« ◆北から咲き始める アケボノソウ | トップページ | ◆旅人も 直ちに元気回復 クロバナヒキオコシ »

◆ヒメアカネ 小さな身体を 逆立てて

Aa5028img_0001

マユタテアカネ、マイコアカネに次いで トンボ科アカネ属3姉妹のしんがりはヒメアカネ

体長3cmほどと小さなヒメアカネ、アカネ属の中では一番の小型です。トンボ科の中でもハッチョウトンボの次に小さいのかな

Ab5121img_0001

Aa4864img_0001

Aa4988img_0001

曇り空の下ではほぼ水平に止まっているのですが、日が射してくると尻尾をどんどん上に上げて真っ逆さまになってしまいました

Aa4730img_0001

-Aa4694img_0001

こちらでもやっています、何でもお尻を上げて 太陽光を身体に受ける面積を最小にして暑さを凌いでいるとか、どうなのですかね

Ab4813img_0001

腹部の付け根のレモンイエローがお気に入りの方も

Ac4634img_0001

♂さんの顔面は白っぽい色をしています

Ae4550img_0001

Ae4499img_0001

こちらは♂さんと♀さん、成熟すると♂さんは腹部が赤くなりますが、♀さんは赤くなりません。ヒメアカネとマユタテアカネが連結しているのかとびっくりしましたが、画像をよく見るとどちらもヒメアカネです

E5049img_0001

連結をといたカップル、あまりこだわりはないようです。♀さんは単独で打水産卵をします

F4568img_0001

-

F5062img_0001

Ff1018img_0001

こちらは♀さん、顔に眉が入っていますが T字の黒条です

A49671img_0001

A47411img_0001

マユタテアカネとの見分け方は、ヒメアカネの方が小さく、ヒメアカネの雄は顔面が白いのですが、一番のポイントは 胸部の黒条の入り方ににあります、ヒメアカネの胸部の肩と背中に縦に走る3本も黒条は(画像では右肩の黒条が見えていません)、上部(翅の付け根側)を横に走る黒条でつながっています(T形です)。胸部側面の黒条での見分け方はちょっと難しいです        (30)

| |

« ◆北から咲き始める アケボノソウ | トップページ | ◆旅人も 直ちに元気回復 クロバナヒキオコシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆ヒメアカネ 小さな身体を 逆立てて:

« ◆北から咲き始める アケボノソウ | トップページ | ◆旅人も 直ちに元気回復 クロバナヒキオコシ »