« サルトリイバラのジグザグ戦略 | トップページ | 冬のガンピ(2) »

這ったり 巻いたり 上ったり クズの太い茎

Bbaimg_1561s Ccaimg_1833ss2 Ccbimg_1554s Ddcimg_1569s Eeimg_1754ss2マメ科クズの茎は、四方に気ままに 這ったり 巻いたり 上ったりしています。 つる性の多年生草本ですが、茎の根元は木質化しています、そして地下は肥大した 塊根になっていて、それはデンプンを多く含んでいて 食用の葛粉、薬用の葛根として利用されているそうです

でも繁殖力、成長力が強く、他の樹木に巻き付いたり、覆ったりして枯らしてしまうの、害草になっているようです

木質化した根元の部分はここでは径15cmほど、褐色のゴツゴツした茎の様子は、同じマメ科のフジとよく似ているので、葉か花を見ないと私には見分けがつきません

Eeimg_1723ss2

Faimg_1728ss2

別の場所で、クズの果実と茎の様子を確認できました01img_2535s1 02img_2526s 02img_2537s

| |

« サルトリイバラのジグザグ戦略 | トップページ | 冬のガンピ(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サルトリイバラのジグザグ戦略 | トップページ | 冬のガンピ(2) »