« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

◆風変わりな花 3様

21462img_0001

3447img_0001

21171img_0001

続きを読む "◆風変わりな花 3様"

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆雪割草(ミスミソウ)

33521img_0001

雪の中で開き切っているものは見当たりませんでした

続きを読む "◆雪割草(ミスミソウ)"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆雪の中のザゼンソウ

3171img_0001 もう遅いかと思っていたザゼンソウですが未だ大丈夫でした、今年は開花が遅いのか、或いは花期が長いのか

続きを読む "◆雪の中のザゼンソウ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆雪に見舞われたバイカオウレン

28911img_0001

たまたまですが雪の降る中のバイカオウレンとなってしまいました、昨年は4月2日の雪のバイカオウレンでしたが、前日の雪の中でした

続きを読む "◆雪に見舞われたバイカオウレン"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆雪に見舞われるヒカゲツツジ・3/29

3027img_0001

3094img_0001

2964img_0001

寒波の来襲で今日の雪彦山も雪に見舞われました、そんな中ヒカゲツツジが開花、アケボノツツジも少しだけ。しかし3月開花とは早いですね

続きを読む "◆雪に見舞われるヒカゲツツジ・3/29"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆トゲミノキツネノボタン&タガラシ

1944img_0001

18671img_0001

どちらも今頃の時期の田圃に咲いています

種名をウマノアシガタからトゲミノキツネノボタンに訂正すました

続きを読む "◆トゲミノキツネノボタン&タガラシ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆今日の八丈岩山・3/27

1888img_0001

今日の被写体はいつもと少し違うようです

続きを読む "◆今日の八丈岩山・3/27"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆オキナグサ・番外編ですが

1793img_0001

続きを読む "◆オキナグサ・番外編ですが"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆渓流沿いの花々

雨が続くので山野が歩かれませんね~、5日ほど前に渓流沿いを遡った時に咲いていた花の投稿です

0659img_0001

これはアオザゼンソウですかね

続きを読む "◆渓流沿いの花々"

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆サクラの原種か ヤマザクラ

1156img_0001

山野に自生していて サクラの原種ともいわれる山桜です。白い花と赤っぽい若葉とを同時に展開します。ソメイヨシノは花が先ですがね。

続きを読む "◆サクラの原種か ヤマザクラ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆明神山への初挑戦・3/22

1333img_0001_4

Mちゃんの明神山初挑の模様です。Cコースを登って(前編)Auコースを下りて(後編)います。後編は↓「続きを読む」を開いてみて下さい

続きを読む "◆明神山への初挑戦・3/22"

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆春にしか見られない蝶 ミヤマセセリ

1017img_0001_2

ミヤマセセリは3月と4月しか見ることが出来ないとのこと、ということは 最近よく見かける成虫越冬組の蝶ではなく、この春に羽化したということですかね。前翅に白い帯模様を持っているのは♀です

続きを読む "◆春にしか見られない蝶 ミヤマセセリ"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆テングチョウ

0616img_0001

この時期のテングチョウは成虫越冬組なのですかね

続きを読む "◆テングチョウ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆シュンラン

09372img_0001

山野のシュンランが咲き始めました。春を告げる蘭、私にとってはランの咲き初めです

続きを読む "◆シュンラン"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆今日の八丈岩山・3/20

0724img_0001

八丈岩山の山桜がほぼ満開状態でした、少し遠すぎて出来ませんでしたが、また何処かの山で撮ることが出来るでしょう

続きを読む "◆今日の八丈岩山・3/20"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ミノコバイモ&ホソバナコバイモ

02861img_0001

ミノコバイモ、山野に自生しているものを見たのは初めて、感動ものでした。

0492img_0001

ホソバナコバイモ、こちらも山野に自生のもの、ここでは先日見た所より かなり沢山咲いていました

続きを読む "◆ミノコバイモ&ホソバナコバイモ"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ルリタテハ

0201img_0001 鮮やかな色をしていますが、新たに羽化したものではなく、成虫で越冬していた蝶です。素早く遠くへ飛び去ります、しかし暫らくすると大体元の位置に戻ってきます。模様の関係で前後翅の境目が判り難いですね

続きを読む "◆ルリタテハ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆新龍アルプス縦走3/14・公式記録員

9932img_0001

前編、中編、後編に分けたデジブックで編集してみました。前出の動画も合わせて見て下さいね。

続きを読む "◆新龍アルプス縦走3/14・公式記録員"

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

◆ホソバナコバイモ

96511img_0001

ホソバナコバイモ、この花も毎年のことですが、やはり見逃すわけにはいきません。今年も数株花開いていました。

続きを読む "◆ホソバナコバイモ"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆但馬の雪山模様

少し情報が古くなりましたが、何だか興味をそそる 以下のmailが飛び込んできましたので無断転載ということになりますが、

一声頂ければ応援に駆け参じたものを、と返信しておきましたが。好きな人もいますね~

『 蘇武岳、扇の山を攻めてみましたが、いずれも撤退。・・・山から3
連敗となりました。
冒険の概要です。
12日(金) 名色スキー場から蘇武岳を目指すも、スキー場最上部の少し上ですでに
昼になってしまい、引き返し。
      先行者なく、急斜面のラッセルは、がんばって50cm足を上げるも、沈み
こみと滑りで10cmの前進だけと
      なってしまってギブアップ。湯村で温泉に入って、道の駅矢田川で車中
泊。
13日(土) 扇の山へ。海上部落の少し奥で車を駐車。歩き始めるもこの日もまた先
行者なく、二人で交代しながら
      ラッセル。上山高原までの6km弱に4時間半かかる。昨日同様湿った重い
雪(べちょたれ雪)に降参。
      結局、上山高原の避難小屋で泊。天候はまずまずでした。
14日(日) 快晴。でも、とてもこの雪では頂上まで行けないと判断し、上山高原を
スノーハイクして帰ることに決定。
      帰りは約2時間半で車まで。すれ違った人は単独行のスキーヤーとス
ノーシューの若い夫婦の二組のみ。

といったような訳で、この3日間、十分にスノーシューハイクが楽しめました。』

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆新龍アルプス縦走・公式記録前にちょっとだけ

8CC公式記録員、大体は暇なことが多いのですが、ここのところちょっとバタバタしていまして、公式記録投稿(デジブックかな)には少し猶予を・・・

続きを読む "◆新龍アルプス縦走・公式記録前にちょっとだけ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

新龍アルプス

新龍アルプス
穏やかな気候で最高です

続きを読む "新龍アルプス"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

的場山

的場山
宴会はまだ先で〜す

続きを読む "的場山"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆今日の明神山・3/14

9675img_0001

続きを読む "◆今日の明神山・3/14"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆番外編・JR本竜野駅舎新築祝賀式

9535img_0001

3月14日 JR本竜野駅舎新築披露祝賀式典がとり行われました。クスダマ割りなどの本番は見ることが出来ませんでした。姫新線力が入っています

続きを読む "◆番外編・JR本竜野駅舎新築祝賀式"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆今日の八丈岩山・3/13

9515img_0001

いい気候になりましたね~、ベテランさんの一部もここでのんびりとタムロしています

続きを読む "◆今日の八丈岩山・3/13"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆キブシ

8933img_0001

漢字を当てると木五倍子。五倍子はフシまたはゴバイシでヌルデに出来る虫こぶ、黒の染料に使われます。キブシはフシの代用染料として使われたことによる命名、夜叉五倍子(ヤシャブシ)も同じですね。

昔 姫路で暖簾を買ったとき、その店では自ら山にフシを求めて、自分で染めているのだといわれていました

そういえば この花、縄暖簾の雰囲気もありますね

続きを読む "◆キブシ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ヤマルリソウ

9199img_0001 岩壁に一株だけ咲いていました。これからあちこちで見られるようになると思いますが、咲き始めはかなり早いのですね

続きを読む "◆ヤマルリソウ"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆タマゴケ&スギゴケ風

9217img_0001

8475img_0001

一列に並んでいないのでピントが合わない~

どちらも水気の多い岩場で見かけますが、下のものは種名がはっきりしません

続きを読む "◆タマゴケ&スギゴケ風"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆雪の中の風景・3/11

9283img_0001

9314img_0001

9343img_0001

9338img_0001

上からツチグリ、次はシイタケ とは違うみたい、そしてアオキの実ですかね、最後はユキワリソウの葉っぱです

こちらは昨日 のシキミの花です

9099img_0001

続きを読む "◆雪の中の風景・3/11"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆雪のバイカオウレン・3/11

9431img_0001

9422img_0001

バイカオウレン、花開いた後 雪に降られます。昨年は4月2日雪に見舞われていました、そんな花を期待していたのですが・・・

続きを読む "◆雪のバイカオウレン・3/11"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆今日の雪彦山・3/11

9433img_0001

雪彦山大天井岳です、虹ヶ滝から登りましたが、昨日のものと思われる踏み跡だけでした、でも

9475img_0001

出雲岩コースを下りると、途中からそれまで無かった真新しい下山の踏み跡が現れました。ここは展望岩、10名ほどの方が休憩中でした

9481img_0001

下山時の駐車場です。今日が雪彦山のツアーに当たったようですね、でもちょっと大変だったですね

続きを読む "◆今日の雪彦山・3/11"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆今日の明神山・3/10

9131img_0001

9120img_0001_2

90841img_0001_2

頂上で虹が見られました、その頂上15cmほどと 思っていた以上に雪が積もっていました

続きを読む "◆今日の明神山・3/10"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆頂上寸前で余儀なく撤退の沖ノ山・3/8

8540img_0001

出発地点は若杉原生林です 8:10

続きを読む "◆頂上寸前で余儀なく撤退の沖ノ山・3/8"

| | | コメント (10) | トラックバック (0)

◆アブラチャン(クスノキ科クロモジ属)

8018img_0001

川筋にこんなに沢山のアブラチャンの木が生えているとは・・・、一気に花開いたおかげで気付きました、アブラチャン並木の雰囲気でした。

でもアブラチャンとは、親しみの持てる名前でいいですね

続きを読む "◆アブラチャン(クスノキ科クロモジ属)"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ユキワリイチゲ part 2

8292img_0001

前回と同じ山ですが、広い範囲にポツポツという感じで、そろって咲いていたのは一箇所2輪のみ、花もあまりきれいではありませんでした。太陽光不足なのですかね。

続きを読む "◆ユキワリイチゲ part 2"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆タチネコノメソウ&ヤマネコノメソウ

8404img_0001

8379img_0001

タチネコノメソウとヤマネコノメソウ、よく似ていて ここでは同じように渓流沿いの岩に咲いていますが、葉の形と付き方など少し雰囲気が違います。

以下左がタチ・・・、右がヤマ・・・です

続きを読む "◆タチネコノメソウ&ヤマネコノメソウ"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆コチャルメルソウ

83322img_0001

コチャルメルソウの花、何か愛嬌がありますね。ヒゲヒゲが一応花弁のようです。水のかかりそうな渓流沿いに咲くユキノシタ科の花、その花の大きさは15mmほどです

続きを読む "◆コチャルメルソウ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆セントウソウ・別名オウレンダマシ(セリ科)

82591img_0001

5弁の一つの花の大きさは5mmほどとかなり小さなものです、渓流沿いの水気の多いところに咲くセリ科の花です

続きを読む "◆セントウソウ・別名オウレンダマシ(セリ科)"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆フクジュソウ・番外編 3/4

8047img_0001 雪彦山手前の民家の庭先に咲いていたので、ちょっと させて頂きました、この花結構育てやすいようですね。

でも本番は山野に自生のものです、今年は2年振りに例の山に出かけたいものです

続きを読む "◆フクジュソウ・番外編 3/4"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆バイカオウレン・3/4

81311img_0001

先日 雨の合間をぬって出かけてみると咲き始めたところのようでした。バイカオウレンはこの辺りでは 麓で見かけたことがなく、山の中腹、稜線で咲いています

続きを読む "◆バイカオウレン・3/4"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆セリバオウレン Part 2 ・3/3

7802img_0001

セリバオウレンに出合うまで3年ほどかかったのですが、一度出合うと後は あちこちで見かけるようになりました。そんな中 今日は2回3出複葉を確かめてきました。

続きを読む "◆セリバオウレン Part 2 ・3/3"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »