« ◆半開きのコキンバイザサ(小金梅笹) | トップページ | ◆本当?、60年に一回咲き そしてその後  枯れる、 クマザサもどき »

◆山野の蘭では一番よく目にする、ネジバナ(捩花)です

A48240001

D482710001

H483130001

側萼片×2、背萼片×1、側花弁×2、唇弁×1、の計6枚の花弁を対象に開いたランの花の造りになっていますね。南方の日当たりの良い山では開花が早く、既に一週間ほど前から見られたようです。

| |

« ◆半開きのコキンバイザサ(小金梅笹) | トップページ | ◆本当?、60年に一回咲き そしてその後  枯れる、 クマザサもどき »

コメント

ねじりながら花を咲かせているから ネジバナですか
山地では自然に生えているのでしょうが 気がつきません。
目のやり所が違うのでょう 名前も知らないから素通りです。

投稿: やまちゃん | 2009年5月17日 (日) 10時13分

おはようございます

ネジバナ、色々な花を楽しみながら拝見しています、最近は動画もありよけいに楽しみですよ、先日の雪彦山山頂からの動画も最高です。

本日は雨、自宅でゆっくりしています
(o^-^o)

投稿: 山ちゃん | 2009年5月17日 (日) 11時47分

やまちゃん、こんばんは
そうなんですよ、茎を捩じっているのか、花を螺旋状につけているのですよ。
江戸川河川敷にも咲いていると思いますよ、日当たりの良い、他の草の背丈が低いところをみてね
公園などの芝生の中にもよく咲いています、   背丈は20cm足らずですかね

投稿: 指月山 | 2009年5月17日 (日) 22時02分

山ちゃん、今晩は
雪彦山からの展望の動画、見てくれたのですね、有難うさんです~。何回登っても、都度景色が違っていますね。
初見の花にもなかなか出あえず、毎年の繰り返しになってしまって

投稿: 指月山 | 2009年5月17日 (日) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆山野の蘭では一番よく目にする、ネジバナ(捩花)です:

« ◆半開きのコキンバイザサ(小金梅笹) | トップページ | ◆本当?、60年に一回咲き そしてその後  枯れる、 クマザサもどき »