« ネジキの 芽吹き | トップページ | コバノミツバツツジ 開花 »

サンショウの裸芽

01aimg_9830s1s101img_9824s1s102aimg_9838s1s104aimg_9860s1s1 冬芽と言えば、葉芽も花芽も 芽鱗という数枚の鱗片で覆われているもの(まあ筍のような感じですかね)が思い浮かびます。 芽鱗は寒さや乾燥 刺激などから繊細な芽を保護するためのもので、このような冬芽は鱗芽と言われます

一方でこのサンショウのように芽鱗を持たないものがあります。こちらは裸芽と言われ、冬芽の外皮はそのまま葉になります、保護は不要という訳です

👇 こちらが鱗芽(イヌシデ)のひとつです。鱗芽(冬芽)は樹種によって個性があり、冬芽の形 芽鱗の枚数(1~40)とその下にある葉痕だけで 花や葉が無くても 樹種を同定できるものが大半のようです01aimg_3572s2_20240308201401冬芽は葉になる葉芽と 花になる花芽がありますが、このイヌシデの冬芽は 葉と花の両方になります、このような冬芽を混芽と言いますね

 

| |

« ネジキの 芽吹き | トップページ | コバノミツバツツジ 開花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネジキの 芽吹き | トップページ | コバノミツバツツジ 開花 »