« クルマムグラ<アカネ科ヤエムグラ属> | トップページ | イシモチソウ<モウセンゴケ科モウセンゴケ属> »

音水渓谷 (5/14)

6645

引原ダム手前で、R29を分けて音水渓谷に入ると、最終民家の先で工事中、無理をすれば入れそうだが、ガードマンが止めるので車を降りて歩くことにする。歩くことのメリットは林道を外して渓流上りができること、そして植物が楽しめることである。

6931_1

途中で林道に戻り、1kmほど歩くと案内板があり、林道を沢側に少し外すと明神滝である。

6712

6738

6770 10mほどの落差の滝で、右側を巻くと滝の上に立つことができ、林道をショートカットできる。

6786

6802

さらに車も上れる林道歩きを1.5kmほど辛抱すると、この東屋脇から林道を分けて、新緑の素晴らしい管理歩道なるコース(トラバース道)に入る。しばし新緑風景をどうぞ。

6811 6828

6842 6852 6858 6847

トチノキ、ミズナラ、カエデなど見られるが、ブナ、ミズメ、モミ、クリなども含めて材木遺伝資源保存林として保存対象になっているそうです。

6908

管理歩道を抜けると、先ほどの林道の先と合流するのですが、林道は避けて渓流を下ります。花はクルマムグラ、コンロンソウ、ネコノメソウ、ウツギ、ヤブデマリなどでした。

長い林道歩きが大変だったが、渓流と新緑を楽しめた。要所までは車で行く方がベターである。紅葉がいいらしい。

| |

« クルマムグラ<アカネ科ヤエムグラ属> | トップページ | イシモチソウ<モウセンゴケ科モウセンゴケ属> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音水渓谷 (5/14):

« クルマムグラ<アカネ科ヤエムグラ属> | トップページ | イシモチソウ<モウセンゴケ科モウセンゴケ属> »