« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

◆シキミ(シキミ科シキミ属)

40772 40793 40972

日本の樹木では1科1属1種のシキミです(ミヤマシキミはミカン科です、草本ではハエドクソウが1科1属1種ですが)。お墓に供える花としてよく知られていますが、花も葉も茎も毒を含んでおり、特に果実は劇物指定なので要注意です、毒を持つ”悪しき実”が転じて「シキミ」になったとか。葉に隠れて目立ちませんが、3cmほどの雰囲気のある花を付けています。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆高場山 (3/29)

高場山は神河町と夢前町の境界に位置する標高979.6m、四等三角点・点名「柳谷」を有する山である。神河町宮野で上田原川に西方面から合流する支流に沿って上って行く

4598 「新西播磨ハイキング」(だったかな?)に紹介されてから人出が増したようで、この日も我が隣町太子町からの10名ほどのGと、7名ほどのもうひとGと出会った。ところが地元ではイマイチの様で、途中神河町役場やその付近の住民に登山口を尋ねるも不案内であった。2度目の登山であるが前回はつれて来てもらったので登山口がはっきりしなかったので。

4608 46122 4656

西に向かって渓谷沿いに三段の滝を左手に見て上ると貯水池に行き当たる、そこから方向を南西方向に変え、急坂を上ることになる

4639 4641

頂上からは時計回りに笠形山、七種山(ほぼ南方向)、明神山、雪彦山、などの行き慣れた山容が真近かに望める

46941 46611 ユリワサビ、チャルメルソウの花が見られたが、目的にしていた花は未だ先のようで気配もなかった。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆セリバオウレン・その3

47673 45771 4791 4568_3 先日この花が既に果実になっている様子を投稿しましたが、こちらの山では未だ元気に咲いていましたので、しつこいですがもう一度です。今年始めて見た花ですが、今度で三度めです。

上段が雄花、下段が雌花です。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ツクシ

4315 季節のものなので一応投稿しておきましょうかね、横にはカラスノエンドウも咲いていました。これから河原の土手で土筆を摘んではポリ袋に入れる人を見かけるようになりますね、もう既に始まっているのかな?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆八丈岩山の山桜 (3/29)

4504 東の高御位山方面 の山裾には霧が漂っている。今日の天気はまだ大丈夫だが、明日明後日は残念ながら雨模様とのこと。

4528 4522 4540 4506 ここでの山桜の咲き始めはソメイヨシノとほぼ同時である。これから山中で満開を向かえる山桜が、白く丸く浮き上がって山容を変えていく。

私信「携帯TELの電波は止まっています。PCメール、固定TELは生きています」

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ザゼンソウ<サトイモ科>

4406 4425 4402 4367 4351 4430 4445 4460

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ホソバナコバイモ

4187 4196 4182 41612

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆開花盛んな一方で、さてこれは?(3/24)

29871 2944 2956 29611 2936 葉は2回3出複葉、小葉はさらにセリのそれのように深く切れ込んでいる。キンポウゲ科のこの袋果からどうやって種子を飛ばすのでしょうか。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ミスミソウ on parade(3/25)

31781 31821 38572 3837 3889 3855 別名 雪割草で呼ばれる ミスミソウ(三角草)は葉の形からの命名のようです、この葉は積雪に耐えた去年のもので、花後に新しい葉に取って代わるそうです。ここのものは白色ですが、日本海側に咲くものは薄紫、ピンク色のものもあるようです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆フクジュソウ on parade(3/25)

3148 35331_2 31391 3395 3165 3410 34982

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆お奨め その2

4001 3992 豊岡市竹野町の南部外れにある 床瀬そば さんです

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆今週末のお奨め、霊仙山 速報(3/25)

3476 3670 3633 3162 3520 3889 31531 3938 38271 初めて歩いた山でしたが 雄大で延々と続く稜線歩きと、雪解けを待って咲き始めた山野草巡りが最高でした。多賀町の今畑登山口からの周回コースで 6~7時間は必要でしょう。

フクジュソウ、ミスミソウ、セツブンソウ、アズマイチゲ、ミヤマカタバミに、あとヤマネコノメソウ、樹木ではオニシバリの花が見られました。

詳報は別途

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆シュンラン、春を告げるらん

2612 2578 2585 25941 2659 2625 2650 何故か太陽に背を向ける傾向があるようだ。この山今年はシュンラン当たり年である。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆新芽いろいろさまざま

Sin2538 Sin2530 Sin2799 Sin2452 Sin2845 Sin2498 Sin3072 ヤマザクラ、コウヤボウキ、クロモジ、ミツバツツジ、ウワズミザクラ、ノイバラ、ヒメヤシャブシなどの新芽が出てきています。これから心やすらぐ新緑シーズンに入ります。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆咲かぬ蕾のうちが花

22231 26771 27621 2707 24611 ”咲かぬ蕾のうちが花” 開花投稿と順序が逆になったものもありますが、バイカオウレン、ヒメウズ、スミレ、ユキワリイチゲ、シュンラン です

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆八丈岩山

2407 今朝もアドスポーツ主催の おはようハイキング

手取り足取り、懇切丁寧に山歩きの基本が教えてもらえます、自己流中級者も一見の値打ちがありますよ。

24271

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆今日の山歩き

21323    キブシの間に明神山が見えていますよ

2147 2154 2193 2232 2251 22851     奥は 明神山、手前に大天井岳

2277        七種槍、  七種山、  七種薬師

2323

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

◆タテハチョウ科 3種

03261 17401 03561 1539 三月初旬にタテハチョウが一気に飛び交うようになりましたが、新たに成虫になったにしては、翅が乱れている。この3種は秋型で成虫の状態で越冬しいるとのこと、それで気温が上ると一斉に飛び交うのだろう。

キタテハ(上)、ヒオドシチョウ(中×2)、テングチョウ(下)

秋に賑やかだったツマグロヒョウモンは未だ見かけないが。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ユリワサビ(3/18)、例年のように

1995 2060 アブラナ科ワサビ属。味がワサビに、冬場の根の形がユリ根に似るので 百合山葵 とのこと。花径1cmほど、渓流沿いに地味に咲いている

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆雪の氷ノ山(3/16)アルバム

1080 3/16 催行の雪の氷ノ山をアルバムにしました。関係者は見てね~

| | | コメント (12) | トラックバック (0)

◆ユキワリイチゲ、今年は賑やかですね~(3/18)

2025 1907 19031 1992 1938

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆バイカオウレン、もう咲いていますよ!

1798 1779 18181 1782

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆一斉に花開いた、一週間ぶりの明神山

1621 今日の明神山、手前の観音岩と重なってますね~

1481 1527 コショウノキ、いい香りがしていました(Bコース)

1488 1453 1462 愛嬌のある名前 アブラチャン(Bコース)

1578 1558 ダンコウバイ、アブラチャンと紛らわしい(Aコース)

4631 1638 コバノミツバツツジ、ここでも咲き始めています(Cコース)

1590 1591 1593 頂上は15℃ほどでのんびりです、13時過ぎ最後の下山と思いきや 女性Gが上ってきたようです。昨日上った氷ノ山も白い頭を僅かにかすかに見せていました

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

◆今日の山歩き速報

1100 1089 お疲れさんでした、詳報は明日にでも、詳細はまた別途

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

◆既にツツジやヒメオドリコソウが

0786 0804 0873 0811 こちらは籾取山付近からの夢前川下流

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆今朝の八丈岩山から

0753 0752 0754 八丈岩山から南方向に立って、いつものように左(東)から高御位山、仁寿山、男鹿島方面です

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆キクザキイチゲ

0624 0644 0663 06721 0630 ここのキクザキイチゲは少し紫がかっています

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆アズマイチゲ、花開きましたね~

06402 05711 0569

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ヒメリュウキンカ?

05391 0530 国道を走行中道端に黄色く咲く花の群生が目をよぎった。やり過したものの どうも気になって、10km弱走ってから引返した。

姫の付かない立金花ではなさそうだ。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆姫路自然観察の森

04821 0515 05261

ヒサカキとオオバヤシャブシ雌花・雄花

05131_2

麓の桜山貯水池

0499 05071 0508 0511_2

あと二つほど似たようなの掲示版が見られましたが・・・

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆春ですね~

04211 04161 04731 04552 スミレにヒメウズが一気に咲き出しました。ウグイスの拙い鳴き声も聞かれましたが、残念ながら動画(音声)のアップロードができません

04421 0450 04531 ニコニコで 楽しそうですね~、お隣さんは双子さんなのですよ。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

◆金山(3/6)

97711 篠山市と丹波市の境界に位置する、金山540mと、四等三角点鐘ヶ坂426.7mを南東側から望む

9569 9409 9412_2 篠山市側の追入神社から上るのが一般的なようだ、登山口には金山城址の解説板が

9415 9490 登山道にあるこの鳥居何だかやばそうである。鬼のかけ橋 から頂上は直ぐ東である

9496 9500 9501 9503

頂上の解説板「金山城物語」には明智光秀、波多野秀治、八上城、黒井城などの文字が見えます

9510 9515 9520 下山は市境界線を北に採り、三角点を経て、鐘ヶ坂峠に、その後峠道を外して二つのトンネル上を越えて、トンネル(二代目)の南口に下ります。

ここには三代の鐘ヶ坂トンネルあります

9535 9544 95531 9556 9560 9565

初代トンネルは封鎖されています。二代目トンネルを通過する車はほぼ零といっていいでしょう。今は三代目 新鐘ヶ坂トンネル が中心、ここは国道176号線です。

9767 帰りに追手神社に足を延します。ここの「千年もみ」は ”モミとしては日本一(胸高幹周り 7.8m)の巨木である”と解説がありました。またこの当り旧大山村周辺は和泉式部ゆかりの地でもあるようです

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆明神山にて山頂音楽会が

03451  0349 頂上にて一段落つくと、やおら周辺の人々に歌詞シートが配られ合唱の勧めがありました。笠形山の同好会の方々のようです、恒例の楽しい催しのようですね。一方では歌声と暖かさに誘われた春の気配を感じました。

0319 0334 頂上の賑わいの中、蝶が一気に飛び出してきたようです。

0247 0284 アブラチャンの蕾は固そうですが、ダンコウバイのそれはあと一息の感です。

0351 0238 今日の明神山、舞鶴からの女性Gのお客さんもありました

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆おっと危ない!何のこれしき!!

9476s_3 3日ほど前のことですが、「鬼のかけ橋 」と案内があります。 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆虹が滝三景(3/7)

一昨日の画像ですが

0071 9846 9873 今の時期 雪彦山渓流は雪解けで水量は多い方である。出会いから虹が滝間の滝三景である。残念ながら落差一番の滝は狙えない。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆ネコノメソウも、もう咲いていました

これもチャルメルソウと同じで種類がいろいろあって困ります。あまり小さいことにはこだわらないようにしたいのですがね。

0085 0092 9805 9797

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆チャルメルソウ、もう咲いていました

0012 9936 変わった花ですね、クモの巣を連想しするヒゲヒゲが花びら? 何故チャルメラではなくチャルメルなの。

一応ユキノシタ科チャルメル属の花です。

9952 雪解けの中で早くも花開いていますが、やはり小柄?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆セツブンソウ・その2

9667 9666 9678 96962 9690

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆セリバオウレン・その2

9641 9643

9621 ここのセリバオウレンは雄花が目立ちました。

同じキンポゲ科オウレン属でもバイカオウレンは女性的な雰囲気を感じます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆アズマイチゲ、開花はもう一週間後か

9603 9657 96592 同じキンポウゲ科イチリンソウ属の仲間キクザキイチゲ、ユキワリイチゲ、イチリンソウ、ニリンソウなどは優雅な花を付けるので人気である。

なお、イチゲ(一華)は一輪草と同意語である

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

◆雪割一華(その2), 雪彦山の雪の中から

0045 0039 0020 ユキワリイチゲにはやはり雪が合う 、それも雪彦山ならば雪を重ねてなおさらである

0101 花芽は一株だけしか目に入らなかった、ここでの開花は3週間ほど後になるのか

| | | コメント (3) | トラックバック (0)

◆ユキワリイチゲ、未だ早い今年は1週間遅れか

93611 93691 93771 97701 93941 9754

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆アセビ

9180 9189 市街地の庭先では1週間ほど前から咲いていましたが、山中で咲いていたのは初めて目にしました。

9230 こちら天下台山名物 トンビ岩です

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆先ず咲く花、マンサク

9085 9068

9099 この果実の脱殻はトサミズキのそれによく似ていますね、同じマンサク科ですから。天下台山北麓の岩屋池公園にて

9116 今日(3/4)の天下台山の頂上はたいそう賑やかでした

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆セツブンソウ、まさに月遅れ

92881 93072 9303

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

桶居山東西南北十字縦走(3/1)・ルート

8539 8605「 桶居山東西南北十字縦走」はY師匠の命名、先日の速報のように奇岩がゴロゴロしている

Okesuke3

別所町佐土新の山神社裏から南斜面を登り200mピークの稜線へ乗り 桶居山へ、そこから北方向の長い尾根を夕陽ヶ丘に下りる(尾根の最後の小ピーク手前から西に下りる道を採ると近道)、そして夕陽ヶ丘の山裾を西へ、夕陽ヶ丘第二公園西の登り口(A部)から鉄塔を経て再び200mピークの稜線に乗り桶居山へ、最後に桶居の急斜面を東に下りて直ぐの尾根を熊瀧権現(B部)へ下りる。

本来、最後の下りは もう一つ先の221mピーク(別所奥山)を経てその先の尾根を採るルートのようだが。

また、最初の取り付きを白髪神社裏の岩塊登りとして、途中神立岩に寄ってみるコースも面白い。

因みに、たまたま同日(3/1)「かみかわ登山日和」さん達は、桶居山から先 高御位山まで足を延す縦走をされている。

そういえば我々は以前、JR宝殿駅を出発し西神吉町から高御位山の西端へ取り付き高御位・桶居山を経て深志野に下りて、増井山・広峰山・氷室を経て、書写山置塩道から登り東尾根を下りて、峰相山・とんがり山経由でJR太市駅を目指したことがありましたね。達成率は75%ほどでしたかね。

地形図は国土地理院1/25000より

8762     東稜線から桶居山を振返る

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の明神山は !! (3/2)

9005 これ、明神山の頂上なのですよ。一体何事

9000 9039 初春の穏やかな気候の中久し振りに常連さんがそろいましたね

8892 8914 8928_2 遠く生野からのお客さんもお迎えしましたよ

8990 こちらは書写山6参道歩き以来ご縁のご夫妻です

| | | コメント (7) | トラックバック (0)

桶居山東西南北十字縦走(3/1)・速報

8523 8537 8607 8626 8747 8772 8788          詳細別途

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈岩山 7 (3/1)

8502 今日は高御位山系は靄の中、この後 誰かさんお奨めの「桶居山東西南北十字縦走」に出かけました。またブログにアップしますよ、関係者さん見てね~。しかし桶居山周辺はマダマダ面白いコースがあるんだって、Y師匠からメールがドンドン入ってきています。

8491 また何か良からぬ相談をしていますね。何々 氷ノ山、戸倉、スキー、ワカン、・・・。

84951 今日は6時過ぎから雨だったんだけどな~、好きな人が集まってきますね。アレッ T先生、K夫妻の顔が見えませんね~。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »