« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

◆ヤマルリソウ(山瑠璃草)

448710001

449010001

449720001

44890001

48300001

48710001

486910001

48720001

48700001

花の色が青、ピンク、白と順に変化するのかと思いましたが、どうも三色あるようですね。

花の大きさは1cmほど、よく似た花に同じムラサキ科のオニルリソウがあります。またこれの小形版にはミズタラビコ、キュウリグサ、ハナイバナがあります。  ワスレナグサも同じ仲間ですね。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ミスミソウ(三角草)・オンパレ

A50500001

B50440001

C504820001

D50590001

E508020001

F50010001

F506410001

G501910001

H50280001

I50420001

J50400001

山頂に僅かに雪を残していた但馬の山の雪割草・ミスミソウは咲き始めてから一週間というところのようでした。

前回投稿の雪割草はスハマソウ (ケスハマソウ)でしたが、葉の三つの先端が尖っているか、少し丸みを帯びているかで区別されているようです、しかしその葉の違いははっきりしませんでした。花としてはミスミソウの方が少し小振りの感じがしましたが、環境に寄っても大きさは変わってくるかも知れませんね。

上段がミスミソウ、下段がスハマノウの葉っぱです

49620001 50780001_2

08490001 08860001

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆これ「猫の目」に見えますか

475610001

ネコノメソウ命名の由縁になった、その種子の様子です。

45890001

どちらもヤマネコノメソウかな、しかしこの調子で種をドンドン蒔いて繁殖していくのですね。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)

48130001

48110001

3 時間強歩き回って、やっと渓流沿いに自生しているのを一株のみ探し当てました 。1cmに足らない小さな花、背丈は10cm強、見逃してしまいそうです。

ETC1000円を活かして、西へ足を延してみました。西へ行って東国・・・なので、今度は東に行っていつか西国鯖の尾を見たいですね。

サバノオとは変わった名前をしていますが、この果実が鯖の尻尾のように見えることからのようです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆イチリンソウ・オンパレ

47810001

455110001

47510001

48950001

455220001

47430001

48620001

45100001

ニリンソウよりも一回り大きく 2cm強のものもありますかね

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆ニリンソウ・オンパレ

41570001

41600001

419810001

423410001

42500001

42590001

426710001_2

42770001

42800001

42860001

44330001

小雨が降ってきたと思ったら、その後一時薄日も射しました(3/27)

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

◆番外編・ミノコバイモ

36340001

364910001

387620001

365510001

育てられたものなのですが、今まで見たことがなかった花なので・・・、ホソバナコバイモよりも太胴・短胴ですね。花は大体下向きに咲いています、画像のものは少し覗き込んでいます。あとカイコバイモは見たことがありませんが、裾広がりタイプのようですね、それとコシノコバイモというのもあるようです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆番外編・フクジュソウ

F12990001

F89630001

F89660001

今年は山に見に行くことが出来ませんでした、これは育てられているものです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆コオニタビラコ(小鬼田平子)

40380001

40390001_2

404620001

春の七草セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ、このホトケノザは実はこのコオニタビラコのことを言っていた、ということはよく知られている。しかし七草粥の時期にこの花は咲いていない、それでどんな花なのかはあまり知られていないように思う。この花は前出のレンゲと同じ田圃に咲いてた。ハナニガナ によく似ているが、羽状に切れ込んだ葉が識別点の一つである。

コオニタビラコは別名タビラコで、キク科ヤブタビラコ属、この仲間にオニタビラコ(背が高い)、ヤブタビラコ(舌状花の枚数が多い)もあるのでちょっとややこしい。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆山帰りの道草

40210001

40200001

40630001

406910001

40500001

39920001

40090001

40050001_2

39950001

最近は田圃一面にレンゲが咲いているのを見ることが少なくなりました、むしろホトケノザが一面に咲いているのを見ることの方が多いです

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆ヤマエンゴサク

37380001_2

376830001

38340001

38510001_2

368440001 377310001_3

今にも飛び立んとしているような、そして何だか愛嬌のあるこの姿は、私のお気に入りの花一つです。一般にケシ科に分類されていますが、その中のキケマン属、コマクサ属をケマンソウ科として別分類している場合もありますね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆山野草の葉っぱ4態 &2筋の滝 2景

新しく花開いた山野草には出合えませんでしたので

330210001

33570001_2

32650001_2

35410001

上から リンドウ科、キンポウゲ科、シソ科、ユリ科の今の葉っぱの状態です。

34470001

33180001_2

同じ渓流の2筋の2つの滝です、上流が落差10m弱、下流が5m強かな。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆フサザクラ(房桜・フサザクラ科)

32330001

32360001

317610001

32000001

フサザクラは日本では一科一種のフサザクラ属で、バラ科の桜の仲間ではありません。15m強の落葉高木で、新芽の小さい時期に赤っぽいオシベを房状にぶら下げた沢山の花を付けているので(花弁はありません)、ちょっと変わった雰囲気が味わえます。渓流沿いに咲いているので、目の前を霧状のものが舞った時は、水流の霧が舞ってきたもの思っていたら、なんと わずらい の元になりそうな花粉を目一杯飛ばしていました。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆クロモジ(クスノキ科クロモジ属)

303360001

30920001

30900001_2

308520001

クスノキ科クロモジ属のアブラチャン、ダンコウバイ、クロモジ3兄弟のしんがりに花を咲かせます。若葉と共に花を咲かせるところが先行組とちょっと違いますね。カナグギノキ、シロモジ、ヤマコウバシも同じ仲間です。

クロモジに関してはLINK先の Aladdin's cock さんの「黒文字物語・・・」 が面白いですよ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ナガバノモミジイチゴ(長葉の紅葉苺・バラ科)

30530001

305010001

307510001

葉が大きくなると、5裂してモミジ葉様になるのでモミジイチゴです。キイチゴと呼ばれますが、果実が黄色く熟すので黄苺だと思っていましたが、木本なので木苺のようです。黄色い果実は山で食べると美味しいそうですが、枝に棘が多いので要注意ですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ヤマウグイスカグラ(山鶯神楽)

299320001

29840001

29900001

29780001

31180001

スイカズラ科の木本で、細かく言うと ウグイスカグラ、ヤマウグイスカグラ、ミヤマウグイスカグラがあるようですが、中間を取ってヤマウグイスカグラとしました。対になっている感じの花も可愛いですが、この果実もなかなかいいですよ。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆カタクり Part 2

283810001

26880001

28620001 274200011

28050001

27810001 27850001

一応自生地ですが、保護区なので近寄れません。未だ少し早目、今度の土日曜日くらいがいいのかな。三日月町弦谷でした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆センボンヤリ (3/21)

25220001

25750001

25040001

25620001

しまったな~、花弁の裏紅を しておかなくてはね(昨年の裏紅の様子)。大きさ1cmほど、背丈5cm強の花は背景に埋もれて目立たず、咲いていてもちょっと気が付きません。周囲には 秋の閉鎖花 (こちらは背丈が高い)の綿毛の飛んだ槍(茎)を残しています。

春には開放花、秋には閉鎖花と、季節によって花のつくりを変えるところが知られていますね。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ルリシジミ (3/20)

飛んでいる時しか翅表を見せてくれませんね~

22850001

ルリシジミは成虫越冬はしないそうで、蝶では春一番の蛹からの羽化組とのことです。ヤマトシジミに似ていますが、前翅長2cmほどでヤマトより少し大型です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆山桜、辛夷、三つ葉躑躅、春蘭

今日22日はで鬱陶しい、昨日21日下の で憂さ晴らしです

23470001

23370001

23400001

23900001

23880001

23860001

242510001

260310001

足元を見れば 珍しく枝分かれしたシュンランです

246910001

しかし先日投稿したシュンラン3兄弟は、何故か花が無くなっていました

23500001 2400_0001

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆アマナ&キバナノアマナ

12760001

12870001

127220001

10430001

103710001

102310001

花の大きさはアマナの方が一回り大きいが、背丈はアマナの方が低いかな、キバナノアマナは地元では見かけませんね~

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ユキワリイチゲ濃淡2種類 (3/17)

10170001

09470001

自生のもので、これだけ濃い色をした花には初めてお目にかかりました。白っぽい花( )が大部分を占めている中の、ある少しの範囲にだけまとまって咲いていました。

091710001_2

09270001

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆オドリコソウ

22090001

22020001

22280001

笠を被った踊り子さんが並んでいるように見えるので踊子草ですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆笠形山竜ヶ滝(大屋)コース滝三景(3/19)

179910001

17640001

先ずは「二重ヶ滝」、手前のミツマタの黄色がきれいだったのですが、やはり より現物ですね。「二龍が瀧」の案内板もあったのですが別物なのですかね。

16720001

13930001

続いて「勝負滝」、名前のいわれが案内してありましたが、記憶に残っていません。

14400001

14360001

こちら竜ヶ滝、この登山コースの名前にもなっています、堰堤から水が落ちているような幅広い滝です。

15550001

15720001

笠形山から千が峰を望む定番のアングルです

こちら 道中で見かけた花などで、ミヤマカタバミ、ユリワサビ、タチネコノメソウ、キュウリグサ 、ではなくヤマルリソウのようです、クリンソウは未だ葉っぱだけ、苔の花、そしてシキミにミツマタです。期待していた花2種は未だでした。

14900001_2

15780001

153110001

158910001

16210001

151910001 152510001

159310001

13900001

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ユキワリソウ・オンパレその2

A10990001

A11040001

B10900001

B12510001

C106810001

D11120001_2

E1228_0001

F108010001

G11900001

H11140001

I11920001

I12070001

ユキワリソウ、その色は太平洋側は白、日本海側はピンクと一般的にはいわれているようですね。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ユキワリソウ・オンパレその1

077520001

07920001

08610001

09130001

08550001

082510001

07350001_2

07410001

081520001

08350001

087210001

08730001

09010001

092110001

101020001

ユキワリソウ、語感的にはもう遅い感じのする花ですが、ここではまだまだ楽しめるようです。三角形の葉の先端が少し丸みを帯びているので、スハマソウorケスハマソウのようです。

その2ではピンク版を予定しています、また覘いて見て下さい。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆春を告げるらん、シュンランの咲き始め

131310001

133510001

13230001

画像は本日(3/18)のものですが、記事は 2007_03_24 分をそのまま Copy&pasteです

春に咲く代表的なラン。誰かさんがお汁に入れると美味しいとおっしゃっていましたが、お茶もいいらしい。ランの花の構造は基本的にみな同じ、萼片×3(背×1、側×2)、花弁×3(側花弁×2、唇弁×1)らしいです。

       3/23 明神山

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆カタクリです、早いでしょう

078210001

08810001

08970001

09670001

099210001

09970001

早いでしょう、執念で探し当てましたからね 

山間部自生のものです

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆バイカオウレン、ホソバナコバイモの その後

043010001

047100011

03540001

前回は一株のみの開花でしたが、暖かい日が続いたので十数株開いていました。

05530001_2

06110001

05970001

こちらも開いたといえる状態になっていました

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆キブシ

06630001

06690001

06800001

キブシの花が穂状の根元の方から咲き始めたようです。キブシは漢字では木五倍子、字余りですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆春ですね~、暖かい陽射しに誘われた蝶たちです

015620001

01670001

013610001

01440001_2

テングチョウは一気に姿を現したようです

97250001 97230001

97430001 97380001 97350001 97450001

こちらはヒオドシチョウです

01190001

011010001

こちらキチョウにキタテハです。

あとアカタテハも早かったですね、いずれも越冬組みでしょうかね。

こちらは3/16に見かけた、新春で色鮮やかなルリタテハ、それとアカタテハです。

05260001

06350001

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆フラサバソウ

994410001

990810001

992110001

991510001

花の大きさ5mm弱、オオイヌノフグリの半分ほどの小型版、それでイヌノフグリかなと思っていましたが、どうもフラサバソウというようです。

初めて聞く変わった名前ですが、何でも長崎でこの花を見つけた、2人のフランスの植物学者の名前から取ったとのことです。

帰化植物で毛深いところ、子葉を残している(下の画像)ところが特徴、あちこちで見かけますが、小さい花なので目に止まることが少ないようですね。果実もイヌノフグリ容ではないようです

こちらオオイヌノフグリです

018920001_2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ホソバナコバイモ

96460001

965810001

979910001

ホソバナコバイモはキバナノアマナに引続いてユリ科では今年2番目の開花です。

前回より少し膨らんできましたが、もう少し開くのでしょうか、また様子を見てきましょう。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

◆アズマイチゲ オンパレ

A926110001

C922210001

D91760001

E91540001

El91400001

F908810001

F92230001

I92660001

J923010001

K88470001

M92680001

N887700011

O89240001 P90790001_2 Q92780001_2 T927110001_2 V92840001_2

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ダンコウバイ

96290001

982910001

96060001

ダンコウバイの花も咲き始めました、少し前から咲き出しているアブラチャンとよく似た花です。この両者の区別は葉が付いていると容易に分かるのですが、今の時期の見分け方は、枝振り&花の雰囲気(色と大きさ)くらいですか、何だか曖昧ですね。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆早い開花のコバノミツバツツジ

955820001

958710001

95980001

これは戻り咲きの部類ではなく、春の正常開花のようです。ここ明神山では2株が花を咲かせていました。

今年は山野の花は相対に早く、「桶居山にてミツバツツジが満開!」との情報が携帯から画像付きで入りました。

Caofjg830001 

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

明神山からの展望(3/12)

明神山からの北方面は「那岐連峰、水剣山・日名倉山、後山連峰、黒尾山、植松山、雪を冠した三室山、真っ白な氷ノ山三の丸のほんの一部」を望むことが出来ます。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ヒメウズ

87900001

ヒメウズもキンポウゲ科の春早くから咲く花の一つです、既にキンポウゲ科特有の尖った袋果を付けていますね

88070001

ほとんどが下向きに花を咲かせています

872710001

87170001

道端によく咲いていますが、1cmに満たない小さな花なので目立ちません、そして花の造りも分かり辛いです。白いのは萼片で、その内側の黄色のが花弁、そしてオシベが見えています。オダマキの小型版という雰囲気ですかね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆新春デビューに頬を染めて

86240001

86220001

こちらは新春デビューで少し照れ気味の姫榊さん

86300001

86290001

こちらのヒサカキは恥じらいの気配はありません

357910001_2

864410001

こちらはお馴染みアセビの両者です

86030001

3月9日の天下台山、その頂上の様子です

86350001

霞んで奥に浮き上がっているのは小豆島です

この山でトップの山野草はニガナ辺りかな?

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆セントウソウ

85550001

85490001

85360001

85480001

セリ科の先頭を切って咲くのでセントウソウ??、ここでは今が咲き始めです。一つ一つの花の大きさは数mmと小さくて、上手く 出来ません。普通 2回3出複葉、人参のようなセリ葉を付けていて別名オウレンダマシ、ここでは渓流の岩場に咲いています。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆キバナノアマナ

924750001

93070001

90130001

キバナノアマナ(黄花甘菜)は黄色をしたアマナと聞いていたので、アマナに似ているものとばかり思っていましたが、同じユリ科でもキバナノアマナ属とアマナ属ということで かなり雰囲気が違っていました。大きさは2cmほどでアマナの半分くらい、どちらかといえばコキインバイザサに雰囲気が似ている感じがしました。

初見の花 今年2号で~す

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ミヤマカタバミ

85000001

72450001

85010001

848220001

76050001

この花は元気よく咲いている姿をなかなか見せてくれませんね~、気候の関係なのか大体しおれ加減のことが多いです

大きさは3cmほどですか、カタバミ属の中では大きい花ですね。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆バイカオウレン

841810001

840320001

8444100011

843710001

前出のセリバオウレンと同じキンポウゲ科オウレン属ですが、花の雰囲気がちょっと違いますね。ここでは今が咲き始め、セリバオウレンより少し遅れます。緑の5っの丸いのは花弁が変化したもの、白い5枚は萼片とのことです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆セリバオウレン Part 2

81670001

81560001

滝に寄り道した時、かなりの群生に出合いました。その中に上手く光線に輝いている2~3株がありました(上)

81210001

その時の不動の滝です、落差20m弱?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆山野草のカムフラージュ?

82640001

何から身を守るためにカムフラージしているのですか

82200001

825110001

それはね、人目に付くと 盗掘されたり、 のために荒らされたりするからなのですよ

82140001

でも皆さんに見て欲しいので、カムフラージュしていない仲間もいるのですよ

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆アカタテハ Part2

82830001

82820001

縄張りを守っているのですかね~、もう一頭が近くに飛んでくると、直ぐに飛び立って追い払うように並行して飛び回り、侵略してきたその一頭を追い払ってしまうと、また陽だまりに戻って日向ぼっこをしています、その繰り返しを延々と続けています。このような行為はスミナガシ、ツマグロヒョウモン、ルリタテハなどのタテハチョウ亜科で何度か見かけた記憶があります。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ザゼンソウ

80060001

80510001

79920001

802920001

ここでは咲き始めたところで、周囲には雪も残っていました、これから楽しめますね。渓流沿いの湿った所に咲きますが、水の中でも育つのですね。背丈は10cmほどですかね。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆シロバナネコノメソウ part2

前回のシロバナネコノメソウは茎葉も付いておらず 写りがが悪かったので、別の花を見つけて取り直してきました

76560001

764910001

765310001

766410001

開花してしばらくすると葯の色は抜けてしまいます

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆因達神山(イダテノカミヤマ)=八丈岩山

79520001

79600001

今日のアドおはハイは 、八丈岩山頂上にて、この山の大先生 Tさんの古典の講義です

796510001

先ずは 先月 2/27各全国紙の紙面を大々的に飾った『奈良時代中期に姫路から山口県に渡ったことが解明された石板』の記事からです。石板には「飾磨郡因達ノ郷・・・」の彫刻があるが、飾磨郡因達ノ郷とは今の姫路市新在家、この八丈岩山の位置する町である

79580001

79710001

続いて岩波書店・日本古典文学体系 『風土記』の播磨の項より、因達神山(現八丈岩山)に関する記述、”大汝命之子は当時は島であったこの山に、水補給のために上陸し、心行甚強の息子 火明命を置き去りにして出航した、それに怒った火明命は嵐を起こし船を難破させた、その時流出した、櫛、琴、箱、冑、稲などが漂着した14の丘の神話など”の講義である

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆ユリワサビ

723710001

600810001

69970001

788210001

ユリワサビは山中の渓流沿いなどでよく見かけます。

花がワサビに、根茎がゆり根に似ているということで、ユリワサビという優雅な?名前を貰っていますが、白い十字花からも分かるようにアビラナ科の仲間です。花の大きさは1cmありません。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆アブラチャン

75800001

738910001

79060001

種子や樹皮に油分を多く含んでいるのでアブラチャンとのことですが、何だか親しみのある名前ですね。

水平気味に細かく分岐した枝を伸ばして、葉を出す前に花を付けるので目に付きやすいですね。でも枯葉を残したままの株をたまに見かけます、どう違うのでしょうかね。

アブラチャンに引続いて、同じクスノキ科クロモジ属のダンコウバイ、クロモジが花を咲かせ始めます。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆苔の花

苔の花  苔には花は咲きませんね~

79240001

763720001

76180001

716910001

75860001

703520001

74690001

「苔の花」は正式には「蒴」で、その中に繁殖のための胞子が入っている「胞子嚢」です。一番下のものはちょっと違うかな?

「苔咲いて雨ふる山井澄みにけり」 飯田 蛇笏。   「苔の花」は夏の季語だって

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆今日の雪彦山・新たな記念プレートが

75230001

駐車場には久し振りの太陽に誘われた人々が

77270001

新たなプレートが一枚増えました、ここは雪彦山大天井岳です

77310001

麓の山之内小学校恒例の卒業登山、これで堂々胸を張って中学生です

77680001

77770001 77930001

この経験はいい思い出となり、人生において必ず役立ってくれることでしょう

しかしなかなか決まっていますね~、将来は立派なアルピニストですかね

たまたま頂上で出会って、下山が一緒になっただけで、直接関係はありません

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ヒオドシチョウ

今日は啓蟄ですが、土の中からではなく 葉の裏から?越冬中のヒオドシチョウが飛び出してきました。人懐っこい蝶で頂上の子供達の帽子などに何度も止まっていました。

77170001

77160001

雪彦山大天井岳にて

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

74850001

74770001

74550001

750110001

                                                   

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆コチャルメルソウ

ユキノシタ科チャルメルソウ属にもいろいろ種類があるようですが、これはコチャルメルソウのようです

61620001

71400001

617610001

61640001

613620001

610410001

ヒゲのように放射状に出ている5個が花弁、その内側にある丸い5個が雄しべとのことです、愛嬌のある花なのでつい覗き込んでみたくなりますね。花の形がラーメン屋さんのチャルメラに似ていることからの命名とか、でも何故チャルメソウなのですかね~。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆タチネコノメソウ

ネコノメソウには似たものが色々あってややこしいですが

722220001_2

721020001

72000001

717910001_3 

これは葉が互生、萼裂片は平開、雄しべは8個でタチネコノメソウ、草花質問サイトでMMさんに教えてもらいました。しかしツルネコノメソウ、イワネコノメソウもよく似ていますね。

こちらは先日投稿したヤマネコノメソウですが、ちょっと雰囲気が違いますね

723310001_3

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆明日からまた雨模様

明日からまた雨模様なので今のうちにと思い出かけてみましたが、冬に逆戻りした状態では大きな変化は見られませんでした

692510001

69390001

696410001

72450001

709310001

710310001

70030001

729010001

72780001

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆雪彦山からの展望 (3/2)

笠形山(霞んでいる)~七種連峰~明神山への展望です。 今日の雪彦山は小雪が舞っていました。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆毛無山 1218m (岡山県新庄町)

本日は全国的に晴れ模様だと思っていましたが

65010001

新庄町に入って少し雨が降りましたが、登り始めには日も射して青空期待でした

65520001

6合目まではスムーズに登れましたが、そこから休憩舎のある9合目までの急登には辟易しました

66010001

ここからの大山の勇姿を期待していたのですが

66180001

何と雪が降り出してしまいました、そんな中 白馬山に向けての縦走開始です

66340001

66380001

稜線は風も強く、みるみる樹木が着雪していきます

66460001

66540001

吹雪き模様になっています

66750001

鳥取県俣野への分岐点はカタクリの群生地で有名です

67420001

67640001

白馬山1060mへ到着、ここから稜線を外れて下山にかかります

67660001

67780001

毛無山~白馬山の稜線付近はブナの大木が多いですね

67950001

南斜面は穏やかなものです

とり急ぎの投稿です、また経過時間なども含めたアルバムにでもしたいと思っていますが

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

毛無山・モブログ速報

Moblog0001

少々吹雪き加減です

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »