« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

◆山野で鮮やかオレンジが目を引くフシグロセンノウ

園芸種かと思わせるほどの色鮮やかなフシグロセンノウ、でも直に花弁に白点が生じて見栄えが悪くなってしまいます、 を撮るのなら開花直ですね

9360img_0001

93401img_0001

9443img_0001

こちら 同じナデシコ科の仲間 カワラナデシコ、まだまだ頑張っています

16071img_0001

0652img_0001

8/30

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

◆秋の気配三景

95521img_0001

ゲンノショウコウは果実に、もう少しすると神輿状になって種を飛ばします

9636img_0001

アキノノゲシ(秋の野芥子)の開花です

95801img_0001

9565img_0001

山間部では既に稲の刈り取りが行われていました(早稲固有種でしょうね)

8/30

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆これはマルバノホロシかな

マルバノホロシ、ヤマホロシ、ヒヨドリジョウゴ は似たもの同士、決め込むのに困ってしまいます

B5519img_0001

55231img_0001

C5559img_0001

Ca5543img_0001

D5572img_0001

この果実、赤く熟してヒヨドリ好み?

E59731img_0001

つる性植物で 他の低木を覆うように茎を伸ばしていきます

8/26 七種滝林道にて

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆雪彦山 クサリ場下りて ツルリンドウ

おはようハイキングの後、雪彦山を覗いてみました

7427img_0001

7439img_0001

雪彦山も秋の気配ですね~、クサリ場下にツルリンドウが一輪咲いていました

7293img_0001

7838img_0001

82511img_0001

ミヤマママコナ、ヒナノウスツボ、イワタバコは 再び三度の登場です

6995img_0001

7010img_0001

前を行くハイカー、クサリの横の岩壁を上っています

7192img_0001

7195img_0001

大天井岳からのお馴染み 七種山&明神山

7689img_0001

こちらは地蔵岳からの七種山

7754img_0001

7784img_0001

8103img_0001

お馴染み虹ヶ滝三景

82241img_0001

虹ヶ滝の渓流で遊ぶ親子連れ

大天井岳からの展望、明神山~七種山~笠形山

8/28

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆おはようハイキングat八丈岩山・8/28

従来の土曜日に加えて、日曜日にも開催されることになった、アドスポーツおはようハイキング、ブログネタと100円券を求めての参加です

66161img_0001

出かける途中車中から一枚

6647img_0001

6675img_0001

6689img_0001

登山の様子、昨夜のイベントのせいか 少々お疲れ気味表情のHCCメンバーの顔も(中)、同じくこちらは元気一杯か(下)

6696img_0001

6750img_0001

頂上の様子

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆サギソウ 再びオンパレ

しつこくサギソウ、オンパレです

15852img_0001

16791img_0001

1592img_0001

1644img_0001

0848img_0001

0595img_0001

0641img_0001

0678img_0001

1129img_0001

0574img_0001 

1815img_0001

8/18 白毛山系、8/19 大蔵山系

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆吸蜜に訪れた昆虫たち

07791img_0001

0772img_0001

コスズメでしょう、ホバリングしながらの吸蜜が得意技、サギソウを片っ端から

2680img_0001

シロオビノメイガです、大きさは2cmほど、一瞬イチモンジチョウの子供(笑)が飛んできたのかと、センニンソウにきています

3035img_0001

3028img_0001

モンキアゲハ、マツカゼソウで吸蜜中です、今頃はクサギに沢山集まっているのをよく見かけますがね

4433img_0001

4441img_0001

4399img_0001

43791img_0001

ヒメヒラタアブですかね、花はおなじみのキキョウ

5007img_0001

50101img_0001

前出のコスズメの仲間の ホシホウジャクでしょう、マツカゼソウの花を順番にホバリング吸蜜していきます。ホシホウジャクを見てハチドリを見かけたという人もいるようで(笑)

49051img_0001

イチモンジセセリ、花はベニバナボロギクでしょう

5029img_0001

4864img_0001

5046img_0001

アシナガバチ、そして蜜は吸わないと思いますがマユタテアカネにヒグラシまで。マツカゼソウはミカン科特有の匂いを出すので、昆虫がよく集まってくるのですかね

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆葉は5出 花は3出の センニンソウ

今を盛りとあちこちでキラキラ雄しべの目立つ白い花を咲かせているセンニンソウ、葉は5枚の小葉から成る羽状複葉、花は3っセットで開く散房花序となっています

Eb50811img_0001

Bb4738img_0001

B4789img_0001

A51031img_0001

一つの花の大きさは3cm弱、命名の由来はその 果実の様子 から

よく似た仲間にボタンヅルがありますが そちらは3出複葉 小葉の外周は鋸歯となっています

Ee5126img_0001

つる性植物のセンニンソウは、他の低木を覆い被すようにして枝を伸ばしています  8/24

こちらはよく似た仲間のボタンヅル、3出複葉で小葉の外縁が鋸歯に 花のサイズはセンニンソウより少し小さ目です  8/18

04591img_0001

04651img_0001

-

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆吾も亦 紅なりと ワレモコウ

41872img_0001

4208img_0001

A41481img_0001

Aa4131img_0001

タイトルは 

  「吾も亦(また)  紅(くれない)なりと   ひそやかに」    高浜虚子      

から借用しました

またこんなのもありました

   「吾亦紅  さし出て花の  つもりかな」    小林一茶

バラ科の中では異質のワレモコウ、小さな花の集合体なのですね

漢字では吾亦紅とも、紅白でも歌われたヒット曲がありました、一昨年くらいのことと思っていたら、もう4年にもなるのですか

8/23 天下台山
                              

       
                                  -

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆下唇に飯粒をのせて ミヤマママコナ

-

Ae36081img_0001

3677img_0001

36502img_0001

下唇に飯粒を2つ のせているのが分かりますかね

3625img_0001

3602img_0001

8/22 明神山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆小さな目立たない花を咲かせる オオカモメヅル

オオカモメヅル(大鴎蔓)、現物を見たのは初めて、もっと大きな花と思っていたのですが、大きさ 5mmほどの目立たない小さな花でした。明神山頂上に咲いていましたが、今まで気付きませんでした

3472img_0001

3477img_0001

3438img_0001

34982img_0001

34722img_0001

拡大してみると 5角を基本にした星形の花のつくりは、同じガガイモ科のスズサイコに似ています

E35241img_0001

茎が30cmほどは立ち上がっていますが、その先はつる状に地面を這うようにしています、他の植物があれば巻きついていくのでしょう。コバノカモメヅルというのもあって、そちらはもっとスマートな花を咲かせるようです  8/22

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ミミカキグサ三兄弟 再び 

毎年恒例のミミカキグサ三兄弟、ミミカクグサ、ホザキノミミカキグサ、ムラサキミミカキグサです

08841img_0001

0702img_0001

ミミカキグサ、背丈は2番、咲き始めはトップ 一番遅くまで咲いています

H065723img_0001

H06271img_0001

H0758img_0001

ホザキノミミカキグサ、背丈は一番で15cmほど、咲き始めは2番目、受け口です

M0812img_0001

ムラサキミミカキグサ、背丈は一番低く5cmほどで目立ちません、咲き始めは2番目、大口を開けています

花の大きさは三兄弟共1cm弱、同じ湿地に今の時期揃って咲いています

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆アカネ属の美形 ミヤマアカネ

トンボ科アカネ属の中の美形です、眉をオレンジ色に染め、そして薄い褐色の翅の先端付近に濃い褐色の帯状紋を持ち ホバリングしている時の美しさは最高、一度動画で撮ってみたいものです

15533img_0001

1468img_0001

1519img_0001

1491img_0001

1480img_0001

1483img_0001

漢字では深山茜ですが、別に深山に棲んでいる訳ではなく、麓の水辺で見られます。体長は4cm弱の中型トンボ、画像の固体は成熟しきっていない♂さんでしょう、♂は成熟すると翅の縁紋、翅脈を含め全身真っ赤になるそうです  8/20

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆所用の合間の 苫編山

今日は恒例のおはようハイキングはパスして、所用の合間を縫って苫網山に登ってみました、昼前から雨になってしまいましたがね

24991img_0001

24772img_0001

姫路第二発電所の上空に怪しげな雲が

25491img_0001

2534img_0001

オケラの開花は9月中旬を過ぎてからですが、蕾は早くから付けています、8月の初めには既に見られました。また種を飛ばした昨年の果実の抜け殻もドライフラワー風に残っています  8/20

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆大成池越しの明神山

2059img_0001

2089img_0001

2079img_0001

大成池は、たつの市菖蒲谷、標高400m、近畿自然歩道沿いに位置している溜池です

夏休み?も終わったので、そろそろ花などを求めて 里山巡りを始めましょうか

8/19

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

萩八景遊覧船

萩八景遊覧船
モブログ投稿

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

玉江橋越しの指月山

玉江橋越しの指月山
モブログ投稿です

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

萩玉江橋からの指月山

萩玉江橋からの指月山

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆ちょっとお墓参りに故郷・萩に帰ってきます

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆天狗の風貌か テングチョウ

蝶の中ではちょっと変わった風貌の持ち主、鼻を尖らせた顔付きに愛嬌があり(実際は鼻ではないそうですが)、そして翅の形と褐色地に鮮やかなオレンジ紋の翅表にも個性があり、私の好きな蝶のひとつ、ついを向けたくなってしまいます

Teng8917img_0001

Teng89521img_0001

Teng79751img_0001

Teng56601img_0001

Teng56461img_0001

Teng28971img_0001

前翅長2~3cm、この蝶も舞うという雰囲気は無く高速直線飛行の部類です。少し前の画像でして、この蝶8月は夏眠中のようです

続きを読む "◆天狗の風貌か テングチョウ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆猛暑の中の サギソウ on parade

日差しの強い猛暑の中、熱中症寸前になりながら、近くのサギソウ自生地数箇所を訪れてみました。この暑い季節のお出かけは、早朝か夕方がいいのですかね~…

83944img_0001

84467img_0001

A840131img_0001

Aa83985img_0001

Aa84003img_0001

Ae840711img_0001

B841711cimg_0001

C843452cimg_0001

Ca843291img_0001

E98381img_0001

E9817img_0001

F843812img_0001

F845691img_0001 8/8、8/9

続きを読む "◆猛暑の中の サギソウ on parade"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆頂上で縄張りを守る ツマグロヒョウモン♂

麓や町中でも見かけることはありますが、里山のピークでよく見かける蝶です。着けている翅の褄に当る部分が黒いので 褄黒豹紋、褄というより裾の雰囲気ですがね

 

Tuma4754img_0001

 

Tuma4756img_0001

 

Tuma09211img_0001 Tuma0934img_0001

 

Tuma09351img_0001

 

翅を広げて地面や岩などにぴたっと止まっていることが多く、他のツマグロヒョウモンやナミアゲなどが縄張りに入ってくるとスクランブル発進して追っ払います。画像は♂さん、 ♀さん は前翅の先端側半分ほどが黒くなっています。ヒョウモンと名前に付ける蝶の中では一番メジャーです

Acc50022img_0001_1

続きを読む "◆頂上で縄張りを守る ツマグロヒョウモン♂"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆番外編・たつの市片山&小宅台地区合同盆踊り大会 2011.08.07

2011.08.07、恒例の盆踊り大会で盛り上がりました

ノスタルジア・定番の炭坑節です

月が出た出た 月が出た(ヨイヨイ)、 三池炭坑の 上に出た、 あまり煙突が 高いので
、さぞやお月さん けむたかろ(サノヨイヨイ)

播州音頭です

(ヨイショマノマカセ ドッコイショ)播州平野に羽ばたきて

竜野小唄です

♪山は鶏籠 流れは揖保よ・・♪

早くからの色々な準備のお陰で、本番は楽しく盛り上がりました。関係者の方々、踊りを楽しまれた皆さん お疲れさんでした。そして場所を提供下さった パナソニック電工SUNX竜野株式会社 さん 有難うございました

9507img_0001

6425img_0001

9596img_0001

9628img_0001

舞龍の皆さんに よるよさこい踊り、たつの消防署による 消防レンジャーショー、皆さんによる盆踊り、焼きそば、ユーユー、輪投げなど皆さんの手による10種類ほどの夜店、そして福引きと 盛り沢山でした

続きを読む "◆番外編・たつの市片山&小宅台地区合同盆踊り大会 2011.08.07"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆今日の雪彦山・2011.08.06

おはようハイキングの後、先週に引き続き雪彦山を覗いて見ました

8360img_0001

8368img_0001

登山口9:30、小雨が少しだけ降って駐車場からの岩峰は雲の中です

83751img_0001

83881img_0001

83851img_0001

登山道かかりのハグロソウ、変わった形をした花があったので3方向から撮ってみました(左下の花の上唇がちょっと変わっています)

8406img_0001

展望岩では岩峰も姿を見せていました

8420img_0001

明神山ビューポイント(№1)から

8428img_0001

8449img_0001

8466img_0001

8468img_0001

雪彦山は初めてという大阪のグループと途中一緒に

8522img_0001

8542img_0001

見晴らし岩からの七種連山と明神山

8585img_0001

8598img_0001

8548img_0001

大天井岳頂上の様子です

86281img_0001

8641img_0001

下山コースからの地蔵岳とその地蔵岳からの七種連山

8715img_0001

8659img_0001

虹ヶ滝に下りてきました、そして渓流を渉るハイカー

8756img_0001

渓流風に揺れるヒナノウスツボ

8820img_0001

89461img_0001

水滴を抱いているミズヒキと、地味な花ハエドクソウ

9007img_0001

9045img_0001

9065img_0001

9210img_0001

イワタバコをしつこく

9099img_0001_2

マツカゼソウが咲き出しています

92851cimg_0001

93021cimg_0001

ウバユリです

9345img_0001

9361img_0001

15:40 駐車場、残っている車はただ2台、6時間ゆっくり遊んできました

続きを読む "◆今日の雪彦山・2011.08.06"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆おはようハイキンギat八丈岩山・2011.08.06

8144img_0001

登山口へ向かう参加者たち、今日の参加者は珍しく20名ほどと少人数、蒸し暑い中の山登りでした

8226img_0001

8265img_0001

8287img_0001

ゆったりとした頂上の様子です

82033img_0001

姫路第一発電所~パナソニック液晶工場~姫路第一発電所

82531img_0001

倍率が違いますが、姫路第一発電所~新日鉄、沖は家島男鹿島

82961img_0001

下山風景です

続きを読む "◆おはようハイキンギat八丈岩山・2011.08.06"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆初めて出合った トラフシジミ

虎班しじみ、それほど珍しい蝶ではないようですが、蝶を気にしだして数年目、70数種目の初めて目にする蝶、今年ヒメヒカゲに次いで2種目の初見の蝶でした

Tora90641img_0001

Tora90681img_0001

両者 夏型の同じ固体です、分かり難いですが翅にツバメシジミのように髭状の尻尾が出ています、きれいなルリ色の翅表は見せてくれません。春型は地色が濃い褐色で、帯状の虎班が白くてメリハリの利いた模様になっていて、夏型とはかなり違った雰囲気をしているようです

続きを読む "◆初めて出合った トラフシジミ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆高速急旋回ジグザグ飛びの ウラギンシジミ♂

この蝶は舞うという雰囲気は全くありません、目に留まらぬような速さで気が狂ったようにあちこち急旋回を繰り返しながら飛び回っています。裏銀しじみ、翅裏からの命名です

Aa838761img_0001

Bb83888img_0001

Bb83891img_0001

Cc83813img_0001

この蝶、止まっている時は殆んど翅を閉じています、でもタイミングがいいと、太陽の加減ですかね、鮮やかなオレンジ紋を見せてくれます

褐色地にオレンジ紋は♂さん、♀さんは褐色地に水色紋です、見かけるのは♂さんばかり。山の麓(林道)で見かけることが多いです

こちらは翅表からの命名でムラサキシジミ、山の中腹(登山道)で見かけることが多いです

M57921img_0001

M83833img_0001

M84041img_0001

待てども翅表のきれいな青色の紋を見せてくれません、強引に見せてもらったのですが、この固体色褪せていました、新しい内は こんな 鮮やかな青色紋 をしているのですがね

続きを読む "◆高速急旋回ジグザグ飛びの ウラギンシジミ♂"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆既にゲンノショウコが・番外編

既にと書きましたが、夏に咲く花で 過去には6月中旬のかかりから咲いていたケースもありました

7722img_0001

本峰は雲の中です

77461img_0001

77321img_0001

7702img_0001

77361img_0001

薬草として下痢止めの効き目が直ぐに現れるので、現の証拠。花の大きさは1cmほど、白花と赤花があります  8/3

続きを読む "◆既にゲンノショウコが・番外編"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆名前も花も変わりもの ヒナノウスツボ

背丈30~50cm、薄暗い中 渓流風に、何時もユラユラ揺れて 泣かせ

Ab69071img_0001

Abb69652img_0001

雛の臼壷、名前も花も変わっています。名前にもある壷状の花の、上唇は中央が切れ込んで2山に、下唇は3裂して中央片は下側に反っています。壷の中に 丸い葯を付けた雄しべが4本、糸状の雌しべが1本見えています

Aaa64771img_0001

Aaa66702img_0001

Aab66611img_0001

Ac68891img_0001

C68352img_0001

E68751img_0001

花の大きさは1cmほど、薄暗い中に咲く地味な花はちょっと分かり難いです 7/31

続きを読む "◆名前も花も変わりもの ヒナノウスツボ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

◆渓流の水滴を浴びそうな イワタバコ

渓流の薄暗い水のかかるような岩場に大きさ1cm強の花を咲かせます、その名の由来になったタバコに似ているといわれる葉っぱ、花の咲く前でも湿り気を帯びてしっとりと群生している姿はなかなか雰囲気があります

7010img_0001

7154img_0001

Ce7275img_0001

Ac71971img_0001

Ab7169img_0001

Aa7242img_0001

7/30

続きを読む "◆渓流の水滴を浴びそうな イワタバコ"

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »