« ラン付けで呼ばれても | トップページ | 2枚の花弁と苞、そして斑紋 »

愛嬌あるでしょう

2893

26791 27501

2997 27602 2802         

この場に初めて顔を見せた ラン科のオオバノトンボソウ です。今年はあちこちの山で姿を見せているでしょう。 7/17 赤穂雄鷹台山

| |

« ラン付けで呼ばれても | トップページ | 2枚の花弁と苞、そして斑紋 »

コメント

指月山さん
こんにちは~~^^
お天気はどうですか?こちらは、まだはっきりしません。
オオバノトンボソウ見たことなかったです
トンボの様に見えますね・・葉は根元に一枚だけですか?見えているのはオオバギボウシですか・トンボソウもあるのでしょうね
今日は何をしているのかなぁ~~
無理をなさらないでね~~

投稿: 笑顔のたんぽぽ | 2007年7月20日 (金) 11時18分

笑顔のたんぽぽさん、こんにちは
葉の様子などとまた難しい質問を・・・。
大きい葉は下の方に2~3枚あります。https://sizukiyama.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/6427_1.jpg
(6/19記事)を参照してください。
面白い花ですね、しかし少し変形していますが、ちゃんと6枚の花弁が有るようですね。距が長いのも特徴ですね。
こちら今はじゃじゃ降りです。
それではまた

投稿: 指月山 | 2007年7月20日 (金) 18時02分

指月山さん  おこんばんわ☆☆

わかりましたぁ~葉は2~3枚のようですね
トンボに見えるものね。
赤とんぼの唄はたつの市が発祥地でした?
ジャアージャアー麺の雨?(笑)じゃじゃ降りって言うの?こっちではジャアージャアー降りって言います。何も降っていません(ニコッ)

投稿: 笑顔のたんぽぽ | 2007年7月20日 (金) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛嬌あるでしょう:

« ラン付けで呼ばれても | トップページ | 2枚の花弁と苞、そして斑紋 »