宇宙人 カラカサ

001img_9743ss背丈50cmを超える かなりのノッポさんでした

002img_9830ss子供連れです

003img_9701ssまあ 友好的なようです

 

| |

孤高

001img_9068ss

| |

💗 どお~ 

01img_8983ss

| |

梅雨菌

01img_5382ss 02img_5407tss 03img_5888ss 04img_5439ss 05img_6021ss 06img_6048ss 07aaaimg_5955ss 08abimg_5536ss 09adimg_6260ss 10bimg_5929ss 11img_5546ss 12img_5564ss 13img_6375ss02img_5367ss もう梅雨はあけてしまいましたが、いろいろ楽しめました

| |

これは東の関脇 アカヤマドリ?

01img_1483s 02img_1505s 03img_1598s 04img_1456s

最初に目に入った時から、私なりに お化けキノコと呼んでいましたが、これはアカヤマドリ(イグチ科)ですかね、ならば 或るキノコ味番付では 東の関脇に位置しています

幼菌もありました、大きいものは ペットポトルの高さが22cmほどですから、傘の径 30cmほどですかね(40cmはありませんでした)、登山道を100mほど歩く間に 大物が20個ほど目に入りました、見た目あまり気持ちのいいものではありませんし、手で触れるの嫌で、とても食べられる代物とは思えませんでした、傘の裏側はスポンジ状(管孔)になっています

| | | コメント (4)

キノコの家族

01bbimg_4829s 02ccimg_4768s 03img_0570s 梅雨時はキノコによく出会います、傘の径が40cmほどの大物が 次から次へと現れる登山道もありました

| | | コメント (2)

雛の日傘 かな?

01img_7221s 02img_7227s

苔の間からは生えている(苔に寄生)、傘の大きさ7~8mm、背丈 5cmほど、傘の表面に微細な毛が密生している点は、ヒナノヒガサの特徴と合致しています。しかし傘の中央部が窪んでいない、少し背か高過ぎるような気がする点で違うようにも思えます。ヒナノヒガサモドキという種もあるような、またヒメコガサも少しにています

それにしても「 雛の日傘」なんて 乙なネーミングですね、でも食べると幻覚症状を起こす有毒キノコのようです

| | | コメント (6)

◆9月の雨上がり

9月はよく雨が降りました、そして雨上がりの山野では沢山のキノコに出会いました
目に留まったキノコにカメラを向けましが、オニテングタケ、シロオニタケ、シロテングタケの区別もつかない身では、同定はままなりません
名前が分かればもっと楽しいのでしょうがね

追記:マツモムシさんからコメントで、名前のヒントを頂いたので、分かる範囲記入しておきます

Baaaimg_0761

Baaimg_9603

Bbaimg_1071

Bbbimg_0924t

Bbcimg_0870

Bbdimg_9684テングタケ科シロオニタケ

Bcaaimg_9681イボテングタケの子供??

Bcaimg_9558

Bcbimg_9511

Bcbimg_9518

Bcbimg_9554

Bcbimg_9561

Bcbimg_9565tシロテングタケ

Bccimg_9588

Bcdimg_0747シロテングタケ

Bdaimg_1977

Bdbimg_1972

Bdbimg_7478t

Bdbimg_7508シロイボカサタアケ

Zimg_4730

Bdcimg_7500

Bdcuimg_1565

Bddimg_9714tセイタカイグチ

Cbaimg_0609ベニイグチ

Cbbaimg_2938t

Cbbbimg_2976タマゴタケの子供

Cbbbimg_3900

Cbcimg_6517t

Cbcimg_7731

Cbcimg_7735

Cbdimg_9495

Cbdimg_9498

Ccaimg_0415

Ccaimg_0427

Ccbimg_9038

Cccaimg_2720イボタエの仲間

Cccimg_2008フジウスタケ

Cccimg_5893htフクロツチガキ

Img_7899サンコダケ

Uimg_1561ベニナギナタダケ??

Ximg_1844オニテングタケ?、傘の大きさは20cm強

タマゴタケ、フクロツチガキは何とか分かりましたが

| | | コメント (10) | トラックバック (0)

◆カメラが目を向けた キノコ たち

Bbaimg_5623

続きを読む "◆カメラが目を向けた キノコ たち"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ツチグリとはちょっと様子が違うが

Img_4798
今まで山中で見かけていた ツチグリ科ツチグリ は外皮に網目模様が入っていたものでしたが、これには模様が入っていません。
ヒメツチグリ科フクロツチグリ(フクロツチガキ)のようです、似たものにエリマキツチグリ、シロツチガキなるものもあるようです

続きを読む "◆ツチグリとはちょっと様子が違うが"

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

その他 つる性の植物 つる性植物 アカザ科 キノコ シダ植物 スノーハイキング デジブック トンボ科アカネ属 マチン科 マツブサ科 ミツバウツギ科 七種山 七種山縦走 介護関係 八丈岩山 冬芽 小鳥の鳴き声 山の写真 山歩き 山登り 心と体 昆虫 明神山 映画・テレビ 果実、種子 樹木 樹木・冬芽 樹木・幼木 樹木・新緑 樹木・花 樹木・若葉 樹木・葉痕 氷ノ山 ブン回し 片山 的場山 結婚式 自然の驚異 花・アカネ科 花・アカバナ科 花・アケビ科 花・アジサイ科 花・アブラア科 花・アブラナ科 花・アヤメ科 花・イチヤクソウ科 花・イネ科 花・イラクサ科 花・イワウメ科 花・イワタバコ科 花・ウコギ科 花・ウマノスズクサ科 花・ウリ科 花・オトギリソウ科 花・オミナエシ科 花・オモダカ科 花・カタバミ科 花・ガガイモ科 花・キキョウ科 花・キク科 花・キツネノマゴ科 花・キョウチクトウ科 花・キンバイザサ科 花・キンポウゲ科 花・クマツヅラ科 花・グミ科 花・ケシ科 花・コキンバイザサ科 花・ゴマノハグサ科 花・サクラソウ科 花・サトイモ科 花・ザクロソウ科 花・シソ科 花・シナノキ科 花・ジンチョウゲ科 花・スイカズラ科 花・スイレン科 花・スミレ科 花・セリ科 花・センリョウ科 花・タデ科 花・タヌキモ科 花・ツツジ科 花・ツヅラフジ科 花・ツバキ科 花・ツユクサ科 花・ツリフネソウ科 花・トウダイグサ科 花・トチカガミ科 花・ナス科 花・ナデシコ科 花・ハイノキ科 花・ハエドクソウ 花・ハエドクソウ科 花・ハマウツボ科 花・バラ科 花・ヒガンバナ科 花・ヒメハギ科 花・ヒルガオ科 花・ビャクダン科 花・フウロソウ科 花・ベンケイソウ科 花・ボタン科 花・マチン科 花・マツブサ科 花・マツムシソウ科 花・マメ科 花・ミカン科 花・ミズアオイ科 花・ミソハギ科 花・ミツガシワ科 花・ムラサキ科 花・メギ科 花・モウセンゴケ科 花・モクセイ科 花・ヤマノイモ科 花・ユキノシタ科 花・ユリ科 花・ラン科 花・リンドウ科 花・レンブクソウ科 花・上高地~穂高 7/末 花・大山の花 花・樹木 花・白馬岳~唐松岳~遠見尾根 8/初 若葉 虫こぶ 蜻蛉 蜻蛉・アカネ属 蜻蛉・イトトンボ科 蝶・アゲハチョウ科 蝶・イチモンジチョウ亜科 蝶・シジミチョウ科 蝶・シロチョウ科 蝶・ジャノメチョウ亜科 蝶・セセリチョウ科 蝶・タテハチョウ亜科 蝶・テングチョウ亜科 蝶・マダラチョウ亜科 裏明神 趣味 野鳥 雪彦山 高山植物