道中の登山口寸前から、②駐車場から、③賀野神社下から

2422

2381_1 雪彦山からの明神山とその手前の明神山北方稜線。私は時間の関係で参加できなかったが、今日は同好会が北方稜線を歩いている筈だ。

2475 2389 

ヒカゲツツジもアケボノツツジももう限界である。

2413

2417 2410

今日の雪彦山頂上の様子、さすが人気の山、家族連れ、軽装の人なども含めてで賑わっている。

2478

24371 2457

2461 行者堂跡の先辺りに差し掛かると、何と八丈岩山の主 Tさんが先を行っているではないか。早速ご一緒させてもらったが、私の持時間がなく先を急かせて悪いことをしてしまった。

2485 2506_1

地蔵岳、ここはクライマーも含めて賑わっている

24481

Tさん説によるとこれは オオルリ にしては尾が短いので、コルリ だろうとのことでしたが。

2518_1  2544

雪彦山にも イワカガミ があるとは知らなかった。右はイチリンソウか。

2569

2408 まるで秋のようです。頂上から賀野神社境内が黄色く見えたので気になって、時間がないのに確認にいってみました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

イワカガミ<イワウメ科イワカガミ属>

21311 2050

2047

2193 2226

岩場に生育することが多く、葉に光沢があるので岩鏡。蕾のものから、実を結びかけているものまであった。後で分かったことだが、メシベの色が濃く目立っている。那岐山に咲いていた、同じイワウメ科のイワウチワと常緑の葉の形がよく似ていて、花が咲いていない時は、私には区別できない。

        4/29 三川山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

三川山 その1新緑

久し振りの更新「ふるさと兵庫50山」45座目。一昨年の12月初めの丹生山以来であるが、やはり一人歩きの初めての山はワクワクする。

1882

朝9時に思い立って急きょ出かけて、登山口到着12時。それでも今から上るという一組の男女連れがおられる。3ヶ所ほどの駐車場には10台を越える車が止まっていて、既に下山組の方もおられたが、大半がシャクナゲ狙いのようであった。

1960_2

行きのシャクナゲコース、帰りの奥の院コース共に石楠花のトンネル道であるが、

2167

何と花に出会ったのは、下山コースでの1株のみであった。途中皆さんのこぼす嘆きしきり、昨年の盛況のあおりで今年は期待できないようです。(麓の三川権現さんの近くには少し咲いていますが)

2041

2043 2087 2181

しかし新緑がきれいで、イワカガミも咲いていて楽しめた。

2097 かなり厳しい急登で、一歩踏み外せばかなりの滑落となる急斜面をトラバースする幅の狭い登山道などは楽しめるが、車も上ってくるこの山の頂上はいただけない。2時の頂上で、3組5人の方がのんびりくつろいでおられたが、私は早々に下山にかかった。

2186

昨日の投稿のオオカメノキの別名、ムシカリが納得できた日でもあった。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

マツバウンラン<ゴマノハグサ科ウンラン属>

1790

17941 17771

1785

きれいな色の変わった形をした花なので、園芸種の種でも飛んできて育ったのかと思いましたが、野生しているようです。松葉のように細い葉が印象的でした。

4/28 近くのスーパーの駐車場付近

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

トンガリ山 (広畑区才) 

1612

   今日のトンガリ山と京見山(左奥)

1688 17261

頂上で海に向かって決意表明して(左)、下山するM高校生

1696

今日は風が強く じっとしていない コデマリ

16311_1 1615

キリ<ゴマノハグサ科キリ属>、既に満開気味のところもあるが、ここのは未だ一花。高木なのでなかなか真近かに見られないが、ここは目の前に。ゴマノハグサ科というのもおもしろい。

ウバメガシ<ブナ科コナラ属>、こちらも未だ蕾か。この当たりの海岸線の山ではよく見かける。備長炭の材か。

17591

これは下山後のもの。遠くから見ると開いた花が人目を引き付けるが・・・、近くから見るのならこちらの方が風情がある。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈岩山 15

1548

1488

 新緑の登山道を行くアドおはようハイキング

1489

        凄いなー、若いなー

1530

花弁の黄色の模様とガク片に特徴のある ツクバネウツギ<スイカズラ科ツクバネウツギ属>、果実にガク片が残った形を羽根衝きの羽根に擬えて衝羽根空木

1516

1851

ウラジロノキ<バラ科ナナカマド属>、高木の為なかなか目の高さでは見られない。同属の アズキナシ と見分けが付かない。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

オオカメノキ<スイカズラ科ガマズミ属>

別名 ムシカリ

1097_1

1120_1 1119

外側の大きい花はオシベもメシベも持たない装飾花で結実しない、内側の小さな花は5本のオシベとメシベを持つ両性花で赤い実を結ぶ。特徴ある葉の形を亀の甲羅に擬えて大亀の木、葉が虫によく食べられるので訛って別名のムシカリ。ヤブデマリによく似ているそうです。

4/26 千種川上流の鍋ケ谷渓谷の右岸

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

笠形山

1472

  今日はグリーンエコー笠形から

1438

     先ずはホウネンの滝

1426 1219

      次いで偏妙の滝へ

1239 1410

恐ーい60段尾の梯子を上って滝見台へ、更にもう一段上のマイナーな滝見台へ

1263

さすが若い子は達者、六合目付近の木の根っ子のうっとおしい一番の急坂を走って下りるとは。静かだった登山道はにわかに騒々しい、下山中の100人は下らない高砂の高校生と、ここから尾根筋に合流するまでズーとご対面です。

1304 13191

今年は遅めか?、クリンソウは未だ早い

1334

1380 13641

間もなく盛りのアケボノツツジ越しの千が峰や笠の丸

1360

 こちらは七種山連峰の向こうに明神山

グリーンエコー笠形からは、頂上まで4.1km2時間のコース。六合目と九合目の急坂をこなせば、距離は長いが割となだらかなコースが続く。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

エンレイソウ<ユリ科エンレイソウ属>

07831

0671 0796

0676

薬草になるため 延齢草、一方で毒でもあるので要注意です。

4/20 那岐山、 4/26 三室山、 いずれも沢筋に生えていました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

三室山

0962

久し振りにきてみると、何と麓の管理棟、ログハウス、水道施設など全てが無くなっていました。三室山は氷ノ山に次ぎ兵庫県で2番目に高い山なのに、このアングルでは左手に見える一番低いピークです。

0767 0771_1

ブナ林が現れると高山という感じがしますね

0753

           頂上です

07581 0742

 氷ノ山に後山、一連の国定公園です

1007

       麓の「三室の滝」です

以下は山で見かけた花です

08931_1  0701

   キケマン      ショウジョウバカマ

06222_1 08961

  チャルメルソウ    ミヤマカタバミ

あとエンレイソウ、ネコノメソウ、オオカメノキの花などが咲いていました。

1079 1082

Oさんから情報を貰っていたので帰りに千草のミズバショウ見学です。

11591 11511

色付いている山肌がきれいです、千草の田圃には既に水が張ってありました。

1163

これは先日上った笛石山、Oさんの情報によると地元では「千種富士」と呼ばれているそうでが、納得ですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

坂越・尾崎遊歩道 2-3

その3 紅葉編?

0252 0319

0356

0410

紅葉編、この区域何故か樹木の葉が色付いているんです。今年初め1/12にここを訪れた時も同じでしたが、1種類だけでなく 2~3種の木の葉が色付いています。よく見るような常緑樹ですが、何なのかはっきりしません。

0423

0398 0381

0395_1

0403

0413

この遊歩道、海も見えて今の季節いいところです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

坂越・尾崎遊歩道 2-2

その2 草花編

0255_1 0351 0474 04931

草花編

0124

0039 0117

0126 オドリコソウとウマノアシガタです。色白なオドリコソウもありました。

0089

0081 オドリコソウも大型ですが、ここのコハコベもかなり大型で、径が1.5cmほどありました。

0113

05491 0108

これはヤブニンジン<セリ科>ですか。

00941 0205

 ヤブタラビコ?      ヒメハギ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

坂越・尾崎遊歩道 2-1

その1 ドウダンツツジ編

0216 0358 0232 0473

0333

ドウダンツツジ編

0306

   突然活動し始めた感じでアチコチに

0191

  未だ果実の抜け殻を残しています

0262

これが命名の言われ、結び灯台の枝振りですか?

0340_1

      もう花は終わりです

03261 

今年の1/12以来、2度目の坂越尾崎遊歩道です。その2花編、その3紅葉?編と投稿予定ですので、また覘いて見て下さい。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマエンゴサク<ケシ科キケマン属>

この花二度目ですが、何か愛嬌のある、空を飛んでいる格好が気に入ったので。

8131 8235

   こちらは尻尾を振り上げています

      4/17 東カニワ渓谷

4401_1

     これは 4/6 明神峠

こちらのヤマエンゴサクもどうぞ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

イロハモミジ<カエデ科カエデ属>

9944

          雄花

9904

          両性花

9893

9919 9947

9889

紅葉がきれいですが、新緑もいいですね。同じ株に両性花、雄花が混在しています。

         4/22 明神湖畔

        

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

天下台山

0142

           相生湾

0145 0144

 網干港方面     明神山、片山方面   

0118

       頂上の周回道

007_21 01051

 ウマノアシガタ    ショウジョウバカマ

0036 00521

   ガマズミ        ウラジロ

01311 9983

   ニガナ         ハナニガナ

ニガナは花弁が5~7枚、ハナニガナは7~12枚だって、では7枚はどうなるの?。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ドウダンツツジ<ツツジ科ドウダンツツジ属>

00611

0069_1 0072

      4/23 天下台山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

マムシグサ<サトイモ科テンナンショウ属>

9752

9763 9765

9805_1  マムシグサとテンナンショウがあるようだが区別は分からない。上部の曲がった筒状のものは苞で、その形から仏炎苞といわれる(サトイモ科独特のものか)。葉は2枚、沢山付いているように見えるのは複葉の小葉。苞の中の棒状の花序の下の方にオシベまたはメシベが付いている。雌花(雌株)に入った虫は棒状の笠の部分が邪魔をして脱出できないらしい。雄花(雄株)は苞の下部に隙間があって脱出できる。地下の芋は毒があるので食べてはいけない。

  4/22 明神湖上流

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

明神山ふもと

今日は雨模様

9660_1

       莇野からの明神山

96631

 尾切れと北方稜線(左奥)、手前は明神湖

9802

   山登りは遠慮して沢筋の探索

9707_1 そろそろこの草?、タケニグサ<ケシ科>が賑やかになってきますね。

97321 コマドリを喧嘩させるんだって、優雅な趣味の人もおられますね。野生の仲間(分かり難いですが近寄ってきています)と鳴き競わせて、飼鳥の馬のいななきを鍛えるそうです。近くではオオルリも鳴いていました。

こちらは趣味が悪いのでクリックしないで下さい。

98431 これはアメンボウさん、親子ということはないでしょうね、夫婦でしょうかね。

9710 9825 8834

3/18は右の状態だったんですが、今日見ると・・・。車も通れる林道の水溜りなのですが、水は枯れないんですかね、少しぐらい枯れてもいいですかね。アメンボウは何処からくるのですかね。

9959

雨が降り出したので神種の登山口を覘いてみました。何とH夫妻が下山されていたところでした。山はいいですねえ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

サワハコベ<ナデシコ科ハコベ属>

H5688_1

サワハコベは花弁の切れ込みが浅い

H5584

ウシハコベ<ウシハコベ属>は花弁の切れ込みが深いので、花弁が10枚のように思える。メシベの先端が5っに分かれている

H3090

コハコベorミドリハコベ<ハコベ属>はメシベの先端が3っに分かれている

H7165

 

これは上と同じものか?。ハコベ属は、あとミヤマハコベなどがあり、全てで10種以上に分類されているようだが、あまりこだわらずに一般的にはハコベでいいと思う。高山で見られるイワツメクサもハコベ属である。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈岩山 14

9397

94011 9402

   今日のアドおはハイの様子

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

イワウチワ<イワウメ科イワウチワ属>

90341 924721

 

       凄い! 早く!

9132

9118 8947

  4/20 那岐山 (詳細別途予定)

   

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

高場山 797.6m

8657 8659 8797  

85621 8650

神河町宮野(登山口)と姫路市夢前町の境界に位置する、四等三角点点名「柳谷」をピークとする高場山、馴染みの深い笠形山、七種山、明神山、雪彦山大天井岳、鉾立山、三辻山、暁晴山等の真近な眺望が楽しめる山である。

        詳細別途投稿予定

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

フデリンドウ<リンドウ科リンドウ属>

88391 88281 88371  

リンドウは秋に咲くものと思っていたが、春に咲く種の方が多いのか。ここには広範囲にわたって群生していた。

      4/19 高場山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

シャクナゲ<ツツジ科ツツジ属>

8389 8395   

もうこんな季節ですか。三川山、三国岳~千ケ峰、大台ケ原、後はどこだったかな、早く出かけないと。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ラショウモンカズラ<シソ科ラショウモンカズラ属>

8364

83731長さ 3cmほどの結構大きな花を付けているが、名前とマッチしない。山地で普通に見られるようだが未だ見たことはない、これは自生のものではなさそう。

4/18 塚本山ふもと

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

雪彦山 6 (4/17)

今日は安富町関の鹿ヶ壷山荘から鹿ヶ壷~千畳平~大天井岳~雪彦山三角点~鉾立山~東カニワ渓谷を縦走の11.3km7.5時間コース。小雨が降ったり、日が射したり、風が強かったりと変な天気、少し寒かった為しゃがみこんでも山ヒルの心配はなし。

8318_1 7793

 雨が上るのを待って10:00スタート

7802 7804

鹿ヶ壷の渓流を分岐して千畳平 11:50

7815 78211

 千畳平のコブシ?、昼飯後雪彦山へ

78551 稜線への合流、ここを2回通過して迷うこと2回、1回目は大天井岳に足を伸ばすべきか、2回目は東カニワ渓谷に足を伸ばすべきか。結局予定通りで大天井岳はアケボノツツジ、東カニワ渓谷はハナネコノメ、ボタンネコノメソウ、イワセントウソウ、チャルメルソウ、ヤマエンゴサクなどに満足。

78951 7925

 大天井岳 13:30、明神山と家島諸島

8010 8035

 鉾立山 14:40のかなりゆっくりペース

8041 8051

2番目の鉄塔を過ぎて、間もなく渓流へ

8175 8178

カニワ渓谷は久しぶり、少々荒れている

8251 8259

8285 82891

林道を2.8km、大かつらの木はパスして、谷筋の新緑、大落しの岩、そして誰かさんのアングルを真似したりして、鹿ヶ壷山荘 17:30、標準時間2時間オーバーの帰着となった。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

アケボノツツジ<ツツジ科ツツジ属>

79161

7892 7918

7866 7984 79651       

       4/17 雪彦山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

トンガリ山 (広畑区才) 4/15

今日は所用のため、近場をちょこっと山歩き

74822 74001 74355 72182 7350 7535 7316 7372 72191 75371

75411

最後の風景は帰宅後のもの、片山の基地から飛び立ったものです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

コデマリ<バラ科シモツケ属>

広畑区才のトンガリ山の南斜面の岩場に群生していました(4/15)。今迄ずっと去年の果実の残骸が気になっていましたが、花が咲くまでは何かわかりませんでした。元々は園芸種主体のようです。

73561 75782

7338 75342

7211

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

鬢櫛山 4 (4/14)

今の季節は新緑と花が素晴らしい、山歩きも時間をとられます。

69902

7106

7075

7100

7058

71591_1 70911

6972

鬢櫛山のサルトリイバラ、シュンラン、コナラ、サトキマダラヒカゲ、コウヤボウキにツツジ、それにマルバアオダモウスノキ、ガマズミなどが足の運びを止めます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ウスノキorスノキ<ツツジ科スノキ属>

6961

7026

ウスノキ、スノキはよく似ているので区別できない。ナツハゼも花の感じがよくにているが、果実は異なる。上の画像は地面に這うような感じの低木で花を付ける若枝が緑色、これはウスノキと思う。下の画像は高さ1mほどの木で緑色の枝はない、これはスノキかもしれない、あるいはウスノキかも知れない。

         4/14 鬢櫛山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ガマズミ<スイカズラ科ガマズミ属>

6894

ミツバツツジに少し遅れて咲き始めていました。荒い鋸歯を持った葉と、秋の賑やかな赤い実が目立つ低木です。花も綿毛を載せたように、もっときめ細かく真っ白な感じのものも見たことがあったように思います。スイカズラ科というのも不思議な気がします。コバノガマズミというのもあるようですが、よく似ているみたいで区別は分かりません。

4/14 八丈岩山  アドおはハイにて

6863 6872_2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュウニヒトエ<シソ科キランソウ属>

7170

7174 10cmほど立上がっていて、薄紫の花が重なって咲いているので十二単でしょう。キランソウ、ニシキゴロモと花がよく似てい分かり難い。 4/15 トンガリ山

6910 これはセイヨウジュウニヒトエかな。

   4/14 片山ふもと

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

キケマン<ケシ科キケマン属>

5831

5872 ケシ科キケマン属には、ヤマエンゴサクムラサキケマンカラクサケマンなどがあり、花の形はよく似ています。しかし果実は明らかに差があるようです。

  4/12 板馬見渓谷

6922 これはムラサキケマンの果実です。

 4/14 鬢櫛山ふもと

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

アオダモ<モクセイ科トネリコ属>

訂正(4/15) これはマルバアオダモでした。Tokiraさんに同定して頂きました

7117 7120 7131

野球のバットの材として有名である。それにしては木が小さい感じがするが、今からどんどん成長するのかなー、それともアオダモと違うのかなー。

     4/14 鬢櫛山

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

ナンジャモンジャ<モクセイ科>       

「訂正(4/15) これはサイフリボク<バラ科サイフリボク属>でした。Tokiraさん に同定して頂きました。四手桜の別名もあり

6722 6734 6746 6744

6719 6768

遠くから花の白さが一際目に付いた。すらりと伸びた高木のためどんな花なのかはっきりしない、一時は光線の加減で新芽かなとも思えたが、幸いなことに近くにもう一本中高木があったので大いに背伸びして捉えた。種名がはっきりしない時はナンジャモンジャの木なり。

モクセイ科には間違いないようだが、こんな所にヒトツバタゴのナンジャモンジャがある筈がない。しかし何だか花の感じがよく似ている、まあ全体の雰囲気は違うみたいだが。今日姫路の市街でも同じものをチラッと見たような気がした。トキワマンサクというのもあるが、トキワ=常緑で、これもこんな所にある筈がない。アオダモは上の画像のように花弁が違う。

乞う、種名同定。(なーんだ、ということかもしれないが気になる)

     4/13 明神山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ムベ<アゲビ科ムベ属>

6614_1

6598 6620

そこそこ趣のある花である。てのひら状の葉、秋の果実、つる性なところがアケビ似ているが、こちらは小葉が5~7枚でトキワアケビの別名があるように常緑、果実が裂けないところが異なる。明神山のAuコースに大木?がある。

          4/13 明神山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤマシキミ<ミカン科ミヤマシキミ属>

6446

6461 シキミ科ではなくミカン科である。付近の山でよく見かける、腰下ほどの低木で、秋の赤い実が印象的である。赤い蕾を付けているものもあった。葉に毒があるとのことなので噛んだりしないほうがよい。

      4/13 明神山

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

明神山 36

64091 6567 6686          

   今日の明神山三景

6511 6514 6520

      頂上に咲いていた花

6483_1  6539_1 6559

   間もなく開花模様の花芽

6815

  明神山のカタクリが花開いていました

今日は誰にも出会わない、静かな?寂しい?明神山でした

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

サンショウ<ミカン科サンショウ属>

S6366

   春の味覚の幅が広がります

     3/12 片山ふもと

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

後山~笛石山

5976

今日は初めての笛石山経由で下りる予定なので、国道脇の松ノ木公園に駐車 9:50、奥の登山口少し先の不動の滝 11:30 と遅いスタートとなった。

60811

一般コースを上ると頂上手前にバイカオウレンの群生、ここでは未だ盛りである。

6075

頂上付近はさすが高山?の雰囲気がある

6070

  頂上着 12:50、舟木山方面を望む

6105

      笛石山分岐 14:00

62171

 こちらのコースもバイカオウレンが盛ん

6230

  しかし行けども行けども標識ばかり

6251

  かなりあせって 15:30 やっと頂上へ

6263

ところがこの広い尾根もどきは、地形図持参せずで何処を下りていいのか見当がつかない

6275

16:00 下りた所はかなり南より

6290

山裾を回って 16:45 やっと車に到着です。

山を侮ってはいけない。低山でもいつも心している筈なのですが、まして初めてのコースはより慎重さが肝心です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒトリシズカ<センリョウ科>

59291

5885_2 フタリスズカに比べると少し上品な感じがします。この後 花の下の4枚の葉が輪生状に開きます。別名ヨシノシズカ、静御前が吉野で一人舞った姿に擬えた命名とのこと。

      1/12 板馬見渓谷 

  

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

クロモジ<クスノキ科クロモジ属>

48921

4897 和菓子などで使う高級爪楊枝の材、いい香りのする樹木である。細い枝は緑色をしているが、少し年季の入った幹には斑点があり、それが文字が書かれたように見える。紅(黄)葉がきれいである。花がよく似ている同属のアブラチャン、ダンコウバイは花の後に新芽を出すが、クロモジは花と新芽が同時である。

    4/7 岩座神から三谷への林道にて

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

明神山 35 (4/6)

今日(4/6)は最後の荷揚げと仕上げ、後は披露を待つのみ。未公開の内密画像を少しだけお見せしましょうか。

4204

   すっきりとした今日の明神山

4206 4230

       最後の荷揚げです

4255 4259

4244

  慎重に調整して最後の仕上げです

4266 後は4/15(日)11:00からの扉開きを待つのみです

-

4292 43121

下山コースはヒカゲツツジの開花を求めて

4327

   このナマズ岩いつも狙い目です

4356

     ミツバツツジも盛んです

4505

4509 一方 麓でも立派な標石が、15日(日)のお披露目を待っています。当日は皆さんで大いに盛り上げましょう。

明神山を訪れる人々も近年益々増え、皆さんの安全快適登山提供のため愛好会も力が入ります。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

キランソウorニシキゴロモ<シソ科キランソウ属>

5781

5466 これはキランソウ、別名 地獄の釜の蓋 のはず。群生して辺り一面を気持ち悪いくらい覆っていた。

 4/10 白旗山ふもとの平地

5178

5142 5137

5133 こちらは 1/9 笠形山の中腹の斜面に点在していた。花、葉の形は上と同じようだが ニシキゴロモ かもしれない。(キランソウとニシキゴロモの違いが分からない)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

フタリシズカ?<センリョウ科>

5747

5470  5749_1

 これが 二人静 ならば 名前負けでしょう

     4/10 白旗山

訂正(09_03_25):これは マアイ すね

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

クリンソウ<サクラソウ科サクラソウ属>

さすがにまだ早い

4951_1 5064

上は大屋の笠形山自然公園のもの、まだ九輪になっていません。下は山中保護下のもの(いづれも4/9)。兵庫県レッドデータランクA。

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

明神山 34 (4/4)

少し話しは古いですが、去る4月4日 明神の主Oさんの先導で歩いた、北方稜線コースの画像中心の投稿で投稿です。

0021_2

明神湖畔上流から尾根に取り付き頂上まで7km・4時間弱(上り)の北方稜線コースです

37992

 今日のコースを明神山頂上から望むと

3573

展望岩付近から望むとこの稜線です

35291

これは最初の上りの岩場から振り返った眺めですが、中央の西の小明神の尖り具合はどうですか。直ぐ左は明神山、右の肩はT字尾根です。

3548 3620_1

最初のピークまでにちょとした岩場もあり

3614

      振り返れば明神湖が

3631 3587

  途中 23cmもある大きななキノコも

3640

     P2付近からの七種連峰

37242

  明神山らしい山容になってきました

3687_1  3708

     唯一の難所を下ります

3745

進むにつれ明神山と小明神がだんだん重なってきます

3815 出発8時前、途中一時雪模様となり、12時前の頂上はかなりの雪となりました。

3831 3840

下山は雪の中 T字尾根コースを採ります

3846

3875

3874

3890 3902 

途中雪が止み薄日がさしてくると、付近の幻想的な風景に暫し足が止まります

3899

    午前中歩いた稜線です

3944 3962

下山 14時過ぎ、湖畔の桜は満開です

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ショウジョウバカマ<ユリ科ショウジョウバカマ属>

5363

53810

白と紫が隣同士で競い合うようにして、渓流沿いの登山道の路肩に咲いていました。この花の命名は、花の部分を猩々の顔に、ロゼット状の葉の部分を袴に見立てたものですが、袴の部分は何かの動物に食い千切られていました。

  4/9 笠形山大屋町登山口付近

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

コチャルメルソウ<ユキノシタ科チャルメルソウ属>

5022

5026 変わった花だと思ったら、やはり変わった名前をしていた。一見クモの巣に似ていると感じたが、この形にはそれなりの理由があるのだろう。チャルメラ属には似たような花をした6種あるようで、果実がラッパ状でラーメン屋さんのチャルメラに似ているとのこと。ユキノシタ科は渓流の苔むしたようなところに多い。目立たない花なので気付きにくいが近辺の渓流にもありそうな気がする。

    4/9 笠形山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ハナダイコン(ショカッサイ)<アブラナ科マメグンバイナズナ属>

4860

4851_1 いま道端などあちこちに群生しています。大根は出来ないそうです。

     4/7 岩座神

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

タムシバ<モクレン科モクレン属>

3850

3620

幹がまっすぐ高く伸びていて、稜線から少し外れた斜面に生えているうえ、たいてい手前の樹木が邪魔をしていて、香りを嗅いだり、写真に捕らえたりするのが難しい。山の中腹のあちこちに白い塊が今年は特に多く目立つように感じる。同属のコブシとの区別がはっきりしない。

       4/4 明神山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

トウダイグサ<トウダイグサ科トウダイグサ属>

4909

3258 何だか規則正しい形をしています。切り口から白い乳液を出し、触れるとかぶれるそうです。同じ仲間に道端でも見かけるショウジョウソウ(昨年11月片山ふもと)、園芸種のポインセチアなどがあります。時代劇などに出てくる昔の照明、灯明を置く灯台に見立てた命名とのこと。

      4/2 片山ふもと

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

千ケ峰 「外回り縦走」

4602

八丈岩山の後しばし悩んで、登山口10:00。久しぶりに三谷コースを上る。

4694

三谷渓谷を外れると、あとはあまり面白みのない登山道が続く。頂上11:25。昼食後稜線を西に向かい、雨乞岩の先の七不思議コースを下りる。

4708 4716

 頂上を振り返る    七不思議C下り口 

4725 4762  

黒い岩肌が目立つ渓流沿いに下りると

4732 4764

 展望岩に至り、3年ほど前の記憶が甦る

4776_1 4784 

唐滝で少し遊んだが大蛇は現れなかった

4837 4840

    さらに渓流沿いに下りると

4849 14:10岩座神登山口へ、そこから小一時間ボツボツと林道を歩いて三谷登山口へ。

目に入った花は、ヤマルリソウ、ユリワサビ、イワセントウソウ、シロバナネノノメソウ、ネコノメソウ、ミヤマカタバミ、ミツマタ、ハナダイコン、ムラサキケマン、クロモジなどで、残念ながら目新しいものには気付かなかった。渓流沿いの花は雪彦山と同じであった。ダブりますがまた画像アップします。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈岩山 13

45651_1

 今日の八丈岩山、三葉躑躅と山桜が最高

4543 45481

4554 4561

今日のアドおはようハイキングの様子

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマエンゴサク

4401

このヤマエンゴサクは上品な色をしていて、なんともいえない風情があります。ツツジ科のヒカゲツツジという雰囲気ですかね。花の大きさも他のものに比べると小柄で、ヤマエンゴサクの中では絶品ですね。私のお気に入りに登録です(もう少し成長して花の様子が変わるものなのかチェックしておきます)。普通のヤマエンゴサクはこんな感じです。

      4/6 明神山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ウサギノミミナグサ?<キク科タンポポ属>

44481

           4/6 明神山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒカゲツツジ<ツツジ科ツツジ属>

4296

4279

人気が集まる淡い黄緑色の清楚な花。七種槍、雪彦山、禿の行者山、笠形山、三尾山、向山などに結構群生しているが兵庫県レッドデータランクC。

         4/6 明神山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤマカタバミ&ヤマエンゴサク

2707 2717

ミヤマカタバミヤマエンゴサクは2度目ですが、これは3/31 明神山ふもとのものです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツバアケビ<アケビ科アケビ属>

4063_1

4054 4066

変わって色をした花ですが、1cmほどの大きい方は雌花(メシベが数本あるのも何だか珍しい)、小さい方は雄花です。アケビは小葉五枚の掌状複葉ですが、こちらは3出複葉です。ゴヨウアケビ(五葉)という別種もあるようです。

         4/5 京見山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツバツチグリ<バラ科キジムシロ属>??

3485

1960_1 奇数羽状複葉のキジムシロとよく似ているが、こちらは3出複葉。

   4/3 檀特山

これはヘビイチゴの可能性が大、違いがよく分からない

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

トゲミノキツネノボタン<キンポウゲ科キンポウゲ属>?

3970

3974 3973

才の天満神社のクスノキの根元に、花茎はほとんど見せず地面に接するように咲いていた。花は径約2cmほど、画像では分かり難いがキンポウゲ独特の光沢を発していた。種にトゲが生えているので棘実、ウマノアシガタ(キンポウゲ)、ケキツネノボタン、キツネノボタンによく似ている。

    4/5 才のトンガリ山ふもと

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ムラサキサギゴケ<ゴマノハグサ科>

Murasaki351507_04_040001

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマウグイスカグラ<スイカズラ科スイカズラ属>

2932

2938_1 29412

山鶯神楽、カズラではない。春先に咲く花なのでウグイスの踊りと何処か関係あるのだろう。花の長さは1.5cmくらい、低木で落葉します。明神山頂上に、未だ花は咲いていませんが、生えているのをOさんに教えてもらいました(花が咲いていないと私にはウグイスカグラとは分かりません)。透明感のある実は食べられるそうである。

         4/1 明神山

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

明神山 34

3876 3532 3699   

   今日の明神山、詳細別途投稿予定

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマエンゴサク<ケシ科キケマン属>

2793 2847

2857 同じキケマン属でもキケマン系とエンゴサク系(クサではなくサクです)があります。画像は同じところに生えたいたものですが、色が違うみたいです。葉は3出複葉が互生しているように見えていますが、2~3回3出複葉と書いてある資料もありました。ジロボウエンゴサクという種もあるみたいですが、違いは分かりません。前出のキケマン2種に比べると上品な感じがする花です。

      4/1 三日月弦谷

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

カラクサケマン<ケシ科キケマン属>

2467

2474 キケマン属 続きです、ムラサキケマンによく似ていますが、葉の形が違います。

   3/30 高御位山ふもと

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ムラサキケマン<ケシ科キケマン属>

2055

2056 ケマンとは仏様を飾る仏具のことらしく、キケマン属の花はその仏具の模様に似ているそうです。

   3/29 広峰山

3427

    これは 4/3檀特山のものです

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

檀特山

3457

黄砂は何処へ飛んで行ったやら、昨日とは打って変った透明度

34662

山容に特徴のある明神山、伊勢山もくっきりと

3447 3452_1

立岡山のヤマザクラ 頂上の立派な展望台

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました! 今日は一体何事

3378

      エッ!、お花見ですか

3381

   ここは何処?、正面の山は片山

3345  

   たつの市の隠れた桜の名所です

3348 3364

今日は一年に一度の楽しみ、いろいろお世話になりました。沢山のお土産まで頂いて本当に有難うございました。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

これ何の花?、オシベの帽子?

33011

     これって、何の花かな?

         やがて

3325

 この果実、オシベの帽子を被っています

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

イチリンソウ<キンポウゲ科イチリンソウ属>

2770

2792 2764

2783

直径3cmほどの清楚な花、茎先に一輪だけ咲くので一輪草、別名で裏紅一華(イチゲ)ともいうそうですが、なるほど肯けますね。同じ仲間に二輪草があります。

       4/1 三日月弦谷

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

片山

31711 32221 3194   

 黄砂で霞むたつの市街&鶏籠山・的場山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

明神山 33 (4/1)

2908

29901 3068_1

今日は午前中三日月に寄り道したので、明神山は午後から 。頂上手前で二組の下山者とすれ違ったが、14:50の頂上は人の気なし。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマルリソウ<ムラサキ科ルリソウ属>

2697

      3/31 明神山ふもと

2852

    4/1 こちらは三日月弦谷

勿忘草が咲いていると言われている方がおられましたが、勿忘草は現物を見たことがありませんがよく似ていようですね。オニルリソウというのも同じムラサキ科にありますがこちらは枝振りが違います。花の大きさが半分以下のキュウリグサ(キュウリグサ属)ともよく似ています。瑠璃色しているので山瑠璃草、厳密には山の付かないルリソウと区別されているみたいです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

明神山 32 (3/31)

2613

26161 さて今日は何が始まるのでしょうか、背負子で42kg近くを担いで一体何事ですか。

2652 2653_1 2656 2660

お疲れさんでした、明日からの生活に影響がなければ良いが。

2670 今日の明神山頂上は若い女の子が3名、何時もとちょっと雰囲気が違います。

2679 2682

26841 2687 26911

下山はマイナーコースで二つの池の間に

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ウスノキ<ツツジ科スノキ属>

22791

2281 2290

釣鐘形の花の先端が5角形、果実にも5角形の凹みが付いている。その形が臼に似ているので臼の木。ナツハゼ、スノキも同じスノキ属でよく似ている。枝葉蕾の形はアクシバにも似ている。

      3/30 高御位山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

カタクリ<ユリ科カタクリ属>

28343

2757_2 2826_2 2791

山友達の Fさん の情報で早速 三日月町弦谷のカタクリ群生地に行ってきました。

”もののふの 八十をとめらが 把み乱ふ 寺井の上の 堅香子の花”

      大友家持(万葉集)

  

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒメハギ<ヒメハギ科>

22121

2169 マメ科のハギに似た小さい花なのでヒメハギ、しかし良く見ると花の構造は違います。先端の房状のところとか、羽を広げたような花弁(ガク?)など面白い形をしています。ヒメハギ科に分類される花は少ししかありません。この固体は大きな岩の真近かに直立していましたが

2261

こちらは人が踏んづけそうな縦走路を這っています。

      3/30 高御位山

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »